ブラシの日々の手入れ方法!愛用筆ぬぐい等ご紹介!

 

日々愛用しているコスメを肌にのせるツールは、メイクを綺麗に仕上げるのに欠かせないアイテムです。

過去にも、私が愛用しているブラシについては何度かご紹介しております。

愛用アイシャドウブラシ!使い分け方法ご紹介!

チークはブラシで仕上がりが変わる。美仕上がりおすすめ2選

いかに自然なハイライトをいれるか。ブラシにこだわる。

シェーディングブラシはこちらを愛用!ナチュラル仕上げに便利!

 

 

どんなブラシを使っているのか?というご質問の次に多いのが、ブラシの手入れはどう行っているのか?というご質問です。

 

毎日使うアイテム、長く愛用する為にも手入れはちゃんと行いたいですよね。

今回は私が普段しているブラシケア等についてまとめてみました。

 

 

 

綺麗なメイク仕上げに欠かせないブラシの手入れ方法

 

私の場合、メイクの際によく使うブラシは、シェーディングブラシ、ハイライトブラシ、チークブラシ、アイシャドウブラシなどです。

 

ベースメイクの際にリキッドを塗ったり、フェイスパウダーをのせたりするのはパフを使うことが多く、ブラシを使うのはたまにある程度なので、今回はよく使うブラシの日々の手入れ方法になります。

 

 

まず、毎日のブラシの手入れについてです。

 

愛用しているブラシは9割くらいのものが、天然毛でできています。

天然毛ブラシはできるだけ洗う頻度を少なくしたいので使ってその都度ブラシケアをするようにしています。

 

白鳳堂 筆ぬぐい WH
500+税

 

その際に使うのが、この様なタオルや布です。最近は白鳳堂の筆ぬぐいを使っているのですが、こちらとても気に入っています。

ポリエステル100%でできています。

 

ブラシをのせてやさしく包み込むように滑らせるだけで、ブラシについたパウダー等が綺麗に落ちます。ゴシゴシと擦るようなことをするとブラシの毛が傷む原因になるので、一方向に滑らせるようにして使います。

 

繊維の密度にこだわって作られているそうで、この細かい輪っかも柔らかく、軽く滑らせるだけでもその日に使ってブラシに残っているパウダーなどを落とすことができます。

筆ぬぐい自体が白いので、汚れも目に見えてはっきり分かります。筆ぬぐいが汚れてきたら洗濯のタイミングです。洗濯機で洗うより、手洗いがおすすめです。軽くぬるま湯のみで落ちるならそれでもよいですし、私はお洒落着洗剤で手洗いすることもあります。

 

使うたびに軽く滑らせて汚れを取り、ブラシケアしているのでいつも綺麗な状態を保つことができます。

 

このケアでも汚れが落ちない、コスメがとりにくくなった気がする、少し匂いがするなどしてきた場合には天然毛ブラシであれば、シャンプーで洗っています。

アイシャドウブラシ、特に私はパウダーアイシャドウを使うことが多いので毎日綺麗に拭いているとそう汚れないので洗う頻度は少ないです。

 

 

 

また、天然毛ではなく人工毛で作られたブラシの場合は無水エタノールで洗っています。

無水エタノールを少量容器に入れてブラシをささっとくぐらせて洗います。そうすると汚れがしっかりと落ちます。私は2回くらい無水エタノールを新しく取り替え、くぐらせて汚れがでなくなるくらいまで洗います。1日ほどで完璧に乾きます。

無水エタノールを使って洗うのはとても楽です。天然毛では行いませんが、人工毛だとこの方法で汚れがしっかり落ち、ブラシ傷みもそこまで感じないの私はこの方法をとっています。

 

 

ブラシを長く綺麗に扱うには、汚れたらその都度綺麗に拭き取り清潔な状態を保つことが大切だと思います。しっかり汚れきったものを使うのも嫌ですし、放置しておく時間が長いのはよくないと思っています。

また、天然毛の場合は洗いすぎても毛の痛みにつながるので、できるだけ使って→丁寧に拭きケアするというのを心がけています。

 

 

綺麗なメイクを仕上げるのに欠かせないツール、丁寧に愛用していきましょう。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ