かわいいけれど過ぎない、大人ピンクを使いたい!

 

ピンクカラーは可愛いので、コスメでも積極的に取り入れていきたいなと思っています。

しかし、色選びを間違えたり、肌にのせる濃さを誤ると一気にピンクの主張が強くなり可愛くなり過ぎてしまうこともしばしばあります。
可愛らしい雰囲気は欲しいけれども、可愛すぎることなくいい具合に取り入れたいなと思い、私はピンクカラーを使う時には、色選びやのせる濃さというのを結構気にしています。

 

ということで、購入しているピンク系コスメはそのあたりを気にして選んでいます。今日はそんな大人ピンクメイクをしたのでご紹介しますね。

 

 

 

大人でも取り入れやすいピンクコスメでメイク

 

トムフォードビューティ
アイカラークォード 31 スー ル サーブル
ウルトラシャインリップカラー 522 ヴェルディーク

 

大好きなブランドの1つ、トムフォードビューティーのアイシャドウとリップを組み合わせます。

 

 

アイカラークォード 31 スー ル サーブルは、今年のはじめ新色として発売されました。

トムフォードの大人気アイシャドウ!アイカラークォードから新色!

 

 

とても人気のカラーのようです。派手さがないピンクでブラウンとも馴染みがよく、瞼にのせていく際にも薄めカラー→濃いめカラーでグラデーションを作るだけでしっくりくる目元に仕上がります。

 

しかも、見た目以上に発色が柔らかいのでふんわりした印象にもしやすいですよ。

 

アイシャドウパレットの中ではかなり高額アイテムなのですが、使いやすさもしっかり兼ね備えているので、ブラウンピンクが好きな方にはおすすめしたいアイテムです。

 

 

 

ウルトラシャインリップカラー 522 ヴェルディークは最近購入したばかりのアイテムです。新色で、少し明るめのフレッシュ感ある色味なので春夏に沢山使いたいカラーです。

光沢感、透明感、高発色。ひと塗りで綺麗な唇に。

 

 

明るめのカラーをリップに使う時に気をつけているのは、口元だけ浮いてしまわないようにするということです。

 

色味によって浮かないようにする為にすることは違うのですが、チークも同系色、似た明るさのものを使うようにしたり、輪郭をぼかすように仕上げたりなどよくします。

可愛いカラーでも口元だけ明るく浮いていると不自然ですからね。色味はいい感じに主張しつつ、他とも一体感がでるような工夫をすると取り入れやすいです。

 

 

 

この2つを合わせたメイクがこちらです。

 

甘過ぎない、可愛過ぎないけれども、ヘルシーっぽさやカジュアル感はあまり出ず、ピンクをいい具合に取り入れることができる組み合わせでした。

 

可愛いけれど過ぎない、そんな大人ピンクコスメをお探しの方はぜひチェックしてみてください。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ