リピ買いパウダー!透明感重視の時のベースメイクアイテム

 

メイクの中でも土台となるベースメイクはとても重要。
ベースメイクの仕上がりで、ポイントメイクが綺麗に映えるかどうかも決まります。

 

なので、アイテム選びはとても慎重に、そして自分の中で厳選したものをよく使うようになります。

 

 

私の普段のベースメイクは、日焼け止め、ブルーライトカット効果のあるCCクリームを塗り、その上にルースパウダーを使い、ハイライト、シェーディング、チークを重ねています。

 

今回は、リピート買いしたルースパウダーと共に、透明感をしっかり出したい時用のベースメイクプロセスをご紹介いたします。

 

 

ベースメイクで作る透明感

今回リピート買いしたルースパウダーがこちら。

 

ジバンシイ プリズム・リーブル No.1
全4色 8,316円

 

 

2018年のお気に入りコスメでもご紹介しているアイテムです。

【ベースメイク関連アイテム】2018年お気に入り!

 

 

 

もう何度かリピートしているアイテムです。

No.1は、寒色系のカラー4色がセットになっています。

 

 

ブルー、グリーン、パープル、ホワイト。

4色それぞれ仕切りにわかれていて、パフにとって馴染ませて顔にのせます。

 

 

 

パウダーもとても粒子が細かく、カサついたり、パサついたりといったことも感じません。
とても軽くふわっとした着け心地なのですが、密着感もいいのでこちらを使いメイク崩れが起きるということあまり感じません。

 

そして、透明感もアップします。

 

 

こちらを使い始める前は、「私の肌で浮かないかな、血色が悪くならないかな」と心配で他カラーと迷ったのですが、肌にのせるとしっかり馴染みトーンアップ、くすみが払拭されるのでこちらにして良かったと思った記憶があります。

 

 

もちろんこちら単体でもオススメなのですが、より透明感をUPさせるために最近はこの組み合わせをすることが多いです。

 

PARTIE グロウグロスCCベース
CHANEL プードゥル ルミエール グラッセ
THREE シマリング グロー デュオ01

 

 

 

手の甲にそれぞれ出してみるとこんな感じです。

 

 

 

 

ツヤでくすみを目立たなくさせるために、ベースはPARTIEのグロウグロスCCベースで自然なツヤ感仕上げをします。

 

その後に、今回紹介したジバンシイのルースパウダーをふわっと重ねます。

 

Tゾーン目の下にはCHANELのプードゥルルミエールグラッセを使い、とっても上品なラメ(ギラギラせず、チラチラして輝きとても綺麗です!)を加えます。

 

 

Cゾーンや、目の下三角ゾーンにはTHREEのシマリンググローデュオを重ねてツヤをプラスします。

 

 

ルースパウダーは他にもコスメデコルテ、ハイライトはM・A・Cやクレドポーボーテを使うこともありますが、透明感をしっかり出したい日はこの組みわせのことが多いです。

 

 

冬は乾燥から肌もくすんで見えやすい季節です。

少し透明感を意識してベースメイクを行うだけでも、顔色がパッと見えたり、ポイントメイクも映えますよ。

 

 

今回ご紹介したルースパウダー、他アイテムともにオススメばかりなのでぜひお試しくださいませ!

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ