肌の透明感メイクはファンデーションではなくコレで作る!

 

 

透明感のある肌をメイクで作るには、ファンデーションで作り込むだけではなかなか再現するのは難しいですよね。

薄く塗れば透明感がでる訳ではないですし、厚くしっかり塗ると透明感とはかけ離れてしまいます。

 

透明感のある肌を作るには、ファンデーションで作るよりはコントロールカラーを上手く使う方が作りやすいです。
ただ、コントロールカラーを使った時に、色をのせすぎてしまい逆に顔色が悪くなってしまったり、肌の色ムラが悪目立ちしてしまったりして使いにくいと感じている方も多いです。

 

今日は、厚塗りになりすぎず、適度に色ムラをカバーして透明感を出すことができるアイテムをご紹介致します。

 

 

肌の色ムラをカバーして透明感を出すメイク!

 

今回ご紹介するのは、

 

Dior フィックス イット カラー

 

こちら、過去にも何度かご紹介したことがあるアイテムです。
最近だと、「【2017 favorite items】お気に入りコスメご紹介!」という記事でもご紹介しましたね。

 

 

とにかく、このアイテムはとてもお気に入り。
このコントロールカラーで透明感を出しているといっても大げさではありません。

 

カラーは全4色あります。
私は、アプリコット以外の3色をよく使っていますよ。
(アプリコットはオレンジ系の色です。私の肌色や肌悩みで今はあまり必要ないので使用していないだけで、くすみがひどい箇所などにオレンジは使えるアイテムです。)

 

 

このアイテムのいい所は、リキッド状ではないので厚塗りになってしまうことがないという点が1つです。
色をのせすぎてしまい、逆にそのカラーがしっかり主張してしまうとせっかくのコントロールカラーが台無しです。

 

腕に出すとこのような感じで、こちらをなじませていくと

こんな感じ。写真だと分かりにくいですがうっすらカラーがでているのが分かるかと思います。

 

 

なじませやすく、薄づきだけれでも、カバーしたい色ムラをカラーで補正するにはとってもぴったり!

 

 

 

私は、グリーンは赤み部分に、
イエローはクマがひどい時に、
ブルーは、透明感をぐっと引き出せるのでTゾーン、眉下、目の下に使っています。

 

 

 

下地の後に、こちらを使って色ムラをカバーするだけ。
ファンデーションを使用する時はその後に使います。普段は、この上にパウダーをはたいて終了です。

 

 

肌の色ムラがなくなるだけで、そしてブルーをポイントに入れるだけでこんなに!?とびっくりするほど透明感がでます。

ただ上に厚くファンデーションを重ねるよりも、コントロールカラーでカバーした後にファンデーションを塗った方が均一に綺麗に仕上げることができますよ。

 

 

 

ベースメイクが綺麗に仕上がると、アイメイクやリップなどのポイントメイクもいつも以上に映えます。

透明感のある肌を作りたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

受講申し込み受付開始

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

2018/6/10

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>オンラインビューティーブック

ご自宅にいながらご覧いただけるビューティーブック!セルフ美容を行うポイントなど…♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ

  

 

美肌コース講座を受講生のご感想の一部をご紹介致します♡

(クリックすると画像が大きくなります)