今年も顔用日焼け止めは、吸収剤フリーでヨレにくいこちら!

 

紫外線対策は年間通して行なっていますが、この時期は紫外線量も増えるのでより気をつけて過ごしています。

紫外線対策でしていることはいくつかあります。夏時期は日焼け止め効果のあるものをこまめに塗り直しをする、日傘や帽子を使って直接紫外線に当たらないようにする、スキンケアでしっかり保湿をする、内側からビタミンC、ビタミンE(メラニン対策、活性酸素対策)を摂取する、などをしています。

100%遮光日傘の芦屋ロサブラン!折りたたみ、ミドルサイズ比較!

吸収剤フリーSPF50+、使用感抜群プチプラ日焼け止め!

今年の塗り直しUVパウダーはコレ!プレスト、ルース!

吸収剤フリー!日焼け止めミストはこれを使います!

 

また、顔の日焼け止めについてのご質問をいただくのですが、夏場は特に「塗り直し」を重要視しています。
朝にしっかり塗ったとしても、汗や皮脂でよれたり、拭いたりすれば落ちてしまったりしますよね。また吸収剤入りのものを使っている場合は紫外線に浴びれば効果がどんどん落ちていくものもあるので、表示の数値よりカットできないこともあります。
なのでしっかり日焼け対策したいのであれば塗り直しを特に重要に行う必要があります。

 

じゃあ、朝塗るものはどうしているのか?と思いますよね。朝のメイク時ももちろん紫外線防止効果のあるアイテムを使っています。
今回は、使用アイテムや使い分けなどをご紹介したいと思います。

 

 

 

顔用日焼け止めは成分も仕上がりも妥協しない!

 

PARTIE グロウグロスCCベース
20g、3,700円+税

ミューノアージュ スキンプロテクトUV
25g 、SPF43、PA++、3,315円+税

 

 

 

私はこの夏、この2つを顔に使用します。

 

 

年間を通してPARTIE グロウグロスCCベースをメイク時に塗り紫外線対策をしています。また、日中パウダーを適宜重ねて塗り直しもします。
SPF25、PA++相当
で、基本的に日常生活には問題ない数値です。(夏は塗り直しでもしっかり対策をするので朝はこのくらいでも普通の生活なら十分。)

私はグロウグロスCCベースが発売され2年ほど使っていますが、現在も目立つシミはなく過ごせています。シリコーンは配合していないのですが、成分構成によってしっかり全顔に密着し、崩れにくいので安心です。

 

Amazon.co.jpで見る

 

 

 

普通の生活ってどういった感じ?と思われるかと思います。私の中の普通だと、過ごすのは室内、場所の移動をするのに屋外を歩くこともあるという感じの日のことです。

しかし日によっては、撮影で1日屋外にいることがあったり、少し遠出をして車にのっている時間や外にいる時間が長かったり、レジャーなどで普段よりも汗をかきやすそうだったり、そういった日常生活とは少し違う予定のある時は、もう少しSPF値が高く、吸収剤フリー、シリコーン入りで汗にも強く、仕上がりも綺麗なものを併用します。私の場合はそれがミューノアージュです。

 

実は、これは昨年も使っていたアイテムです。今年もPARTIEともう1つ使うアイテムとしてミューノアージュを購入しました。

 

顔用日焼け止め!今年はこちらを使います!

昨年の記事に色や仕上がりについては詳しく書いているのでそちらぜひご覧ください。カバー力は高くないですが、軽く顔の色むらを整える程度はできます。軽くワントーン明るくなるような仕上がりです。伸びもよく、塗っていてパサつく感じもなく、吸収剤フリーなのに塗り心地がいいです。

 

<全成分>
水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、ジメチコン、BG、トリエチルヘキサノイン、PEG-9ポリジメチルアシロキシエチルジメチコン、スクワラン、酸化亜鉛、硫酸Mg、ジステアルジモニウムヘクトライト、ステアリン酸、ヘキサペプチド-11、グリチルリチン酸2K、ラウロイルリシン、トコフェロール、フェノキシエタノール、酸化チタン、水酸化Al、リンゴ酸ジイソステアリル、酸化鉄

 

 

基剤はシリコーンなので吸収剤フリーでも使用感が良いので使いやすいのです。シリコーン配合している分、メイクオフはしっかりとした方がよいですね。PARTIEのリッチモイストクレンジングオイルで問題なく落ちますよ。

 

Amazon.co.jpで見る

 

ミューのアージュの日焼け止めを使う場合は、ミューノアージュ スキンプロテクトUV→PARTIE グロウグロスCCベース→ルースパウダーで仕上げます。ファンデーションを使う場合は、ミューのアージュ、ファンデーション、ルースパウダーという組み合わせにすると思います。
ミューノアージュのみではカバー力はあまりないので、これのみだとすっぴんが綺麗な感じの印象になると思います。仕事の時などは、すっぴんよりはきちんと整えている感がいいので、単品で仕上げることはあまりないですが、おやすみの日は1本でもいいかもしれません。

 

もちろん、PARTIEのみの日でも、ミューノアージュを使う場合でも、UVパウダーの塗り直しはしっかりしますよ。

 

今年の塗り直しUVパウダーはコレ!プレスト、ルース!

 

紫外線対策でよく勘違いされるのが、とにかくSPFが高いものを塗ればいいというものです。
紫外線カット成分は何か、その日はどう過ごすのか、塗り直しはしっかりできそうなものか、そういったことをまずはチェックしていただきたいです。

 

私は顔に塗るものは極力吸収剤フリーにしています。というより、下地で吸収剤入りはほとんど使いません。ファンデーションは仕上がり重視で見るとここまでこだわるのは難しいのですが、スキンケア後最初に塗るものは吸収剤フリーを基本として決めています。

また、最初にも書いたようにSPF値が高ければ安心ということはありません。紫外線カット成分によっては時間経過で効果が落ちていくものもありますし、朝塗ったものがムラになっていたら、汗をかいてヨレたらと思うと、こまめに塗り直しすることが大切です。その場合、パウダーがやはり使いやすいので、メイクの上から使いやすいものを選ぶことも必要ですよね。

 

 

紫外線は肌の老化の原因になります。過度に浴びてしまわないよう、対策をしっかりとりましょう。そして、対策はその日の予定等に合わせて行っていくようにしましょうね。