ナチュラル透明感メイクの全プロセス公開

ナチュラル透明感メイクの全プロセスを公開します。

すっぴんから、完成まで写真つきで公開します。

 

 

12

 

 

透明感のあるメイク。

それって、どうすればできるのでしょう。

まずそもそも、透明感のある肌はどのようなものなのか?

 

肌に透明感がある、と思う人は肌が潤っています。

これは、確実にいえることです。

 

 

光の反射で人は物を物だと思い、色も認識します。

光が顔に当たり、その光が反射して、私たちの目に入り、顔だと認識するということです。

 

その光の反射なのですが、肌が光を反射する際、

肌の内部からも光を反射しています。

 

その時に肌内部の細胞が潤っていないと、反射量は低くなってしまうそうです。

 

 

透明感のあるメイクをしたい

透明感のある肌を目指す

光の反射量を増やす

肌を乾燥させない、潤いに満ちた肌でいる

 

ということが大切です。

 

 

よって、肌の保湿は必須。

もうこれは何度も書いていることですね。

 

 

わたしはメイク前も、夜のスキンケア同様、しっかり保湿をしています。

 

 

そして、いざメイク!

 

いくら、肌がきれいでも、メイクが下手だと

透明感メイクはできませんよね。

 

 

今日は、わたしが行っている

ナチュラル透明感メイクの全プロセスをご紹介します。

 

 

 

メイクプロセス

 

では、はじめます。

 

まず、朝起き、洗顔をした後スキンケアをしました。

1

朝のスキンケアでも、しっかり化粧水を重ねづけしています。

 

 

1a a

 

顔全体(ピンクで囲ったところ)に、

ポール&ジョー モイスチュアライジング ファンデーションプライマーS 01

を塗ります。

 

その次に、オレンジで色で囲ったところに

ランコム タンミラク リキッド O-01

塗ります。

 

わたしは、塗る際は、使い捨てのスポンジを使っています。

米粒くらいを手にだし、スポンジで軽くたたくようにつけます。

スポンジを滑らしてつけるようなことは、しないでくださいね。

 

b

コスメデコルテ AQMW フェイスパウダー 11

を、顔全体につけます。

 

この時、パフについた粉をまず軽くティッシュオフします。

その後、顔にぽんぽんと叩いてつけます。

この時、粉をつけすぎるのはダメ。

また、スポンジをすべらすのもダメ。

軽くポンポンとします。

顔全体で100回くらいはしていますね。

 

そうすると、肌に密着して化粧崩れが防げます。

 

 

2

すると、こんな感じです。

下地+ファンデ+フェイスパウダー 

ポイントは、しっかり肌に密着させる、

つけすぎないというところです。

 

そして、肌悩みがある際は、ファンデーションで隠すのではなく、

フェイスパウダーを叩く前に、コンシーラーで隠しましょう。

 

透明感をめざしたいのであれば、

厚塗りは絶対にダメ!です。

 

 

次は、ハイライトとチークを入れます。

2a c d

 

紫で囲った場所にハイライトとして、

アナスイ ローズチークカラーN 100を入れます。

 

ピンク色の部分に、まずは

シャネル ジュ コントゥラスト 270 を入れます。

薄く入れましょう。

その上から、す〜っと、

クリニーク チークポップ 15を軽く重ねます。

 

すると、

3

こんな感じです。

 

紫は、くすみを飛ばしてくれるので、

透明感メイクではよく使うお色です。

 

 

では、ベースができたので次はアイメイクに入ります。

 

4a e

クリーム色の線の部分に、

ジルスチュアート ジェリーアイカラーN 03を入れます。

これは、色づきはほんのりとしかありません。

ラメ入りですが、ギラギラ感があるものではなく、

程よくツヤ感がある目元にしてくれます。

 

そして、下まぶたには

ルナソル グレイスコントラスティングアイズ 02

右上のピンクを薄く入れます。

 

4

こんな仕上がりになります。

 

 

次にアイライン。

 

まず、まぶたの形にそって入れます。

5 6 ファイル 2016-05-17 15 22 10

 

使うのは、

クリニーク クイックライナー フォー アイ インテンス 03

です。

これは、本当にメイク崩れがしないアイライナーです。

メイク落としでは簡単におちますが、

日中、アイラインが崩れることはありません。

 

ラインを引いたら、反対側のスポンジでぼかしましょう。

 

 

8a 7

次に、ラブライナー ダークブラウンで目尻を少し書き足します。

矢印の部分です。

目尻は付け足さなくてもいいですが、

引くと、目の横幅が広く見えるようになります。

 

また、まつげとまつげの間もこの時にラブライナーで埋めます。

 

 

 

次に、眉毛を書き、顔のバランスを見ます。

9a f

 

自分の小鼻と目尻から一直線になる部分まで

まゆげを書きます。

 

書くのは、KATE アイブロウペンシル BR-4です。

また、わたしは眉山は、

目を開けた時、黒目の外側のあたりにつくっています。

 

その後、

KATE デザイニングアイブロウN EX-4で、眉毛を書き色をつけます。

 

 

g

 

マスカラは、

KATE ラッシュマキシマイザー EX-1のマスカラ下地を塗った後、

ホットビューラーでまつげを整えます。

 

その後に、

クリニーク ラッシュパワー マスカラ ロングウェアリング フォーミュラ 01

で上下のまつげを塗ります。

 

10

このような感じになります。

 

 

 

h

最後に、

コスメデコルテ AQMW ルージュグロウ RE453 を塗って完成です。

 

 

Collage_Fotor

 

メイク前→メイク後 です。

 

ヘアをセットしてあげて完成です。

 

12

 

 

 

ナチュラル透明感メイクのまとめ

・メイク前の保湿は必須。朝も夜と同じくらい行う。

・ベースメイクは、カバー力のある下地をつかう。

・ファンデーションは顔の中心のみでOK。

・隠したいところは、コンシーラーで隠す。

・ハイライトやチークに紫を入れる。

・目元には色味ではなく質感でナチュラル感をだす。

 

 

透明感を出すには、

肌がとにかく大切です。

 

あれも、これも、と重ねると

塗っている感がとてもでてしまいます。

 

下地にカバー力のあるものを選ぶと、

ファンデーションも薄くでき、

綺麗な肌に仕上げることができます。

 

 

アイメイクなどは、この手順でなくとも、

いろいろと応用できるかと思います。

 

 

ぜひ、ナチュラルで、透明感のあるメイクを

自分のものにして下さいね。

 

また、定番メイクは自分が1番上手くなくっちゃ!という記事の最後で、

メイクレッスン単発を3名限定で行うと書きました。

 

残り枠があと1名となりましたので、気になっていた方はお早めにお申し込みしてくださいね。

 

 

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>SelfBeauty Lesson

-美の3大要素をパーフェクトに!-

2018/7/22

印象をつくる3大要素。それは、ヘア、眉(目元)、口元。

この3大要素をしっかりマスターして美を手に入れましょう!

 

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

6/10

8/5

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)