踵の乾燥対策、どうしてる?普段のフットケアから最近買ったもの。

 

秋冬になると、やはり気になるのは肌の乾燥ですよね。顔だけでなく、体ももちろん乾燥を感じます。

私の場合は、顔よりも体の方が季節の変化による乾燥を先に感じることが多いかもしれません。なんだか、ちょっとカサカサするな、かゆいな、入浴後につっぱるな、という本格的な乾燥前にはそういったサインがあります。そんなサインを放置すると、ガサガサ乾燥肌になってしまってケアしても中々よくならず大変な思いをするので、できるだけ早くからしっかりケア意識するようにしています。

 

体だと、例えば踵は乾燥しやすいパーツの1つだと思います。また、角質も溜まりやすい部分なので、頑固なガサガサ肌になってしまいやすいです。タイツやストッキングが引っかからない、つるっとした踵を維持したいものです。
今回は、私がしている普段の踵の乾燥対策や、最近買って使ってみたものなどをご紹介します。

 

 

 

デイリーケアでこつこつ、スポットで集中ケアを

 

踵の乾燥対策で具体的にしているのは、角質対策と保湿対策です。

 

踵は角質が溜まりやすい部分でもあるので、角質ケアは定期的に行うようにしています。私の場合は週に2、3回程度でしょうか、スクラブで踵の角質ケアをしています。

 

ボディスクラブ使い分け!SABON、giovanni、CLARINS!

 

使っているアイテムはこの記事にのせたようなアイテムです。しっかり行いたい時はソルト系、軽くささっと行いたい時はシュガー系を使います。

週2、3ペースで行っていると、古い角質も溜まりにくくなるので、ガチガチになってからケアするということはあまりないかもしれません。

 

 

ただ、たまに忙しくできない時が続いた時には、入浴時に軽く擦って使えるようなスムーザー(やすりファイルのようなもの)を活用することもあります。ただ、ここ最近はほぼ使っていないので、主な角質ケアはスクラブで行うのが好きです。

そして、毎晩保湿ケアはきちんと行うようにしています。

脚のマッサージ時にオイルやボディクリームを使うのですが、それとは別にガミラシークレットのフットバームを踵には使用しています。

 

今年のハンドとフットの保湿はガミラシークレットで!

 

昨年も愛用していましたが、今も続けて愛用しています。

 

 

バームというと少し硬い、伸ばしにくい、ベトベトするイメージがありますが、こちはバームとクリームの中間のような使用感です。
チューブから出した時には少し硬めのクリームの様な感じ、肌にのせて伸ばすとスッと馴染んでいきます。ベタつき感が強くないところも好きなポイントです。とは言っても、塗ってすぐに素足であるけば床に着いてしまうので、靴下等を履いて踵を保護しています。

 

 

これが、普段の私の踵ケアです。それにプラスして使ってみようかなと最近購入したのがこちらです。

 

ドクターショール
足用集中保湿パック

週1程度で使ってみようかなと購入しました。

 

 

20分履いているだけのスペシャルケアアイテムなので、普段は忙しくなかなかこまめなケアはできないという時にも良さそうだなという印象です。

 

 

 

私はドラッグストアで購入したのですが、アロエバージョンと通常バージョンがあります。

 

 

 

箱の中にはこのように1回分(両足分入っています)が小分けになっています。

 

 

中を開けると、このように足をすっぽり入れることのできる袋のようなものが入っています。この中に足をいれて20分そのまま放置です。
平日は忙しくてなかなかケアができない場合でも、週末のリラックスタイムに履いておくだけなどでもいいですね。

 

 

 

20分経過したら、足についている液を肌に馴染ませるようにして塗ってケア完了です。洗い流す等の手間はありません。

 

 

終わった後は、確かにしっとりしています。

 

ただ、これだけすれば全く乾燥しないということはないですね。あくまで普段のケアにたまにプラスして使うアイテムという印象です。ただ、踵は1度乾燥すると毎日クリームを塗ったところで中々改善していかないパーツでもあるので、こうやって色々な方面からアプローチしてケアしていくのはいいのではないかなと思います。

あと、履いているだけでいいというのはやっぱり楽ですね。

Amazon.co.jpで見る

 

 

乾燥が本格的に気になり始める時期です。顔も体も、早めの対策をしましょう。