唇荒れをなおす、縦じわをなくす、パック方法!

 

肌寒く、朝ベッドから起きるのが辛いな、

と感じるようになってきましたね。

 

 

スキンケアで、肌は保湿が大切です!

と何度も書いていますが、顔には他にもこの季節に

悩みを持つ部分がありますね。

 

それはです。

 

 

唇が皮むけしてしまうと、

口紅やリップを塗っても見た目も、持ちもイマイチ。

 

 

メイクをするにも、

綺麗な唇をキープしておきたいですよね。

 

cimg0133

 

そこで、すでに荒れてしまっている方も、

そうでない方もできる

唇の保湿、荒れの治し方をご紹介致します。

 

 

 

保湿+抗菌作用を利用!

 

使うものは、

cimg0362

ワセリンとはちみつです。

 

はちみつには、抗菌作用というものがあります。

海外では、医療現場でも使われることがあるとのこと。

 

特に、傷口に使われることが多いそうです。

 

傷口での菌の繁殖を抑制することで、

傷口の再生を早める効果があるとのこと。

 

私は唇が薄く、皮も薄いので

すぐに荒れて、皮もむけてしまいます。

 

なので、よくこの方法を使うのですが、

しない時よりは治りも早く、

保湿もできているように感じます。

 

 

ただ、はちみつだけだと、

とろ〜っとしているので塗った後も垂れてしまったり、

使いにくいので保湿効果のあるワセリンと混ぜて使います。

 

 

では、使用方法をご紹介。

 

 

 

荒れを治して保湿!

cimg0367

ワセリンを出します。

 

 

cimg0371

はちみつと、ワセリンを大体、

1:1くらいの割合になるくらいの量をだします。

 

cimg0373

綿棒でくるくるとなじませ、混ぜていきます。

 

 

こちらを、唇に塗ります。

私は、綿棒につけて唇につけています。

 

cimg0376

 

 

つけたらこのままでもOKです。

上から小さく切ったラップをのせてあげてもOK。

 

 

2、3分程、のせたまま放置します。

 

 

その後、擦るのはNGなので、やさしく!

ティッシュで軽く押さえてはちみつ・ワセリンを拭きましょう。

 

はちみつの香りが苦手という方は

ぬるま湯でさ〜っと軽く流してあげましょう。

 

 

 

 

これでケアは完了です。

 

 

唇荒れが気になるな、という時に行っています。

2、3日に1回程度の頻度で私は行っています。

 

 

口紅を塗って、縦じわが気になる時や、

リップ乗りがわるい時などにも行っていただければいいかと思います。

 

 

唇が荒れているからといって、

なめてしまったりすると乾燥してしまい、

余計悪化してしまいます。

 

 

唇は、顔のように皮脂がでませんよね。

なので日中はリップでケアをして、

ワセリン+はちみつパックを

お家ケアで行ってみてくださいね。

cimg0404

 

ちなみに、このブログでも

はちみつを活用した美容方法をたくさんご紹介しています。

 

食べるにも、もちろん美容に嬉しい効果があるのですが、

外側からのケアにもかなりはちみつは使えます。

 

1本は持っていると便利ですよ。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ