ベーシック色メイク!ヴィセシャドウ+クリニークチーク

ここ最近は、季節感のあるカラーメイクを

ご紹介させていただいておりましたが、

日常生活にするのは、

やっぱりベーシックなメイク!

 

 

そしてベーシックな基本的なメイクができてこそ、

応用メイクもできるものです。

 

今日は、プチプラシャドウでも有名な

viseeのアイシャドウと、

自然になじむクリニークの紫チークを使った

ベーシックメイクをご紹介致します。

 

 

プチプラシャドウも塗り方一つで変わる!

今回使用するのは

CIMG7999

ヴィセ リシェ グロッシーリッチアイズ BR-5

です。

 

ドラッグストアで購入できる1000円代のアイシャドウの中でも

粉飛びが少なく、発色もよく、使いやすいので

Viseeはよくチェックするコスメブランドです。

 

 

このお色は、普段使いにもってこいのベーシックなお色。

 

早速プロセスといきたいところですが、

その前に。

 

 

私はナチュラルで崩れにくいメイクをしたい場合は

付属のチップではなく、

「ブラシ」を使うことをオススメしています。

 

 

以前も、

お金を使って新しいものを買う前に!!アイメイクはまだ工夫できる!

という記事でこのヴィセのシャドウを使い、

ブラシやチップでの付き方の違いはご紹介させていただきました。

 

 

発色の仕方にも違いがあるのですが、

メイク崩れにも効果があるんです。

 

よく、アイシャドウを塗りすぎて二重の線に溜まってしまっている方を目にします。

また、アイホールに塗っていたはずのシャドウが、涙袋の下に付いている方も。

 

 

成人であれば、1分間に約15〜20回ほど瞬きをしています。

今は、パソコンやスマートフォンの普及で、ドライアイの方も多く、

そういった方は、瞬きの回数はもっと増えるそう。

 

 

そんな、とてつもない回数、瞬きしているのですから、

軽くまぶたに粉をつけたら、

そりゃあ、メイクは崩れる訳です。

 

 

話が少しそれましたが、メイク講座では、

実際、ブラシを使ってのシャドウの乗せ方をします。

 

今日はその方法も画像を交えながら説明いたしますね。

 

 

まず、ブラシでアイシャドウをとります。

CIMG7958

 

 

 

そのあと、一度ティッシュなどでブラシをおさえます。

CIMG7959

 

 

こうすることで、無意識にとりすぎた粉を落とすことができます。

CIMG7960

写真でも、余分な粉がティッシュについていますよね。

また、ブラシにもしっかりシャドウがついています。

 

 

実際にまぶたに乗せるとき。

ぱっぱっと乗せるのではなく、

短い線を書くように、ブラシを動かします。

 

 

 

今回ですと、

CIMG79991

 

 A→B→C→D

の順版に縦にグラデーションになるよう入れます。

 

 

CIMG7944

A→B→C

まで、順にこの方法でのせたら、

少し大きめのブラシで、

CIMG7945

まぶたとシャドウを更に密着させるように

なじませます。

 

 

これを行うと、

メイク崩れ予備軍の粉を落とすことができ、

グラデーションも綺麗につくることができ、

ツヤ感もUPします。

一石二鳥、なんてもんじゃないですね。

 

ここが1番重要なので必ず行ってくださいね。

 

 

 

 

そのあと、アイラインを引いたら、

CIMG7951

 

最後に1番濃い色のDをラインの上に乗せます。

 

ラインがしっかり強調されているよりも、

ラインもグラデーションの一部かのようになっている方が

よりナチュラル感を出すことができます。

この濃いシャドウをライン上に乗せたあと、

先ほど使った大きいブラシで、

また同じようにまぶたとシャドウをなじませます。

CIMG7953

 

 

 

ちょっと、ブラシでなじませる工程が多い!?

とお思いかもしれませんが、私はこの方法でいつもメイクをしていて、

目元がよれたことがありません。

夏場のこの暑い時期でも、メイク直しはほぼ必要ないのです。

 

 

 

同じシャドウでも、

ここまで丁寧にやってあげると、

仕上がりが全く違いますよ。

 

 

チークは、ほんのり

アイメイクが綺麗にできたのに、

頬が、赤すぎる!チークが目立ちすぎ!

ではもったいないですね。

 

くすみ払拭方法などでも、よく登場する

CIMG7712

クリニーク チークポップ 15

 

は、一見紫ですが、肌にのせると、

うす〜いピンクに発色します。

 

CIMG7986

(アイメイクは、上で紹介した方法でしたものです。)

 

この色が肌馴染みがよく、また薄付きなので

チークをつけすぎて変!?といったことが起こりにくいです。

 

私は、ブラシでとって、もう少し色味がほしいな、と感じたら

また重ねてつけてあげています。

 

 

チークの調節が上手くできないという方にオススメのお色です。

 

 

 

ナチュラル=薄い

ではなく、自然であるということです。

 

よって、シャドウをつけるときでも、

丁寧に1つの工程をしてあげることで

仕上がりがとても綺麗に、自然になるのです。

 

 

 

ブラシはまずは、ドラッグストアに売っている数百円のものでOKです。

 

 

高いアイシャドウは、ラメやパールが綺麗だったりと、

素敵な部分はたくさんありますが、

高いものも、安いものも、

まず大前提は自分が綺麗に使いこなせるかどうかです。

 

 

 

ベーシックなメイク、マスターしましょうね。

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>SelfBeauty Lesson

-美の3大要素をパーフェクトに!-

2018/7/22

印象をつくる3大要素。それは、ヘア、眉(目元)、口元。

この3大要素をしっかりマスターして美を手に入れましょう!

 

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

8/5

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ