竹宝堂ブラシを使うとメイク仕上がりが格段によくなる理由

 

メイクアップブラシといえば、私は竹宝堂が大好きです。

チークはブラシで仕上がりが変わる。美仕上がりおすすめ2選

愛用アイシャドウブラシ!使い分け方法ご紹介!

いかに自然なハイライトをいれるか。ブラシにこだわる。

 

こちらやSNSでご紹介するメイクをする際、竹宝堂のブラシをよく使っています。というよりも、ほぼ毎回、ハイライトか、チークか、アイシャドウかでブラシを使用しています。

 

なぜ、こんなに好きなのかというと、やっぱり仕上がりが格段に綺麗なのです。アイシャドウでいえば、竹宝堂んのブラシを使うと余計な粉がのらないのに瞼にちゃんとフィットして薄づきなのに色が綺麗に発色します。二重幅に溜まってしまうということもほぼ起きなくなりました。アイシャドウが日中崩れるということも感じません。チークはムラにならず頬全体が自然に色付き、ハイライトはいかにもギラギラのせています感がでず、ナチュラル感を損なわず、でも綺麗にメイクアップができます。

 

 

ということで、とにかく愛用しまくっています。

竹宝堂はオンライン販売だけでなく、百貨店で期間限定出店などもよくしています。
その際に私のブログやSNSをご覧いただいて足を運んでくださったという方は多くいらっしゃると、竹宝堂の方からご連絡をいただきました。

私自身大好きなブラシで、それを多くの方に実際に手にとっていただけた、そしてメイクに使用して素敵な仕上がりを楽しんでいただけたと思うととても嬉しいです。

出店情報は竹宝堂HPに掲載されていますよ。

 

 

ただ、私も行きたいな〜と思う時に予定が合わなかったり、住んでいる場所からは遠かったりしてなかなか実際のアイテムを手にとって見ることがでいていません。皆さんもそうなのかなと思います。また、百貨店も営業時間が短縮などなっているので、あまり伺えないかもしれません。

そんな中、竹宝堂の方から新製品のFOシリーズ(業界初の天然毛シルバーフォックス使用ブラシ)をプレゼントでいただきました。いままで私が愛用していたブラシはもちろんのこと、こちらも実際に使ってみてとても素晴らしく大好きになりました。

とても素敵なブラシなので私が写真や動画でお伝えできないかなと思い、今回はプレゼントいただいたFOシリーズのブラシ、そして私が愛用しているブラシをまとめてご紹介させていただきたいと思います。

 

同じコスメを使っても、素敵なブラシを使うと仕上がりはぐっと変わります。ぜひ、日々のメイクに使うブラシ選びのご参考にしてみてください。

 

 

 

仕上がりを格上げする竹宝堂のメイクブラシ

 

今回プレゼントでいただいたもの含め、私が愛用している竹宝堂のブラシです。

コツコツと買い集め、こんなに増えました。どれも、とても大好きなブラシです。

 

 

 

では、新作順にご紹介します。

 

 

まずはこれまで化粧筆で使われることのなかった天然毛シルバーフォックスを使ったのが、FOシリーズをご紹介します。

希少性が高く、灰リスに匹敵する柔らかさを持ちながら、山羊のようなコシの強さ、粉含みの良さも併せ持つとのことです。柔らかく、コシもあり、粉含みもよい、そんなブラシということですね。

 

FO-01

毛材質:シルバーフォックス
形状:丸平
全長:155mm
毛丈:45mm
12,000円+税

 

大きめなパウダーブラシです。毛は柔らかいのにコシがあります。

 

こんな感じに、ぎっしりブラシです。

 

粉含みがよいのでパウダーをしっかり肌にのせることができるのできます。柔らかくコシのあるブラシで、ちゃんと肌にのるのにムラになったり厚塗りっぽくならず均一に仕上がります。肌あたりがとてもよいので、ついつい手に取ってしまいます。普段パウダーはパフ付けが多いのですが、こちらで優しく磨くようにのせて仕上げることも多くなりました。

 

 

 

FO-04

毛材質:シルバーフォックス
形状:ナナメ
全長:145mm
毛丈:35 / 20mm
10,000円+税

 

チーク、ハイライト、シェーディングとして使える斜めカットブラシです。斜めカットブラシはかなり活用できるので、1つあるととても便利です。

私はチークの上に重ねるハイライトをこれでのせるのが大好きです。

 

しっかり肌にのるので、少量のパウダーでもツヤや明るさをきれいに出すことができます。いかにものせています感がでないのにハイライト効果がちゃんとだせるブラシです。

 

 

 

FO-05

毛材質:シルバーフォックス
形状:丸平
全長:130mm
毛丈:20mm
3,000円+税

 

丸平タイプのアイシャドウブラシです。この形のブラシは寝かせても、立てても使えます。

 

こちらも柔らかいのにコシがあり、粉がしっかりとれるので、一度でアイシャドウの発色も綺麗に出すことができます。

 

アイホール全体に使ったり、ポイントのせしたりと万能使いできる大きななので、色々と活用できるブラシだと思います。

 

 

 

PF-1

毛材質:粗光峰
形状:丸
全長:125mm
毛丈:30mm
6,500円+税

 

こちら、竹宝堂でとても人気のファンデーションブラシとのことです。

 

しっかり毛の密度があるブラシです。ぎっしりですよね。

私は、ファンデーションをこのブラシでくるっと一周とってティッシュで軽くおさえてから肌にくるくるっとのせて仕上げる方法が好きです。

毛穴の凸凹をきちんとカバーできるのですが、ファンデーションは均一にのるので厚塗り感がでなずナチュラルな仕上がりです。顔を磨くような感じで仕上げると自然なツヤ感もでます。
これ、夏のお直しパウダーをのせる時に使いたいなぁ…と思うほどよいです。ただ、持ち運びには少し大きいので、他ブラシも見てみようなかなと思います。

 

 

 

G-1

毛材質:粗光峰
形状:丸平
全長:140mm
毛丈:42
5,800円+税

チークはブラシで仕上がりが変わる。美仕上がりおすすめ2選

 

チークはブラシで決まるといっても大げさではありません。どんなブラシでチークをのせるかで、仕上がりがかなり変わります。

 

粗光峰100%ブラシなのですが、とったチークが頬に均一に、綺麗にのります。
ムラにならず、ブラシでとったチークがちゃんと頬に移動して密着するような感じです。パウダーチークをふわ〜っとのせたい時にはこちらを使っています。
大きさもあるので、とても使いやすいですよ。

 

 

 

GSN-07

毛材質:灰リス/フィッチ
形状:丸平
全長:191mm
毛丈:21mm
4,200円+税

 

私のメイク動画にかなりの確率で登場するブラシです。

アイシャドウブラシにしては大きめなのですが、これがとてもいいのです。ワンストロークでアイホールに綺麗にアイシャドウをのせることができます。
特に、ベースのカラーって濃くのせたいというよりは薄く均一に、そして質感を綺麗に出したいですよね。まさにそんな時に最適です。ベースカラーを何度も重ねる必要がなく、これを使い始めてからメイク時間もかなり短縮されました。

 

 

 

GSN-09

毛材質:灰リス
形状:丸平
全長:182mm
毛丈:12mm
2,600円+税

愛用アイシャドウブラシ!使い分け方法ご紹介!

 

GSN-07よりはボリュームがおさえられ、少しコンパクトになりました。私は主にメインカラーをこちらでのせています。

 

丸平タイプで、目元にフィットしてささっとのせても綺麗にアイシャドウがのります。また、比較的ナチュラルな発色なので、濃いメインカラーでも肌に馴染むように優しい発色にすることもできますよ。

 

 

 

GSN-011

毛材質:バジャー/PBT(合成繊維)
形状:ナナメ
全長:176mm
毛丈:6.0/4.5mm
2,200円+税

 

こちらはアイブロウブラシです。アイブロウパウダーを使う際には、私はこちらを長く愛用しています。

 

私はアイブロウは丁寧に仕上げたい派です。眉尻の流れや、色の調整など、少しの違いですがこれができるかできないかで眉仕上がりクオリティが変わります。
小さいですが、しっかりとした毛質なので、パウダーでも自然で綺麗なラインを描くことができます。

 

 

 

PS-4

毛材質:粗光峰
形状:丸平
全長:126mm
毛丈:16mm
2,400円+税

 

ピンク色が可愛いブラシですよね。先ほどご紹介したGSN-09よりももう少し厚みがあります。

 

寝かせてアイホールにささっとベースをのせ、先端でメインカラーをのせ、といった具合に1本でマルチに使えるブラシです。

柔らかいブラシなのでナチュラル仕上げにもぴったりです。

 

 

 

Z-2

毛材質:灰リス
形状:ロウソク型
全長:150mm
毛丈:37mm
7,500円+税

いかに自然なハイライトをいれるか。ブラシにこだわる。

 

FOシリーズのハイライトブラシとはまた違った形ですよね。

穂先が尖ったブラシで、とても柔らかいです。とにかく柔らかく、肌へ優しいタッチです。

 

FO-04と比べると、こちらの方が柔らかくニュアンスを活かした仕上がりになります。
FO-04の方がハリがあるので、ハイライトのツヤ感は1度でよりしっかりめに出すことができます。

どちらもかなり粉のりが自然です。

形やハリ感のこのみでどちらがいいか決めてもいいかもしれません。
私は、より柔らかい印象にしたい時にはZ-2を、ハイライト効果をしっかりめに出したい時にはFO-04、といった具合に使い分けしようかなと思います。

 

 

 

どれも素敵なブラシですよね。

ブラシを使うのが毎回楽しみです。このアイシャドウをこのブラシでのせたらどうだろう、このハイライトをこのぐらいとってのせてみたらどんな感じだろう、とメイクの度に楽しんでいます。

 

 

今回は、FO-04のハイライトブラシ、FO-05、GSN-07、GSN-09のアイシャドウブラシを使ってメイクをしてみました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TAMAKI TSUNEOKA/常岡珠希(@tamaki.tsuneoka)がシェアした投稿

他使用アイテム

マキアージュ
ドラマティックスタイリングアイズ PK303
SHISEIDO
インナーグロウチークパウダー 01 InnerLight

 

 

ハイライトブラシででるツヤの綺麗さ、素敵ですよね。

 

アイシャドウはワンストロークでの綺麗な粉のりが分かるかと思います。

寝かせたり、立たせたりして同じブラシでも使い方次第で色々と楽しめます。

 

 

こうやって記事にしていて、改めて竹宝堂のブラシは素敵だなと思いました。また、コツコツ集めていくいので、その際にはご紹介させていただきますね。

毎日のメイクをより綺麗に、楽しむためのツールとしてもぜひチェックしてみてください。