夏にもぴったり、秋にも使えるカラー

 

新作コスメはすでに秋冬アイテムが続々と発売されています。

まだこんなに暑いのに、もう秋冬かぁと毎年思っています。

 

思えば、私が大学生時代に働いていたアパレルブランドでもこの時期にはニーハイブーツを販売しはじめていました。暑い日でも、お店で秋冬物を見るとなんだか新鮮な気がして購買欲も刺激されますよね。

 

ニーハイブーツは今購入しても暑すぎてすぐに使えるわけではない…!ですが、コスメは秋冬カラーであっても、夏にぴったりカラーでも選び方や使い方次第で長い間使うことができます。

 

せっかく新しく購入するなら今すぐ使えて、秋冬にも沢山使っていきたいですよね。

今回は夏にも、秋にも使えるお優れアイテムの中から、私もお気に入りで日々使っている、これからも沢山使うであろうアイテムをピックアップしてご紹介致します。

 

 

夏も秋もコスメで楽しむ!

リップの色で顔の印象を大きく変えることができます。

その分、リップ色がしっくりきていないとメイクのバランスが崩れてしまったりするので、どんなカラー、質感のアイテムを使うのかはきちんと選びたい所ですね。

 

春夏は比較的フレッシュで明るめのカラーを取り入れたメイクが多く、秋冬は少しくすんだ深みのあるカラーを取り入れたくなります。しかし、必ずしもそういったカラーを使わなければならない訳ではありません。

 

 

レディット ミラーレスティントルージュ 03

例えば、今の時期に買い足すのであれば少しブラウンよりのカラーがおすすめです。

 

 

こっくり濃くなりすぎてしまうと少し重たい印象になってしまう可能性もありますが、唇に軽いタッチでのるようなカラーであれば夏にも秋にもぴったりです。こちらは、コーラルに少しブラウンを混ぜたような、使いやすい色味です。

 

合わせるアイシャドウでも雰囲気が変わりますよね。秋はカーキーカラーのアイシャドウと組み合わせると、ぐっと季節感もUPします。

 

 

 

エレガンスクルーズ ライブリールージュ PK07

また、ピンクリップは目元に使うカラーを変えるだけでも印象ががらっと変わります。

 

夏には明るいピンクカラーを目元に使ったり、秋にはパープルカラーを合わせてみるのもいいですね。

 

 

では、アイシャドウはどんなもだと夏でも秋でも使いやすいのでしょう?

アイシャドウに関しては、どの程度使うのか、どんなカラーと合わせるのかで仕上がりの印象は操りやすいです。

 

SHISEIDO オーラデュウプリズム 04

 

例えば、ゴールドシャドウ。

 

 

夏であれば、さらっと瞼にひと塗り仕上げでもいいですね。

 

秋になったら少し深みをプラスする為に締め色で印象を変えてもいいでしょう。

 

また、冬になったら上瞼にピンク系シャドウを使ってから、下瞼にゴールドラメをキラキラ輝かせても可愛いですね。

 

 

そしてチーク。

 

チークはなかなか減らないから、お気に入り1つあれば十分!確かに、そうですよね。

しかし、チークはのせる範囲が広いので、顔全体の雰囲気がどんな方向を向いているのかを作る重要なポイントになります。

 

例えば、夏にぴったりな明るめピンク。

秋冬にはもう少し落ち着き感を出したい時もあるでしょう。

 

 

そんな時には、シェーディングやプレチークをうまく活用しましょう。

 

THREE シマリングウローデュオ 01
ルナソル シェーディングチークスN 01

 

チークをのせる前に、先にシェーディングやプレチークを仕込んでおきます。

 

 

その上から、チークを重ねます。すると、自然と少し落ち着き感のある仕上がりになります。

お気に入りのチークがあるという方は、シェーディングで季節感を操ってみてください。

 

 

お気に入りのコスメは、季節関わらず沢山使いたいですよね。

合わせるアイテム、使い方を少し変えるだけでも、夏にも秋にもぴったりコスメとして使うことができるかもしれません。

 

夏、秋にぴったりアイテムをお探しの方はぜひお試しください。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ