MENU
常岡珠希(Tsuneoka Tamaki)
TTMK.LLC代表
2016年にTTMK.LLCを設立、代表
TTMKのスキンケアブランドPARTIEは2018年より販売開始
コンセプト設計から成分処方、パッケージ選定と化粧品製造業務に携わる
【肌に負担の少ない、必要なもののみ与えるケア】ができると支持を得ている
肌悩み解決ができるよう、スキンケアアイテムの成分や選び方、使用法について講座やブログにて発信
企業セミナー講師もつとめる

ポーチINリップブラシ!メイクもち、みためアップ!

  • URLをコピーしました!
Beauty Brush Lesson

12/3 美肌セルフケア確立レッスン+水分量アップケア

顔の印象を作る重要3ポイントは、髪型(特に前髪)、眉( 目元)、そして口元です。

なりたいイメージを叶えるには、まずこの3ポイントを意識するとよいですよ。

逆を言えば、この3ポイントがイメージ通りに綺麗に仕上がっていないと、全体的にみた時にもイマイチしっくりきません。

中でも口元は、最も簡単にメイクで整えることができるパーツです。

形に複雑さがないので、色、質感で調整可能です。

使う口紅を変えると、雰囲気がかわったなと誰しも1度は感じたことがあると思いますが、まさにそうなのです。

そして、ここでもう1つ意識してほしいのが「丁寧さ」です。

他のパーツより形に複雑さがないので、塗るだけでいいと思われがちなパーツです。しかし、丁寧に塗ると仕上がりがびっくりするほど変わります。

それにはリップブラシを使うのがおすすめです。リップブラシを使うと、形の調整だけでなく、色の濃さ、色もちアップ、崩れにくく仕上げる、そういったこともできるようになります。

食事の後にリップをお直しすることも多いので、持ち運びできるリップブラシを1本持っておきましょう。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで見る
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
Rakutenで見る
contents

CHIKUHODO

CHIKUHODO (竹宝堂)
スリムライン リップブラシ CL-7
ピンク

綺麗に仕上げやすいリップブラシで持ち運びにも便利なアイテムです。

CHIKUHODOのブラシは少し前にもアイシャドウブラシで1本持つなら?ということでご紹介しました。

あわせて読みたい
1本でこんなに綺麗に仕上がる!おすすめアイシャドウブラシ! 同じアイシャドウを使っても、どう瞼にのせるかで発色、質感、仕上がり雰囲気が変わるのがメイクの楽しみの1つです。 瞼に溶け込ませるように自然な発色綺麗に色同士を...

私はアイシャドウ、リップだけでなく、フェイス、チーク、ハイライト、コンシーラー、アイブロウなど多くのCHIKUHODOのブラシを使っています。

毛質がよく、仕上がりクオリティがぐっと上がるので、メイクアップに活用していただいきたいツールです。

リップブラシは10色のカラー展開があり、私はポーチINした時にパッと目に入るように明るめのピンクカラーを愛用しています。

素材・大きさ・形

  • 素材:イタチ
  • 大きさ:110mm
  • 毛丈:9mm
  • 形:平

リップのブラシ部分はイタチの毛が使用されています。

イタチは毛先のまとまりがいいので、細かい部分を描写する楷書や細字用、水彩画、油彩画のブラシにも使用される毛です。
こちらのブラシも、口角や唇の山を綺麗にとれ、口紅の発色もよいタイプです。

スリムながら、実用的なブラシですね。

毛丈は9mmと唇を丁寧に塗るにはちょうどよく、持ち運びにも便利な 全長 110mmです。

使用しやすさは維持しつつ、口紅等とポーチにいれておくのに便利なサイズ感ですよ。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで見る
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
Rakutenで見る

使用方法

リップブラシを使って仕上げると、唇の山をしっかりとったり、下唇ラインをはっきりさせたり、口角を上げたりと、理想の唇の形に近づくことができます。

私は何もメイクアップしていない状態の唇は薄く、ボリュームもなく、色もないので、リップラインを理想に近付けるようにとって仕上げています。

薄い唇→印象的に仕上げる塗り方

  1. 何もしていない状態の唇です。
  2. まずは唇の山をとります。
    実際の唇の山をガイドラインとして1、2mmくらいほんの少しオーバー気味にとります。
    唇と鼻の間が短くなると、顔の余白が減ったように見えるので小顔効果もゲットです。
  3. そして口角部分、ここも本当に少しだけ長めにとります。
    やりすぎると口が裂けたように見えるので、すこし口角を上げるような意識で1mmほど長めにとればOKです。
    このほんの数ミリですが、あるだけで口角が上がったように見えますよ。
  4. 下唇の中央部分に影を作るように、ここも少しだけはみ出るような意識でブラシでラインを引きます。
  5. そうすると、このようにガイドラインがかけました。これだけのラインをブラシで引くだけでも、リップラインが整い綺麗に仕上げやすくなります。
    また、口紅が落ちていくのを防ぎやすくなるので、自然と色持ちもよくなりますよ。
  6. ブラシで丁寧に口紅を塗って完成です。

直塗りするよりも、ブラシで塗ると少量を均一に伸ばすことができるので、口紅ヨレ防止になります。

また、色ムラもなくなり、本来の色を綺麗に楽しむことができますよ。

仕上がり

リップブラシを使わない場合と比べると、仕上がりの綺麗さが格段にアップします。

どのようにラインを引くのか、また濃さの調整によって理想の唇の形により仕上げやすくなるので、リップブラシは1本持ち歩いていると、とても便利アイテムとして使えるのでおすすめです。

私が愛用しているCHIKUHODO スリムライン リップブラシ CL-7は、軽い、コンパクト、綺麗に仕上げやすいので、ポーチINして持ち運びたい方はぜひチェックしてみてください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで見る
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
Rakutenで見る

リップブラシを使うメリット

リップブラシを使用すると、このようなメリットがあります。

  • 形が綺麗に整う
  • 口角をキュッとあがったように見せることができる
  • 色の調整がしやすい
  • 口紅もちがぐっとよくなる
  • 理想の唇の形に仕上げやすい
  • 顔の印象がぐっとかわる口元メイクがしやすくなる
  • 口元に清潔感がでる

口元のメイク次第で顔の印象が大きく変わるので、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで見る
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
Rakutenで見る

Tamaki Tsuneoka愛用品

12/3 美肌セルフケア確立レッスン+水分量アップケア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share if you like!!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
contents