究極のクレンジングの条件とは?

 

先日3日間に渡って開催されたBeauty world Japanでは、沢山の方々がPARTIEブースまでお越しくださいました。

 

 

 

ブースには体験コーナーを設置させていただき、なせPARTIEのリッチモイストクレンジングオイルが肌へ与える負担を少なくしてメイクオフできるのかを体験していただきました。

 

 

 

【究極のクレンジング】とは?

 

 

究極のクレンジングの条件をPARTIEでは、

■重要なメイン成分へのこだわり
■肌負担が少ない成分設計
■素早く馴染み、しっかり落ちる
■肌が敏感な時にも使える安心処方

としています。

 

 

 

 

 

■重要なメイン成分へのこだわり

オイルクレンジングは、メイン成分であるオイルが重要です。
ここで、使用感や洗浄力、洗い上がり後の肌が変わってきます。

 

ライスブランオイルは美容好きな方がとても注目している成分です。
それはなぜなのか?

 

スーパービタミンE(トコトリエノール)がライスブランオイルには含まれており、ビタミンEの50倍の抗酸化力を持っています。

 

 

酸化しにくく、活性酸素除去効果があるので、クレンジングのオイルとして使うに適しています。

 

また、γ-オリザノールも含まれており、皮膚の血行をよくし、肌を若々しく活性させる働きがあります。

リッチモイストクレンジングオイルを使用した後に、顔色がよく見えくすみがなくなったように見えるのは、ライスブランオイルのおかげが大きいのです。

 

 

そして、コメヌカスフィンゴ糖脂質という肌の潤いを閉じ込め、外部刺激から肌を守るものも含まれています。

もちろん、クレンジングは洗い流すものですが毎日使うからこそ、潤いを逃さないようなものを使用するべきなのです。

 

 

■肌負担が少ない成分設計、素早く馴染み、しっかり落ちる

リッチモイストクレンジングオイルは、ライスブランオイルをメイン使用、他処方により肌負担が少ないクレンジングになっています。

 

 

展示会でも、メイク馴染みの良さと驚きの乳化の速さを体感していただき、日本のみならず海外の美容関係者の方から嬉しいお言葉を頂戴しております。

 

 

メイクへ馴染むまで時間がかかり、乳化にも時間がかかるとそれだけクレンジング時間も長くなります。
クレンジング時間をできるだけ短くすることで、潤いを落としすぎることもなくメイクオフをすることができます。

 

 

また、クレンジングオイルと洗い流す水をまじ合わせる為に配合されている界面活性剤は肌刺激の心配のない非イオン界面活性剤を使用しております。

 

香料、着色料、エタノール、シリコーンフリーなども配合されておらず、落とすこと、肌負担をかけないことを第一に考えた設計になっているのです。

 

 

■肌が敏感な時にも使える安心処方

クレンジング時は、肌が敏感になりがちです。
安心して使っていただけるようなアイテムにしたいということから、
・グリチルリチン酸
・カミレツ花エキス
・コンフリー葉エキス
・ローズマリー葉エキス

を配合しています。

 

肌荒れ時にも安心してメイクオフができます。

 

 

忙しい女性は本当は素早くしっかり落ちるものがいい。しかし、乾燥や肌負担が気になる。
その悩みをクリアした究極のクレンジングオイルがリッチモイストクレンジングオイルなのです。

 

 

クレンジングで肌負担を減らすことこそ、美肌になる、美肌維持への大切なポイントとなります。
究極のクレンジングをぜひご体感ください。

 

 

 

 


PARTIE リッチモイストクレンジングオイル

 

 

 

Beautyコンテンツはこちらから

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

8/5

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ