冬のライトブラウン仕上げ

 

11月1日は、多くのブランドから限定クリスマスコフレなどが発売された日でした。

愛用ブランドからお得なキットがでていたり、冬時期にぴったりなカラーアイテムが発売されたりと、これからより寒くなっていく時期に使えるアイテムが発売されていましたね。

 

冬メイクというと、少し落ち着いたダークトーンをメインにしたり、くすみがかったカラーアイテムが多くなったりします。

季節カラーを使って楽しめるのは、四季がはっきりしている日本ならではで私は大好きです。

 

 

しかし、だからとって季節カラーを使わなければならないというわけではないですよね。

落ち着いたカラーばかりつかっているとたまには派手色を取り入れたくなったり、ダークトーンのカラーより明るいカラーを使いたくなることもあると思います。

 

私も、結構な気分屋なので突然と「今日は明るめカラーがいいなぁ」と思う日もあります。

今日はそんな気分の日にぴったりなライトブラウンメイクをしてみました。

 

 

 

目尻を少し重めにして調整

 

リンメル ショコラスウィートアイズ 011

 

今回メイクに使ったのは、大人気のリンメル ショコラスウィートアイズです。カラー展開も豊富で、黄味がかったブラウンから赤みの強いブラウン、明るさなども絶妙に異なるこのが揃っています。

基本的にはブラウン基調なので、普段使いのブラウンシャドウをお探しの方には好みのカラーがきっと見つかると思います。

 

 

 

011を腕に出すとこのようになります。

1番上のベースカラーはほぼ色はのりません。瞼の色味を整えるのにベースとして使いますが、あってもなくてもいいかなと正直思います。

 

他のカラーは、少し黄味よりのブラウンや、黄色にも赤にもより過ぎないカラーなどがセットされています。
写真は指でしっかりとってのせていますが、ブラシでのせるともっとふわっとした発色になります。

重ねていっても濃くなりすぎず、ライトブラウンのメイクが簡単に取り入れられるパレットです。

 

 

 

せっかくなので、全色使ってメイクをしました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TAMAKI TSUNEOKA/常岡珠希(@tamaki.tsuneoka)がシェアした投稿

 

上瞼は上から順に重ねて仕上げています。

上から3番目のブラウンカラーは、黒目上あたりから目尻にかけて幅広になるようにのせています。締め色も黒目上あたりから目尻にむけて目のキワにのせています。
少し目尻に重さをもってくることで、全体の明るさは損なわないようにしつつ、薄過ぎない仕上がりになります。

 

下瞼には、右下のラメカラーをのせています。少し粉飛びしやすいのでオフィスメイクだと違うカラーを使ってもいいかもしれませんね。

 

 

明るめカラーって、グラデーションを作ってもなんだかイマイチわからなかったりするのですが、今回のメイクは薄く、薄く重ねても自然なグラデーション仕上がりになったと思います。

濃過ぎず、薄過ぎず、目元の印象はしっかりとらえておくと、冬のダーク感のあるメイクにも負けることなく素敵な仕上がりになると思いますよ。

 

 

 

少しダークカラーに飽きてきた、明るめブラウンでも目元の印象アップは忘れずに行いたい、そんな時におすすめのメイクかなと思います。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ