テカリすぎない自然なツヤ肌メイク

 

せっかく綺麗に作ったツヤ肌メイク。
しかし、テカって見えてしまったり崩れやすかったりすることもありますよね。

 

ナチュラルにツヤ肌メイクもしたいならば、ツヤツヤというよりも自然なツヤを演出するのが大切です。
あまり人工的すぎず、自分の肌が潤っていてツヤを感じるような仕上がりが理想です

 

ツヤ肌に仕上げることができるアイテムは沢山あります。
それぞれの良さを引き出し上手く使って、自然なツヤ肌メイクをしてみましょう。

 

 

 

自然なツヤ肌ベースメイク

 

ツヤ肌仕上げのアイテムは様々あります。
・下地
・ファンデーション
・ハイライトパウダー
・ハイライトクリーム
・リキッドハイライター

これらは、それぞれ強みが違います。

今回は自然なツヤ肌ということなので、下地を2つ活用してメイクをする方法をご紹介したいと思います。

 

 

まずは、こちらがスキンケア後のすっぴん状態の肌です。

普段の肌負担をかけないスキンケアやメイクのおかげで、吹き出物などのトラブルはありません。昔は荒れていた肌も、肌のことを考えてスキンケアをするようになってからよくなりました。

肌荒れ時の考え方と今の考え方

↑この記事に、肌がカサカサ荒れていて時のことを書いています。

(愛用アイテムはMy favoirte itemsにのせています。)

 

しかし、よく見ると皮膚が薄い部分の小鼻まわりは赤みが目立っていたり、血管が透けて見えている箇所もありますね。また、私は小さい頃の水疱瘡の跡が頬や目の下や上にいくつかあるので凹凸もわかるかと思います。
毛穴は大きく目立ってはいませんが、あるのは確認できますね。

 

 

まずはここに自然なツヤ仕上がりで、こういった肌ムラ(赤みや血管の透け、毛穴など )を均一にする程度のカバー力のある下地を使います。

 

PRATIE グロウグロスCCベース

 

先月発売してから、とても人気のアイテムです。

綺麗に見せるのは当たり前、美肌ケアもできるアイテムなので日中メイクをしていて肌へ負担をかけてしまうかもという罪悪感もありません。

 

これを顔全体に塗ります。

塗った状態がこちらです。

 

何も塗っていない状態と比べると、毛穴目立ちがぐっと減りましたね。
また、透けていた血管も目立たなくなり、小鼻の赤みも気にならない程度にカバーできました。

毛穴レスのフラット肌に仕上がるのに、隠している感じもないのがこの下地のいい所です。

 

ただ、水疱瘡の凸凹などを埋めるのは難しいです。
これを埋めようともっとカバー力があるものを使うと、全体的に厚ぼったく覆った感じの仕上がりになってしまいます。
気になる場合は個別でコンシーラーなど使うといいと思います。
私は、水疱瘡の跡は仕方がないと割り切っているので特にこの上から何かを塗って隠したりはしていません。

 

これだけでもツヤっぽさはあるのですが、場所によってはもう少しだけプラスしたいですよね。

ベースメイクの最後にパウダーやクリームハイライターなどでツヤ仕上げしてもいいのですが、これらのアイテムはどちらかといえばしっかりツヤが演出できるアイテムです。
今回は、あくまでも「自然に」がテーマなので下地でつくっていこうと思います。

 

ローラメルシエ ファンデーションプライマー ラディアンス

 

パール感がしっかりある下地です。
これ単体では顔の色ムラなどの補正はできませんし、紫外線カット効果もないので全体使用というよりポイント使用がオススメです。

 

今回は、目の横Cゾーンにこちらをのせます。

パール感がしっかりあるのが見て分かるかと思います。

 

 

馴染ませると、このような仕上がりになります。

 

他部分よりも少しツヤっぽさが増しましたね。

 

 

ちなみに、このようなパール感がしっかりありツヤ仕上げができるアイテムは毛穴悩みがある場所には使用しないことをオススメします。

というのも、パール感があるものをのせるとどうしても毛穴部分が目立ってしまうんです。
Tゾーンなど毛穴が目立ちそうな部分は自分の肌と相談して使うといいですね。

 

また、もっとカバー力が欲しいという場合はここでファンデーションやコンシーラーも使いましょう。

 

 

これでベースメイクを完了!としてもいいのですが、このままだと結構なツヤツヤ加減です。
そこで、上から軽くパウダーを重ねます。

 

ジバンシイ プリズムリーブル 1

 

パウダーを重ねるとツヤっぽさは減少します。
まずはよれやすい目元や口元、Tゾーン部分(よく動かす部分はよれやすくなります。)にパウダーをさらっと重ねます。
そのままパウダーは足さずに顔全体にパフで優しくおさえつけるようにしてツヤを自然にしていきます。

パウダーは重ねすぎないようにするのがツヤを自然に残すポイントです。

 

 

先ほどよりはツヤは減りましたが、光が当たるとツヤっぽさがでてとても自然なツヤ仕上がりになりました。

 

ツヤ足しした部分も、全体よりもツヤっぽさはきちんとでていますね。

 

 

顔のメリハリを出すために、シェーデイング、ハイライト、チークをしてベースメイクは完成です。

今回、これらのアイテムは全てパウダー系を使いました。

 

このくらい自然なツヤだと、作っている感じもないので元から肌は潤ってツヤ感があるように見えますよ。

 

ちなみに、ハイライトパウダーでよく使うのはこの2つ。

M・A・C エクストラ ディメンション スキンフィニッシュ ダブル グリーム

 

CHANELのプードゥル ルミエール グラッセ

 

 

チークポップで美肌メイク

(こちらの記事にのっている写真のベースメイクは、今回紹介したアイテムを使っています。)

 

また、チークをクリームやリキッド系にするとよりツヤっぽさは出すことができますね。
このあたりはお好みで色々とアイテムを組み合わせてみてください。

 

 

肌が綺麗であると、気持ちも上向きになり毎日を充実して過ごすことができます。

 

日々のスキンケアやメイクイアテムを工夫したり、メイク方法を活用して綺麗な肌に仕上げてみてくださいね。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ