炭酸パック!ドクターメディオン、メディプローラーそれぞれ使ってみた比較!

 

最近、再注目されている炭酸パック。

 

炭酸パックブームは以前にも何度かありました。私が学生の頃に以前の炭酸ブームがありました。レストランなどで出てくるパンに塗るジャムとマーガンリン容器に似たような容器というか袋のようなもので、区切られている2つの液体を使う直前に混ぜ合わせて顔に塗布して数十分たったら流すというものでした。顔に塗ると血行がよくなるのか頬が赤く血色がよくなり、なんだかケアしているなと楽しんで使っていましたね。
確か、当時はバラエティショップで1つ1000円しない程度で購入していたと思います。

 

 

そんな炭酸パック、ここ数年再ブームとなっていますね。少し前から馴染みがあるものも、新しく出た製品も、結構な種類があり購入時はどこをチェックすればいいのか少し戸惑ってしまうかもしれません。

 

そこで今回は炭酸パックで有名なあるドクターメディオンとメディプローラーのアイテムをそれぞれ一定期間使ってみた比較をしたいと思います。どちらも同じ会社からでているものですが、ブランドが異なる為、似ている所もありますが違いが多くあります。

 

 

 

炭酸パックでセルフケア!期待できることは?

 

自宅でできるセルフケアとしては炭酸パックは上手く活用するといい変化を感じることもできると思います。血行がよくなり、ターンオーバーサイクルを促すような働きが起きたりといったことが炭酸パック使用後に感じやすいと思います。

 

では、今回比較する炭酸パックをご紹介します。

 

ドクターメディオン
炭酸パック スパオキシジェル
3回分 3,700円+税
10回分 12,000円+税

メディプローラー
CO2ジェルマスク
6回分 9,200円+税
12回分 18,000円+税

 

 

どちらも株式会社メディオン・リサーチ・ラボラトリーズのブランドです。なので、使用方法等は比較的似ています。見た目も似ていますよね。しかし、実際の使用した感じは違いがしっかり分かるほどあるので、この2つで選ぶ際には自分に合った方を選びやすいと思います。

 

 

まず、価格の比較です。

ドクターメディオンの炭酸パック スパオキシジェルは、お試しにもよさそうな3回分、継続使用もできる10回分とあります。また、定期便もあるので長期間使い続けたい方はそちらがよりお得です。
1回あたりの価格に換算(10%税込)すると、3回分を購入で1,356円/回、10回分を購入で1,320円/回です。

メディプローラーのCO2ジェルマスクは、6回分、12回分の購入ができます。6回分を購入で1,686円/回、12回分を購入で1,650円/回です。

 

ドクターメディオンの方が1回分あたりの価格はおさえることができます。

しかし、ドクターメディオン10回分、メディプローラー12回分での1回あたりコストは330円です。
1回で330円をどうとるのかは、使用感の違いや使用方法、使用する頻度などにもよると思います。また、1箱購入で使用をやめるのか、1ヶ月に1箱と使い続けるのかでもコスト面で感じることは結構変わるので、人によってこのあたりはチェックが必要かと思います。

 

いずれにしても、1回1000円以上かかるものなので、なかなか高額なセルフケアであることは間違いありません。

しかし、先述した通り炭酸パックは上手く使用するといい変化を感じることができる方もいます。
例えばですが、毎月エステに行っているという場合。行く時間、エステがかかる費用を考えて、自宅ででき月に1万円で健やかな肌維持ができるのであれば、そう高くは思わないかもしれません。
よって、炭酸パックは使う人の目的によっても結構感じ方が違うと思います。

 

 

では、それぞれのアイテムの詳細です。

 

 

ドクターメディオン 炭酸パック スパオキシジェル

 

 

メディプローラー CO2ジェルマスク

 

 

 

 

どちらもジェルと粉末を混ぜるタイプです。成分ものせていますが、もちろん異なりますよ。

見た目の色も少し違いますよね。ちなみに、ジェルと粉末を混ぜ始めるとしゅわしゅわっとしてきますが、このしゅわしゅわ感から違いがあります。メディプローラーの方がしゅわしゅわする感じが強くあります。

そして、肌にのせた時、少しピリリと感じます。これも、メディプローラーの方がしっかりと感じます。このピリリとしたのは数分経過すると感じなくなりますよ。

 

 

どちらも20〜30分放置して、スパチュラでジェルを軽く落としてからぬるま湯で洗い流します。

洗い流した直後のモチっと感、しっとり感は結構似ているのですが、その後スキンケアをしておちついた状態の肌はメディプローラーの方が毛穴も引き締まって見えました。
皮脂もや毛穴汚れも割とスッキリしますよ。ただ、1回ですべてごっそりということはないです。続けると結構スッキリ綺麗な期間が長くなると思います。
夜に使用すると翌朝ももっちりしているので、メイクのりもとてもいいです。

 

 

 

そして今回、私はドクターメディオンは10回分、メディプローラーは6回分を購入しています。また、少し期間をあけてそれぞれを連続使用して使い切っています。

最初は1箱連続使用するのがおすすめとのことなのでその通りにしています。これは確かにおすすめです。ターンオーバーが促されたり、古い角質が剥がれ落ちることによって、すべっとしたもちもち肌に感じます。
ただ、使用をやめて数日経過するとそのもちもち感も落ち着きます。なので、まずは1箱使い、その後は週に数回使用するというのがいいのではないかなと思います。

 

また、連続使用してドクターメディオンとメディプローラーの違いをはっきり感じました。スッキリ感、もっちり感、しっとり感、どれもメディプローラーの方が実感しやすいと思います。ただ、ドクターメディオンで全くこれらを感じないということではありません。ドクターメディオンよりもよりメディプローラーで感じるということです。
価格差のあるアイテムですが、価格差はしっかり反映されていると思います。

 

しかし、だからといって全てにおいてメディプローラーがいいのかというと、そうとは言えないと思います。
メディプローラーを1箱連続使用した翌日、少し脱脂力が高いのか一部分肌の乾燥を感じました。ターンオーバーサイクルが早まったから起きたのかどうかは分かりませんが、そんなにひどい乾燥ではないですが若干そういったこともあったので、こういったアイテムで乾燥を感じやすい方だとドクターメディオンの方が使いやすいかもしれませんよね。

 

ただ、メディプローラーの方が炭酸パックを使っての変化は感じやすいと思うので、その方の肌状態や使用頻度にもよって上手く使い分けるのがよいと思います。

 

 

少しでも安く炭酸パックを継続使用したい方はドクターメディオンをメインに使ってたまにメディプローラー使用するのもいいでしょう。
炭酸パックをしっかり一定期間集中して使いたいならメディプローラーを続けて使用するのもいいと思います。

 

また、継続しようして炭酸パックはターンオーバーサイクルを促したい方にとっては上手く活用できるアイテムだと思いました。

肌のくすみやごわつきがきになる→古い角質がたまっている可能性アリ

毛穴の角栓がきになる→角栓は押し出すのはNG。数日でまたつまり目立つ。ターンオーバーサイクルを整え徐々に排出するのがよいので炭酸パックで促すケアもよい

ニキビ跡が目立つ→ターンオーバーサイクルと共にどんどん剥がれ落ち目立ちを少なくすることも

といったことが期待できると思います。

 

ただ、炭酸パックを使えば後は適当でいいということではなく、基本のケア、肌の汚れをきちんと落として肌表面のモイスチュアバランスを整えるスキンケアをする、というのはもちろん重要です。それにプラスして活用するのはよいのではないかなと思います。

 

 

ちなみに、私は炭酸パックだとフェヴリナも使うこともあります。フェヴリナは肌にのせた時にピリリとほとんど感じません。ピリリが強いのが苦手な方はフェヴリナからはじめてもよいかもしれませんね。結構メーカーによってこのあたり違いがあるので、そのあたり自分に合うものが見つかるとよいのではないかなと思います。

 

 

肌がごわごわする、ニキビ跡の目立ちが落ち着くまで時間がかかるようになった、そういった方は少し贅沢なセルフケアとして試してみるのもよいと思います。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ