伏し目がちな目元を要チェック!

 

鏡を見てメイクをしていると、自分の正面の顔ばかりに気を取られてしまいますよね。
しかし、見られている自分は真正面を向いている時だけではありませんよね。

 

あなたが周囲の人を見る時、どのような角度、どのような瞬間が多いですか?

 

意外と多いのが、下を向いている瞬間です。

 

字を書いている時、食事をしている時、パソコンを売っている時などなど・・・。

 

 

そこで今日は、伏し目がちになった瞬間でも綺麗な状態でいる為のチェックポイントをご紹介致します。

 

 

伏し目がち時の目元をチェック!

 

メイクをした時は綺麗な状態なのは当たり前ですが、少し時間が経ってからの状態はどうですか?

 

よく見かけるのは、伏し目がちになった時にマスカラやアイライナーがよれて黒い点々がついてしまっている状態。

繊維入りのマスカラを使用している場合や、ポロポロとカスが出るタイプのアイライナーを使用している場合によく起こってしまいます。

 

近くによって見なければ分かりませんがこういった箇所の丁寧さを感じると、「隅々まで気をつけているんだな」という印象を持ちますよね。
マスカラ繊維やアイライナーのポロポロがついているなという方は1回、2回だけでなくほぼ見る度に毎回ついています。

 

自分では気がついているようで気がつかない部分なのでメイク直し時に片目を閉じて確認するようにしましょう。

また、アイテムを変えることで対応もできます。

 

 

そしてもう1つチェックしてほしいのが、目尻のアイライン。

長さにかかわらず、アイラインの終点は綺麗にすっとなっていますか?

 

ブチッと切れてしまったアイラインの終点だと、せっかくの綺麗なアイメイクが一気に台無しになります。

特に、少し下を向いた時にアイラインの終点がよく見えるので、鏡で顔の横からアイラインの終点は綺麗に仕上がっているのかを確認しましょう。

 

 

 

そして、もう1つ。

綺麗なグラデーションになっているかを確認しましょう。

 

アイシャドウを目のキワに向かって濃くなるように重ねていくと、目を開けている時には違和感を感じなくても伏し目がちになった時に「ん?」というくらい色のグラデーションが不自然になっていることがあります。

 

 

特に、アイラインをぼかしたり、目のキワに濃くはっきり下色をライン上にのせている時が注意です。
チップで重ねると色もはっきりしているので必ずブラシなどで境界線をぼかすようにしましょう。
また、チップで思った以上に太く入ってしまっていることもあるので、注意が必要です。

 

私は、普段はブラシでふんわり乗せてぼかす方がおおいですが、チップでのせる時は、一度ティッシュで余分なアイシャドウを抑えてから薄く、薄く数回重ねていきます。

 

 

鏡で見ている自分と、人に見られている自分ではどんな部分をチェックしているのかが異なります。
自分では気がつかないようなことでも、人から見るととてもよく見えている場合があります。

 

 

 

メイクはこのようなちょっとした丁寧さで出来栄え、クオリティがさらにいいものとなるので、自分を客観的に見てメイク直し時など確認をするようにしましょうね。

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ