【ベースメイク関連アイテム】2019年お気に入り!

 

 

昨日より、2019年のお気に入りアイテムをカテゴリーごとに分けてご紹介しています!

スキンケア関連アイテム
・ベースメイク関連アイテム
アイメイク関連アイテム
リップ関連アイテム

 

4回に分けてご紹介を致します。

今回は、ベースメイク関連アイテムです。

 

ベースメイクが綺麗に仕上がるからこそ、その他のポイントメイクもより映えますよね。
今年はチークとハイライトを色々試し、自分の好みのアイテムを沢山集めることができた1年だったなと思います。

 

 

PARTIE グロウグロスCCベース

 

ベースメイクは綺麗に仕上げるのは当たり前、その上美肌ケアができるアイテムとして昨年発売されたのがグロウグロスCCベースです。

日常生活に必要な紫外線防止効果、ブルーライトカットもできるので、朝起きてベースメイクはまずはコレを塗ることから始めます。

できるだけベースメイクはアイテム数を絞って仕上げるのが好きなので(重ねると厚ぼったくなりと透明感がなくなる、崩れやすくなる)、いつもグロウグロスCCベースにルースパウダーで仕上げています。

 

 

グロウグロスCCベースは肌の色むらを整えて、毛穴目立ちがなくなります。

もっとカバー力が欲しいという場合は別にファンデーションを少し重ねて仕上げるのも、もちろんOKです。

 

時間が経過すると肌によりピタッと密着してくるので、1日通してメイク直しはほぼ必要ありません。

グロウグロスCCベースを使い始めてから、お直しの持ち歩きアイテムもぐっと減りましたよ。

 

美肌ケアに関しては商品ページや、過去記事にも何度か書いているのでぜひご覧ください。

透明ツヤ肌仕上げ!キープもしっかり!

 

グロウグロスCCベース

 

ランコム タンイドルウルトラウェアリキッド

 

ファンデーションは昨年に引き続き、タンイドルが好きで使う際はこちらを選ぶことが多かったです。

 

塗り過ぎると厚ぼったさなど気になってしまいますが、うっすら肌表面に均一に広げて仕上げた時の質感の綺麗さはやっぱりファンデーションの良さですよね。

肌の質感を変えたい時や、しっかりめにメイクしたい時にはファンデーションを薄く均一に伸ばしてメイクを仕上げます。

 

タンイドルはセミマット仕上がりで、カバー力もあり、崩れにくいのが大きな特徴です。

夏場でも使えるファンデーションで、冬でも特に乾燥がひどく感じることはないので年間通して1つあると便利なファンデーションだと思います。

ファンデーションの色が合わなくなった??

 

 

 

 

ルナソル グロウイングウォータリーオイルリクイド

 

タンイドルとはまた違った質感仕上がりになるのが、グロウイングウォータリーオイルリクイドです。

こちらはカバー力はそこまで高くないのですが、とても伸びがよく軽い塗り心地のファンデーションです。

 

ツヤがでるので、ツヤ肌仕上がりにしたい時にはこちらを使います。

お気に入りのヘレナのリキッドライトを1:1で混ぜてよりツヤ感をプラスさせたりもしています。

ルナソル新発売シームレスバームファンデーション!オイルリクイドと比較!

 

 

 

クレドポーボーテ コレクチュールヴィサージュ

 

こちらも昨年に引き続き使っているコンシーラーです。

スティックタイプのコンシーラーですが、このまま直接ぬることはなくブラシで少しとって隠したい箇所にのせています。

 

普段あまりコンシーラーを使う機会がないのですが、たまに吹き出物ができた際などはこちらで隠していますよ。

コンシーラー部分だけ悪目立ちすることもなく自然に仕上がるのが好きなところです。

ナチュラルベースメイクに仕上げる優秀コンシーラー

 

 

 

コスメデコルテ フェイスパウダー 00

 

グロウグロスCCベースとルースパウダーでベースメイクを仕上げるので、ルースパウダーは特にお気に入りのものを使うようにしています。

ツヤ肌仕上げにしたい時にはこちらのフェイスパウダーを使います。

カバー力はほぼないのですが、下に塗っているもののツヤを活かしつつ(といってもパウダーなので濡れツヤ感は減少しますが)仕上げることができます。

コスメデコルテの人気パウダー!新登場のツヤ仕上がり色をご紹介!

 

 

 

ジバンシイ プリズム・リーブル No.1

 

長く愛用しているルースパウダーです。もう何度リピートしたか分からないほど使っています。

透明感を出したい時、ふわっとした肌に仕上げたい時にはこちらを使用します。

寒色系のパウダーですが、青白くなることもなくいい感じに透明感を出すことができます。

リピ買いパウダー!透明感重視の時のベースメイクアイテム

 

 

 

CHANEL ボーム エサンシエル トランスパラン

 

今年発売されたハイライトでお気に入りの1つが、ボーム エサンシエルです。

濡れツヤを出したい時にはこちらを使います。

濡れツヤ系のハイライトは崩れやすいなと思うものもあるのですが、こちらは下に塗っているベースに響かずよれにくいのも好きなポイントです。

大好きなCHANELハイライト3選

 

 

 

CHANEL プードゥル ルミエール グラッセ

 

こちらも何度もリピートしてるハイライトです。

ツヤ感が出るものや、パール感がしっかりあるハイライトはTゾーンに使うと毛穴が悪目立ちしてしまうことがあります。

こちらはものすごくさらっとしているパウダーで、毛穴も目立たず綺麗にワントーン明るく仕上げることができます。

 

ストック買いするほどお気に入りのアイテムです。

大好きなCHANELハイライト3選

 

 

 

SHISEIDO インナーグロウチークパウダー 01 InnerLight

 

使っていると、「どこのハイライトを使っていますか?」と聞かれることが多いのがこちらのハイライトです。

主に目の横Cゾーンに使います。

パウダーで作る繊細なツヤ仕上がりで、光が当たるとツヤっとするのがとても綺麗です。

パウダーでツヤを仕込みたいという方にはおすすめのアイテムです。

おすすめハイライト!最近は4アイテムを使い分け!

 

 

 

ランコム ブラッシュ スプティル SP353

 

今年は色々なチークを試しました。

中でもブラッシュ スプティル SP353はふわっと色がのり、繊細はラメがとても綺麗なアイテムです。

しっかり色をのせたいというよりは、ふわっと血色感をプラスしたい時におすすめです。

パウダーですが、パサつきも感じませんよ。

ランコムのチークのパールの繊細さ!大人ナチュラルメイクは頬がキーポイント

 

 

 

to/one ペタル チーク03

 

明るめカラー、薄めカラーのチークを今年はよく使ったのですが、その中でもお気に入りなのがペタルチークの03です。

ブラッシュ スプティル SP353と同様、色はふわっとのって自然な血色感をプラスできるようなアイテムです。

こちらの方がより明るいので、アイシャドウやリップに何を使うのかで使い分けています。

to/oneで質感重視の明るめメイクアップ!

 

 

 

Amplitude コンスピキュアス チークス 04 コーラル

 

今年とてもよく使ったチークです。

今年色々なチークを試すようになったきっかけはこのチークにあるというほど、チークでこんなに肌が綺麗に見えるようになるんだと思ったアイテムです。

 

パウダーっぽさがなく、頬に自然に色がのります。

また、色持ちもいいのでいつの間にか色がなくなってしまったということも減りました。

来年またアンプリチュードから新しいチークが発売されるそうなので、今から楽しみです。

チークでつくる。ツヤ美肌!パウダーとは思えないつけ心地

 

 

お気に入りのベースメイクアイテムでした。

ベースはあまりコロコロ変えず、とにかく仕上がりの綺麗さ、持ちの良さ重視で信頼しているアイテムを日々使っていましたよ。

 

来年もまたここにお気に入りを増やしていきたいなと思います。

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ