コームで30秒アップヘアプロセス

時間がない朝、簡単にアップヘアができたらなぁ

 

そんな時こそ、アイテムに頼りましょう!

 

たったの30秒でアップヘア、すっきりまとめ髪ができます。

 

最初、慣れるまでは難しいかもしれませんが、

できるようになったら、楽すぎてびっくりしますよ。

 

今日つくっていく髪型は、

先日Instagramにも投稿させていただいた

 

ファイル 2016-06-30 16 38 37

 

こちらの髪型です。

 

これを応用すると

30-6 30-7

 

こんな髪型もできます。

 

 

このアレンジはコームを使っています。

 

ファイル 2016-06-30 15 07 27

ヘアアレンジ初心者の方は、

このコームのように、

たくさん足がついているものの方が、

しっかり留めることができます。

 

慣れてくると、足が2本のものや、

スティックなどでもできるようになります。

もちろん、ヘアピンでもできますよ。

 

では、さっそくプロセスをご紹介致します。

 

 

暑い日にぴったりの簡単アップヘア

 

まず、ベースはこのようになっています。

 

30-1

 

髪を1つにまとめ、ねじりながらあげていきます。

 

30-2

どうしても、このねじりがうまくいかなかったり、

この後、留める時にうまくいかない方や、

崩れにくくしたい方は、

ゴムで髪を1つに束ねて結んでから

ねじりあげても大丈夫ですよ。

 

 

そして、なじりあげたら、コームの写真のように刺します。

30-3

 

この時、ねじってきた髪を少しすくうような形で刺しましょう。

この時、髪をたくさんすくっても、

とめずらくなるので、

自分で調整しながら行ってくださいね。

 

そして、このコームを

 

CIMG5022-1

 

写真の矢印の方向に回転させてください。

このとき、

コームの足先の部分の位置を動かさないように、

その点を軸にするイメージで回転させてください。

 

 

すると、

30-4
 

このようになりますね。

 

ここまできたら、コームを差し込む。
これで完成です。
毛先をすこし、整え

30-5

 

 

このような感じになりました。

 

30秒で、できる!のは本当でしょう。

プロセスはとても簡単なんです。

 

 

ポイントは、

・ねじる時は強くねじりあげる

・コームはしっかりさしこむ

・コームを回転させるとき、軸は動かさない

ということです。

このポイントができれば、

しっかりととめることができます。

 

今回は、毛先をだしたままでしたが、

毛先を中に入れ込むと、

最初にあげた画像の

30-6 30-7

 

このような夜会巻きが簡単にできます。

寝坊して、時間がない時など、

夜会巻きをしてすこしラフにほぐしても

可愛いのではないでしょうか。

 

そして、心配な方は、

ヘアピンなどで追加で固定してもいいでしょう。

 

 

ご紹介した通り、プロセスは簡単ですが、

何度か練習しないと、留めがゆるかったりするので、

何度か入浴前などに練習してみてくださいね。

 

 

アイテムの使い方次第で幅が広がる

コームは見た目がかわいいけど、

使うのが難しいそう!

といままで思っていたのではないのでしょうか?

 

でも、こうプロセスを確認すると、とても簡単でしたよね。

 

クリップやバレッタも同じです。

飾りとしても、もちろんですが、

ヘアアレンジに活用すると、

自分のヘアスタイルの幅が広がります。

 

 

カテゴリーの「ヘアスタイル」に、過去のアレンジもたくさんあるので、

ぜひ、ご覧くださいね。

 

また、さいたま新都心のコクーンシティでのセミナーも、

早い段階からご予約が埋まり、ご参加のご予約をいただいた皆様、

ありがとうございました。

 

 

 

暑い夏はこれから!

可愛い髪型で、夏も快適に過ごしましょうね。

 

 

そして、ブログの更新は

twitterにて毎回お知らせしているので、

アカウントをお持ちの方は、ぜひフォローしてください♡

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ