アンプリチュード コンスピキュアスアイズ!色の選び方、ツヤ比較!

 

色違いで買うほどお気に入りのアイシャドウ、アンプリチュードのコンスピキュアスアイズ。

透き通る感、ツヤ感が好きでよく使っているアイシャドウです。

透明感のある目元はブルー×ブラウンで。Amplitudeの新色シャドウ

透き通る感、うるツヤアイシャドウ

 

 

少し前にまたもう1カラー買い足ししました。

 

クリームベース、乾式、湿式、これらを重ねることで、他アイテムではなかなか出す事が出来ない透明ツヤ感を出すことができます。

 

 

今回は、色選びのポイントや仕上がりの比較等ご紹介致します。

 

 

 

コンスピキュアスアイズの選び方、仕上がりの違い

 

Amplitude コンスピキュアス アイズ
全8色、¥7,000+税

 

 

全部で8色展開です。私は初めてコンスピキュアスアイズを購入したのが今年3月末に発売された限定色だったので、現在発売されている8色には含まれない09のカラーも持っています。

 

 

私が持っているのは、03、05、09です。少し前に買い足したのが03です。

コンスピキュアスアイズは、3つの質感の異なるアイシャドウがセットされています。

 

 

上部にあるのが、クリームベースです。

クリームシャドウは、しっかり色がのる訳ではないですがニュアンス程度に色味は影響します。
ベースとしてアイホール全体にのせたりして使用することが多いです。

 

 

左にセットされているのが乾式シャドウです。

この乾式をどうのせるかで、目元の奥行きの出方や濃さなどを調節できます。
私は二重幅より少し広めにうっすらのせて、目のキワに更に重ねて使うのが好きです。
この乾式のシャドウの色味は、全体の色味に大きくかかるので色チェックはここをしっかりおさえた方がいいですね。

 

 

右にセットされているのが湿式シャドウです。

クリームシャドウに重ねると、コンスピキュアスアイズの大きな特徴である透き通る感がでます。
実際にアイシャドウをのせている部分に厚みはないのに、奥が少し透けるような、そしてツヤがでます。
ただ、色番によってツヤの出方が少し異なります。そのツヤの出方に大きく影響するのはこの湿式シャドウなので、ツヤ好きな方はこのカラーをしっかりとチェックするといいかと思います。

 

 

 

3カラー、それぞれの役割があり、それぞれが良さを発揮するアイシャドウです。

 

 

 

では、03、05、09をそれぞれ比較していきます。

 

 

03 ライトブラウン

 

 

クリームベースにはイエロー感のあるカラーがセットされています。

また、乾式のブラウンカラーは明るめです。濃くなりすぎず、ナチュラルに仕上げたい方にはぴったりなブラウンカラーです。

湿式のシャドウも明るめのカラーで、重ねるとツヤがしっかりとでます。定番カラーの中ではツヤの出やすいタイプです。

 

 

 

 

05 ブラウン

 

クリームベースにはピンク感のあるカラーがセットされています。

また、乾式のブラウンカラーはしっかり濃さがあり、ピンク色のベースにも合わせやすいブラウンの色味です。

湿式のシャドウもこのシリーズの中では色味がわりとあるタイプです。目元の印象をしっかりと作りたい方でも満足いけるカラーだと思います。

 

 

 

 

09 ブルーブラウン

 

クリームベースにはブルー感のあるカラーがセットされています。

乾式のブラウンカラーは今回ご紹介している他2カラーよりも濃く、はっきりとしています。クリームベースと重ねるとくすみがないブラウンを楽しめます。

また、湿式シャドウも最もきらめきがあるタイプです。ゴールドのカラーはふわっと程度、しっかりとツヤを出すことができます。

 

 

 

 

メイクプロセスは、上瞼はクリームベース、乾式シャドウ、湿式シャドウの順で重ねています。

下瞼は、全体にクリームベース、目尻に少し乾式シャドウ、その後に湿式シャドウを全体に重ねています。

 

 

 

この中で最もツヤがでるのは09です。その次は03ですね。05もツヤがでますが、この2つと比べると控えめではあります。

最後に仕上げで使う湿式シャドウのラメ感でツヤ加減は結構変わるような気がします。

05の湿式シャドウはしっかりと色味もついているので、その分ツヤが控えめのように見えます。

 

 

もし、とにかくツヤ重視だというのであれば、湿式シャドウは少し色味が控えめなタイプの方がいいかもしれません。

加えて、その前に乾式シャドウをどのくらいのせているのかでも少し雰囲気が変わるので、色を重ねてチェックするのがよいと思います。
ただ、コンスピキュアスアイズ自体がツヤ感がでるアイテムなので、あくまで色番で比較した場合のツヤ加減です。

 

また、最も目元に印象を出しやすいのは05です。やはり、乾式シャドウの色味がしっかりとあるので、その分目元に色がのりやすいというのもあるでしょう。

09も乾式シャドウの色が濃いのですが、最後に重ねる湿式シャドウが明るめなので、全体的な仕上がりでみると05よりは色味の主張は控えめです。

 

 

 

コンスピキュアスアイズを購入する時に、クリームベースの色味は全体に色がふわっとのるので、仕上がりの雰囲気ニュアンスには関わります。

ただ、濃さやツヤはクリームシャドウは乾式、湿式シャドウに比べれば大きく重要なポイントにはならないと思います。

濃さやツヤは乾式、湿式をチェックし、その中で候補を作り全体の雰囲気にニュアンスとして加わるクリームベースのカラーを決めると自分に合う色番は決められるのではないかなと思います。

 

 

 

 

そして、コンスピキュアスアイズを使っている方から以前ご質問で、時間が経過すると少しよれる気がするといただきました。

私が使用している時に、少しよれたかな?と思ったのは、クリームベースをしっかりのせすぎてしまった時でした。

05は乾式、湿式ともに濃いめカラーなので、クリームベースをのせすぎてしまうと少し二重線のところがよれたような気がしたことがあります。濃いめカラーな分、そのあたりのよれも感じたのかなと思います。

それから、クリームベースは瞼に薄く広げる程度にしたところ、メイク崩れを感じることはなくなりました。
コンスピキュアスアイズでメイクよれが気になる方は、クリームベースの量と、乾式、湿式シャドウの濃さにも着目してみると改善されるかもしれません。

 

 

 

他にはなかなかない質感に仕上がるアイシャドウがコンスピキュアスアイズです。

私はとても大好きで、もしかしたらまた他カラーを買い足すかも…、限定色がでたら相当自分の苦手カラーでない限りは購入すると思います。

 

 

とても素敵なアイテムなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ