ジバンシイ プリズムリーブルからプレストタイプが新発売!

  • URLをコピーしました!
Beauty Brush Lesson

8/21 つるすべ肌Lesson

Beauty Brush Lessonは

オンラインでどこでも受講可能です

 

大大大好きなジバンシイ プリズムリーブル。

 

あわせて読みたい
ジバンシイ プリズムリーブルがリニューアル!3色比較! 大大大好きで、もう何年愛用しているのか分からないアイテムがあります。 https://beautybrush.info/2020-2-givenchy/ https://beautybrush.info/2020-7-powder/ それが...
あわせて読みたい
ふわっとした潤い赤ちゃん肌質感の30代ベースメイク   ベースメイクが綺麗に仕上がると、ポイントメイクもいつも以上に映えますよね。逆に、ベースメイクが上手くいかない日は全体的にイマイチしっくりきません。 &nb...
あわせて読みたい
2021年ベストコスメ!透明感、大人ピンク、フレーム付けに惹かれた1年!   今年1年も様々なコスメを使ってきました。   生活スタイルが変わりそれにも少し慣れを感じてきた1年でもあったからか、選ぶコスメの基準が変わったり、好み...

肌にフィット感、マットでもツヤでもパウダーのパサつきを感じさせない仕上がり、粉質の良さ、4色が混ざり合って仕上がる自然な色味、とにかく素敵なパウダーです。

 

 

私は昔からプリズムリーブルの大ファンです。1番よく使用しているのはNo.1の寒色系が4色セットされているものです。透明感がぐっと出る所がお気に入りです。他にも自然な肌色になるものや、血色感がでるものなど、その日のメイク雰囲気に合わせて使用しています。

 

 

そんなプリズムリーブルから、プレストタイプが新発売されました。

私は朝のメイク時にはルースパウダーを使うことが多いのですが、プレストタイプのパウダーで仕上げたいという方も多いと思います。また、お直し時にパウダーを使うならば、ルースパウダーよりもプレストタイプの方が使い勝手が断然良いですよね。

 

 

プリズムリーブルのプレストタイプを待っていたという方は多いと思います。私もとても楽しみにしていました。

今回は、1番人気のカラー、No.1 パステルシフォンのプレストタイプをご紹介します。

 

 

 

contents

プリズムリーブルのプレストタイプが新発売!ルースとの違いは?

 

ジバンシイ
プリズム・リーブル・プレストパウダー
全4色、6,800円+税

 

 

今回、新製品として発売されました。限定アイテムではなく、定番化するアイテムです。

発売日が2022年2月4日、一部店舗では先行発売もしていたのですが、人気カラーはすでに予約枠はいっぱいで予約終了も早かったそうです。また、発売日に予約枠以外の在庫もどんどん売れていくと美容部員さんがおっしゃっていました。

特にNo.1 パステルシフォンは1番人気とのことで、購入したいのに買えなかったという方も少なくないと思います。それほどファンが多いアイテムということですね。定番化するアイテムなので、しばらくすれば在庫も安定すると思うとおっしゃられていたので、気になっていた方はちょこちょこチェックされるのがいいかもしれません。

 

 

No.1 パステルシフォン

全部で4色展開のパウダーです。

 

 

私も、ジバンシイのパウダーが大好きなので色々と使用しているのですが、プリズムリーブルのルースパウダーだと3色持っています。

 

色番によって、パウダーの色味だけでなくパールやラメ感も異なります。ふわっとマットっぽく仕上がるものもあれば、ツヤっぽく仕上がるものもあります。

プレストタイプも同様らしいのですが、同じ色番でもルースパウダーかプレストパウダーかで少しパールやラメ感が異なるそうです。

 

 

 

例えば、No.1 パステルシフォンだと、ルースタイプはノンパールラメでふわっとしたマット感仕上がりになります。

プレストタイプは、本当に若干なのですがパールが入っているそうです。よく見ると分かるかな程度なので、パールラメがキラキラするのはほぼ分かりませんが、このような若干の違いがあるということですね。

 

ちなみに、腕にパウダーをしっかりのせてみるとこのような色味です。

 

 

ルースパウダーは持ち歩くのは難しいですが、このプレストタイプであればサイズ感的もポーチIN許容範囲かなと思います。
また、プレストタイプは鏡付き、ブラシ付きなのでお直しアイテムとして使われる方も多いと思います。

 

 

 

ルースパウダーとの違いは、プレストタイプの方がより密着感がアップした仕上がりになるということです。また、プレストタイプだと使うブラシでのせるのか、どんなブラシでのせるのか、パフでのせるのかでも好みの仕上がりを変えることができると思います。ルースパウダーは粉質がいいけれど付属パフが使い辛いと思われている方も多いと思うので、その点の悩みは解決されるかもしれませんね。

 

付属ブラシはお直し、朝メイクには別に大きめふんわりブラシを使用するのがおすすめとのことです。
ジバンシイだとプリズムリーブルブラシというものもあるのですが、こちらも相性がよいですよとのことでした。

 

プリズムリーブル大好きなので、買っていたプリズムリーブル、そういえば最近使っていなかったのでこちらを使用して今回メイクしてみました。

 

 

 

まずはいつも通り、スキンケア後にPARTIE グロウグロスCCベースを塗ります。

肌の色むらを整え、潤い感ある仕上がりにして、紫外線、ブルーライト対策もばっちりです。

ここに、ブラシで4色を満遍なくとり顔にやさしくブラシをあてて磨くようにしてパウダーをのせます。

 

仕上がりはこんな感じです。

プリズムリーブルNo.1、ブラシでプレストタイプを使うと、パフでスールパウダーをのせるよるもツヤ感はやはりのこりますね。ただ、元々No.1はふわっとした仕上がりのものなのでほどよいツヤと柔らかさのあるような肌質感に仕上がりました。
そして、No.1が人気の理由でもある透明感のある仕上がり、これはプレストタイプもしっかり教授できますね。

 

 

くすみのない、透明感のある仕上がりです。

ルースパウダーの方がより肌の明るさも上がる気がしますが、ブラシで磨くようにのせていると、パフよりもうっすらとして仕上がりになるので、パウダーをのせる量にもよるのかなと思います。もちろん、プレストタイプも肌の明るさ出しはできますよ。

 

仕上げに軽くハンドプレスで包み込むようにすると、より密着感が増すそうです。

購入してから3回使用しましたが、日中の肌の艶やかさ、けどテカテカするのではなく柔らかそうな感じ、透明感のある仕上がり、とても素敵だなと感じました。メイク崩れもルースパウダー同様感じることはほぼなく、とても使いやすいです。

 

 

元々私は朝のメイク時はルースタイプの方が使用することが多いのですが、これからはその日にしたいメイク仕上がりに応じでプレストも活用したいと思います。また、持ち歩きパウダーにもしようかなと検討中です。夕方以降に予定があるときには、これをささっと重ねて透明感復活させたいですね。

 

 

元々プリズムリーブルが大好きだということもありますが、期待通り素敵なプレストパウダーでした。

ルース、プレスト、どちらが好きかは好みが大きくでる所だと思うので、自分の好みに合わせて選べるようになってよかったなと思います。

ベースメイクが綺麗に仕上がると、その1日、とても気持ちがいいですよね。
とても素敵なアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

Beauty Brush Lesson

8/21 つるすべ肌Lesson

Beauty Brush Lessonは

オンラインでどこでも受講可能です

Tamaki Tsuneoka愛用品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share if you like!!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
contents
閉じる