リキッドハイライトの中で特にお気に入り!ヘレナとCHANEL比較!

 

顔にメリハリがでたり、綺麗なツヤを出すことができたりするので、ハイライトが大好きです。
パウダー、クリーム、リキッドと様々な種類があり、それぞれ良い所があります。

 

中でもリキッドタイプのハイライトはそのままのせたり、下地として使ったり、手持ち下地やファンデーションに混ぜたりと1アイテムで色々な使い方ができる万能アイテムです。

 

 

私は、パウダーとクリームハイライトもよく使うのですが、リキッドも同じくらい使用頻度が高いです。そんなリキッドハイライトの中でも特にお気に入りなのがヘレナとCHANELのアイテムです。

 

リキッドハイライトが苦手だと思ってしまう理由の1つ、使いにくさを感じないという所もお気に入りのポイントです。そして、なにより仕上がりの綺麗さはいうまでもありません。

 

今回はヘレナとCHANELのリキッドハイライトの良さ、そして2アイテムの違いなどを中心にご紹介をいたします。

 

 

 

2大リキッドハイライト!ヘレナ、CHANEL比較!

 

ヘレナ リキッドライト
30ml、7,000円+税

CHANEL ル ブラン ロージー ドロップス
30ml、6,000円+税

 

 

ヘレナのリキッドライトは長く愛用しているアイテムです。CHANELのルブランロージードロップスは今年の春に新発売したばかりのアイテムなのですが、使い心地や仕上がりもよく購入後よく使っています。

そして、この2つの違いに関するご質問をSNSでも多くいただきました。確かに、使い心地は少し似ています。ただ、比べてみると少し異なる点もあるのでその部分を中心に比較をしたいと思います。

 

 

ヘレナ リキッドライト

リキッドライトはチューブタイプです。持ち歩きにポーチINもできるくらいの重さ、大きさです。
リキッドを出す際にも、チューブを軽く押すのみでOKで、出す量の調節もしやすいです。

 

リキッドを出すとこのような感じです。手の甲に出した途端に流れてしまうほどゆるくはないのですが、クリームほどのかたさもなく、するする伸ばせるリキッド状のハイライトという感じです。ルブランロージードロップスの方がより水っぽいさらっと感がありますが、リキッドライトもとてもするする、さらさら伸びるので、ものすごく大きく違うという感じではありません。

 

色は少しゴールド系の輝きがあります。肌浮きしにくい色味なので、ベース使いにも、ファンデーション混ぜにも、単体のせにも万能使いやすいです。

また、単体で塗った後はペタペタすることがなく、そのままピタッと肌に馴染みます。濡れツヤとはいいませんが、潤い感に満ちた上品なツヤがでます。

 

 

混ぜても単体のせもOKなツヤ出しアイテム!リキッドライト!

 

 

 

CHANEL ル ブラン ロージー ドロップス

ルブランロージードロップスはガラス容器にポンプが付いているタイプです。少し重さもありますし、かさばるので持ち歩きには適していません。
ポンプの押し加減で出す量は調節できますが、量の調節はリキッドライトの方がしやすいかと思います。

 

リキッドは手の甲に出して傾けると少し流れていくかなというくらいの、水テクスチャーよりです。リキッドライトと比べると少しゆるくなる感じですが、使用感としてはどちらも似ています。

 

色は少しピンクよりの輝きがあります。柔らかい雰囲気に仕上げたい時に取り入れるととてもいい働きをしてくれます。

また、単体で塗ってもこちらもペタペタ感はありません。例えば、目の横Cゾーンにのせたとしても、髪が貼り付いてしまうということはありません。リキッドライトと同じく、潤い感のあるツヤ仕上がりになります。

 

CHANELの春コスメ。大人ピンクがとにかくカワイイ。

 

 

この2つをそれぞれ顔にのせているところを動画にまとめました。

 

若干のテクスチャーの違いはありますが、どちらもさらさらとしていて伸びがよいので少量で十分ハイライト効果を得ることができます。

光が当たった時の反射も綺麗ですよね。顔にポイントでのせる程度の量だと、そこまで色味がはっきりと違いがでるという訳ではないですが、ニュアンスの違いはやはりあります。

 

2つ並べるとこのような違いがあります。

このように並べると色味の違いがはっきりわかりますね。実際そこまで気にはならないのですが、色味で決めたい場合は、より肌馴染みの良さを追求して選ぶか、より柔らかさを出せる方にするかという感じで選ばれるとよいのではないかなと思います。

 

リキッドハイライトは万能使いできるので、1つあるととても便利です。

もし、どちらかを購入するなら?と考えるならば自分の使用スタイルやメイク雰囲気から選ばれるとよいのではないでしょうか。

 

・お直し時にツヤをプラスできるアイテムが欲しい→軽く持ち運びしやすいリキッドライトの方がよい。

・全顔使用、ファンデ混ぜが主なのでコスト面も少し気になる→リキッドライトとルブランロージードロップスは同量で発売されているが、ルブランロージードロップスの方が1,000円+税お安い。

・ファンデーションのテクスチャをあまりゆるくしたいくない→どちらかといえば、リキッドライトの方がゆるくなりにくい。

・下地としてさらさらっと全顔に塗りやすいものがいい→似てはいるが、ルブランロージードロップスの方がよりさらっとしているので全顔に塗りやすい。

・ハイライトの色は肌馴染みがよさを追求したい→リキッドライトの方が肌色に馴染みがよい。

・ハイライトは軽くピンクニュアンスがあるものがいい→ルブランロージードロップスの方が色味がピンクより。

 

 

こんな感じで、どうやって使用することが多そうか、また好みのメイク仕上がりなどから選ばれると、より自分にピッタリなアイテムを選べるのではないかなと思います。

といっても、私自身はどちらも大のお気に入りです。なんとなくその日のメイクや気分に合わせてどちらを使うかを決めていますが、どちらの仕上がりも自身をもっておすすめできる綺麗さ、上品さです。

 

 

リキッドハイライトを購入検討されている方は、ぜひこの2アイテムを候補にいれてみてはいかがでしょう。

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ