ビオレ日焼け止め比較!アスリズム、アクアリッチ、自分にはどっち?

 

いよいよ本格的に紫外線が気になる季節になりましたね。ドラッグストアにずらっと日焼け止めが並ぶようにもなりましたね。様々なブランドのアイテムがずらっと並んでいるので、どれがいいのか迷ってしまいます。

 

例えば、BioreUVシリーズはいくつかあるので、自分の生活スタイルや求めるものによって選択の幅がとても広いです。汗をしっかりかきそうな日はこれ、少しだけ外出する際はこれ、テクスチャーはこんなのがいい、など自分の好みで選ぶことができると思います。

今回はその中でも高いUV防御技術が搭載されたアスリズムとアクアリッチの比較をしたいと思います。

 

 

 

ビオレのUVシリーズ!しっかり紫外線対策をしたい!

 

ビオレ UV
アスリズム スキンプロテクトエッセンス
アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+

 

 

お店にいくと目に入る赤いパッケージと青いパッケージのこの2アイテム、SPFもPAも同じで自分にはどっちがいいのか少し悩むこともあると思います。

アスリズムはエッセンス、ミルク、スプレーの3つ( サンバーンプロテクトミルクも加えると4つ)、アクアリッチはエッセンス、ジェルの2つのタイプがあります。

 

 

 

今回はどちらもエッセンスタイプで比較をしたいと思います。

 

写真はアスリズムは70gです。アクアリッチは85gの大容量タイプで通常サイズは50gです。大きさに関しては自宅にいる際に塗るのか、持ち歩きするのかで選び方は変わるかと思います。夏時期になると大容量サイズなどよく発売されているので、そういったものをチェックされてもよいと思います。

 

この2つ、お店でみるとSPFもPAも値が同じ、スーパーウォータープルーフという点も同じ、せっけんで落ちるという点も同じなので、どっちがいいか少し迷ってしまいます。

公式サイトにも簡単な比較がのっていますが、ざっくり違いがあるとすれば、レジャーなスポーツなど汗をしっかりかくような時には耐久性のあるアスリズム、しっかり紫外線対策したいけれどみずみずしい使用感のものがいい時には極軽なアクアリッチ、といったところでしょうか。

 

 

どちらもミクロディフェンス処方というUV防御技術が搭載されています。

塗った直後はみずみずしく見えても、水分が蒸発するとスキマ(水分蒸発による塗りムラ)が発生し、紫外線が侵入してしまい日焼けしてしまうことがあります。そんなミクロのスキマまで塗りムラを防ぐのが、ミクロディフェンス処方とのことです。

 

 

また、アスリズムには更にタフブーストTechというUV防御技術が搭載されています。

高温多湿の過酷な環境下で、汗をかいても落ちにくく、耐久性にもすぐれた塗膜をつくる日やけ止めとのことです。40℃、湿度75%の高温多湿環境でも、汗・擦れに強く、落ちにくいのが特長とのことなので、しっかり汗をかくような時に使うにはアスリズムの方がより安心かと思います。

 

 

それぞれエッセンスで比較すると、出した時の液体の感じ、塗り心地は比較的似ていますがやはりよりみずみずしさがあるのはアクアリッチかなと思います。ただ両方ともみずみずしく、伸びがよく、塗った後のごわごわ感が感じにくいです。エッセンス系の日焼け止めは使用感がいいので日焼け止め特有のきしみを感じず使えますね。

 

では、それぞれを詳しくご紹介します。

 

アスリズム スキンプロテクトエッセンス

SPF50+/PA++++

スーパーウォータープルーフなので、水に強いのですがせっけんで落ちるタイプの日焼け止めです。

 

ミクロディフェンス処方、タフブーストTech搭載なので、塗りムラが少なく汗や擦れにも強く安心ですね。

 

 

肌になじんだ後になめらかな肌感触に変わる、モイストタッチエッセンスとのことなのですが、実際塗って馴染むと、肌にピタッと密着している感じはありつつ、ゴワゴワしたりきしんだりという感じはありません。しっかり紫外線防止できるようなアイテムは、塗った後少し不快感があるようなものも多いのですが、こちらはとても使いやすいと思います。

ホワイトフローラルの香り(天然香料配合)がついていて、ほのかに香ります。私はなんとなく、ホワイトフローラルというよりも髪を染めている時の香りに感じますがこれは人によるのかな…と。しっかりスポーツをする際など、汗の匂いが気になってしまうという場合には、香り付きはよいかもしれません。

 

 

アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+

SPF50+/PA++++

こちらもスーパーウォータープルーフタイプの日焼け止めです。落とす際はせっけんで落ちます。

 

塗り心地はみずみずしく、するすると伸び広げることができます。暑く蒸し蒸しした夏に重たい日焼け止めは使いたくない、という時にも使いやすいと思います。
塗って馴染むと、さらっとしてペタペタした感じもない所もよいですね。

 

ホワイトミュゲのやさしい香りがするのですが、アスリズムよりも香りは控えめに感じました。アスリズムよりも香りの点では私はこちらの方が好きです。

 

 

ちなみに、アクアリッチは ウォータリージェルタイプも購入してみました。

 

 

アクアリッチ ウォータリージェル SPF50+

SPF50+/PA++++

こちらもスーパーウォータープルーフタイプで落とす際はせっけんで落ちます。

 

ぷるぷるのウォーターカプセルが配合されていて、乾燥を防ぐようなアイテムとのことです。

 

エッセンスよりもゆるいリキッドなので、広範囲に素早く伸ばすのはこちらの方が使いやすいかもしれません。脚や腕など広範囲に塗る際にはウォータリージェル、手の甲や首周りなど細かい箇所にしっかりはエッセンス、など使い分けてもいいかもしれません。

 

 

 

日焼け止めは、SPFやPAだけでなく、汗や擦れに強いのか、塗り心地はどうか、肌乾燥はどうか、香りはどうか、価格はどうかなど気になる所は沢山ありますよね。

 

 

ビオレのUVシリーズは学生の頃から愛用していますが、どんどん使いやすくなってきているなと思います。今回ご紹介したアイテム、どれも使いやすく、ドラッグストアでも手軽に購入でき、全身使いにぴったりだと思いました。

自分の生活スタイルやその日の予定に合わせて、日焼け止めを選んでみてください。