メイク動画!使用ブラシなど!

 

先日ご紹介したマキアージュのドラマティックスタイリングアイズ。

 

ご紹介後、メイクプロセスを動画でも見たいと、インスタグラムのストーリーズで行なっているご質問返しで多くいただきました。

こちらのアイシャドウパレット、私は好きで様々な色番を持っていますがどれもとても使いやすいです。
左から、または右から順に重ねていくだけでOKです。マキアージュはそこういった「使いやすい」アイテムが多いので実用的ですよね。

今回は、実際に使っている所を動画にまとめたのでご紹介します。

 

 

重ねても濃くなりすぎずナチュラル仕上げに

 

マキアージュ
ドラマティックスタイリングアイズ RD606

先日、ご紹介したアイシャドウパレットです。

 

ドラマティックスタイリングアイズが好きすぎる!!!!

 

 

「ブラウン」といっても、色味は様々ですよね。こちらは、少し赤みのあるブラウンです。

 

 

 

女性らしい雰囲気に仕上げるのにぴったりな色味です。パレットについて詳しくは上記の記事をご覧くださいね。

 

 

では、動画にてプロセスをご紹介します。

今回はどんなブラシを使っているのかも詳しくご紹介しますね。

 

 

 

 

 

1.上段左のベースカラーをアイホール全体にのせます。ブラシは竹宝堂GSN-07を使っています。大きめのブラシなのですが、ベースカラーなどを薄らナチュラルにワンストロークでのせることができます。

 

2.下段右の締め色を目の際からのせで、上にぼかすようにして広げていきます。この後ぼかすので少ししっかりめにのせてもOKです。白鳳堂B5510を使っています。

 

3.下段中央のカラーを二重幅程度まで上から重ねます。先にのせている締め色を少しぼかすような感じにしています。ブラシは竹宝堂GSN-09を使っています。メインカラーをのせるのにこのブラシはよく使っています。

 

4.下段左のカラーをアイホール全体にさらっとのせてより境目をぼかすように、全体の統一感を出します。ブラシは竹宝堂SP-4を使っています。このブラシはかなり万能で、今回のように仕上げにもよし、ベースカラーやメインカラーをのせるもよし、先端が少し丸みがあるのでそれを活用してポイントカラーをのせてもよしといったように使い勝手がとてもいいです。

 

5.下瞼は、下段右の締め色を目尻1/3程度のせます。これは白鳳堂B5510を使っています。 このブラシは締め色などをナチュラルに、細めにのせたりぼかしたりするのにとても使えます。

 

6.下段左のカラーを全体にふわっとのせます。ブラシはシックスプラスというブラシのセットに入っていたものを使っています。

 

7.上段右のラメシャドウを下瞼は涙袋部分に、上瞼は黒目上に指でのせています。

 

 

愛用しているブラシに関しては、過去記事でもご紹介しています。ブラシはきちんと手入れをすればかなり長く使うことができるので、メイク仕上げを色々楽しみたいという方はぜひチェックしてみてください。

愛用アイシャドウブラシ!使い分け方法ご紹介!

 

 

全体の仕上がりはこんな感じです。 

 

ナチュラルで色味が濃くですぎることはないですが、陰影効果で目がしっかり際立ちます。

また、もっと締め色をしっかり出したい場合には、右からではなく左から順に重ねていくのもおすすめですよ。

 

 

 

とても素敵なアイシャドウパレットなので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ