アイシャドウの質感の違いで雰囲気はどう変わる?

  • URLをコピーしました!
Beauty Brush Lesson

2022/7/23 or7/24 夏の美白美肌を極めよう!

ウェビナー、BeautyBox、美容フィードバック

自分史上最高の綺麗を実現する夏に

 

普段使うアイシャドウ、どのような基準で選んでいますか?

 

色で選ぶ、好きなブランドで選ぶ、広告のモデルさんを参考にして選ぶなど基準は様々かと思います。

 

 

その選び基準の1つに質感があります。

 

同じようなカラーでも、アイメイク、そして顔全体の雰囲気も変わります。
自分が仕上げたい印象に、今使っているアイシャドウは合っていますか?

 

 

contents

アイシャドウの質感別仕上がり

 

アイシャドウの質感は大きくわけると3つあります。

 

パールやラメが入っていないマットなもの。
パールが入っていてシマー感があるもの。
ラメが入っていて輝きがあるもの。

 

 

マットなアイシャドウは、ラメやパールが入っていないので少し落ち着いた雰囲気に仕上がります。
カラーの発色を楽しみたい時などは、マットシャドウを使うとしっかり色がのるタイプのものが多いですね。

 

また、マットシャドウといっても粉質によってのせたときの印象が少し変わります。
マットシャドウというと「ぱさついた」イメージをもたれることもあるかと思います。

最近だと、オイルが高配合されていてマットシャドウなのに滑らかな塗り心地のアイシャドウもあります。
そういったものだと、肌に馴染んでとても自然な潤い感を出すものもあります。

 

 

今年のトレンドはマット感があるアイテムなので、アイシャドウもマット系のものが多く発売されています。

今回は、ヌーディーに仕上げてみました。
2カラーのみの使用ですが、マットならではの落ち着き感とシックさがでて、大人っぽさもでますね。

 

 

 

 

 

 

パール感があるアイシャドウはツヤがでます。
シマー感があるともいいますが、目元にツヤっぽさを出したい時におすすめです。

 

 

アイシャドウを何でのせるかによってもツヤの出方が変わります。

 

しっかり指やチップでのせるとパールが演出するツヤを最大限に出すことができます。
ブラシで丁寧に重ねていくと上品なツヤを出すことができます。
また、ブラシを水で濡らしてからアイシャドウをとってのせると発色具合が変わったりして色々と楽しむことができます。

 

パール感があるアイシャドウで揃えて仕上げるとエレガントな印象になりますね。

パールの強さでも、ツヤの強さも変わるので、そのあたりを比較してアイテム選びをるのがおすすめです。
ポイントでツヤを出す為に使ってもOKですし、1つあると便利な質感のアイシャドウです。

 

 

 

 

 

 

ラメ感があるアイシャドウが輝きや濡れ感がでます。

 

 

ラメの大きさや、ベースの発色具合によっても仕上がるイメージは変わります。

 

 

ラメが大きくこな飛びしそうなものは、アイシャドウベースを塗った後にポイント使いするのがおすすめ。
とても細かいラメだと、ベースに使ったり、涙袋全体にのせてうるっとさせることもできますね。

 

華やかさをUPさせる時にポイントで使ったりするのもいいでしょう。
瞼全体にうっすらのせると濡れ感がでるようなものもあります。

 

 

ラメアイシャドウのみで仕上げると、目元がギラギラして印象的ではありますね。

 

 

必ずしもこの3つの質感しかないということはなく、組み合わさっているものもあります。
パール感がありラメが入っているものもありますよね。そういったものだと、濡れツヤ感がだせたりもします。

メイクをする時も、ベースはマット系を、メインはパール感があるもので下まぶたにはラメ系をということもできます。

統一してもいいですし、組み合わせてどう見せたいか変えるのもメイクの楽しみですね。

 

 

 

アイシャドウ選びの際は、質感に着目してなりたい自分に近づけるようなアイテムを使いましょう。

 

Beauty Brush Lesson

2022/7/24 夏の美白美肌を極めよう!

ウェビナー、BeautyBox、美容フィードバック

自分史上最高の綺麗を実現する夏に

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share if you like!!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
contents
閉じる