素敵顔になる為にもう1アイテム使うなら?

 

2019年、昨年よりも自分の理想に近づけるよう行動したり、より素敵顔にメイクを仕上げたりして自分の気分をどんどんあげていきましょう!

特にメイクは少し使うアイテムを変えたり、新しく加えることで今までと雰囲気を変えたりすることが簡単にできますよね。

 

素敵顔になる為に、もう1アイテム追加するなら?どんなものを使いますか?

 

 

今回は、いつも以上に素敵顔に仕上げることもできるもう1アイテムをいくつかご紹介いたします。

その中で、自分のメイク悩みやより印象的に見せたい部分を考え取り入れてみてください!

 

 

もう1アイテム追加で素敵顔に!

 

基盤となるベースメイクは、仕上がりのクオリティを左右する重要なポイントです。

ベースメイクを綺麗に仕上げることができれば、ポイントメイクもより映えます。
逆に、ポイントメイクは上手くいっても、ベースメイクがボロボロだととても勿体無いのです。

 

よって、ベースメイクには力を入れるべき。

 

中でも、透明感を出したり、ツヤを出すと、健康的な美しさを感じる肌基盤ができます。

 

ベースメイクアイテムでパール入りのものを使ったり、厚塗り感がでにくいものを使うのもオススメです。

また、ポイントで透明感仕込みもしてみましょう。

 

Dior フィックスイットカラー ブルー

 

ブルーを肌にのせたら、青白く目立たないか心配と思われるかもしれません。
Diorのフィックスイットカラーは、薄付きで馴染みもいいのでその心配もいりません。

 

過去にも何度かご紹介しているアイテムですが、透明感を簡単に出すことができる優れものです。

 

顔全体に使うというよりは、目の横のCゾーンや、目の下の三角ゾーンにのせてみてください。

ここが少し明るく見せると肌の透明感がぐっとアップしたように見える効果がありますよ。

 

 

 

また、朝は素敵顔に仕上がっているのに夕方になるとどうしてもお疲れ顔になってしまうという方。

 

メイクしたばかりが綺麗なのは、ある意味当たり前です。

顔全体がくすんでいる場合は、ベースメイクアイテムが自分に合っていない可能性もあるのでアイテムの見直しを行ってもいいでしょう。

 

そして、まずは崩れている箇所を軽くオフすること。間違っても上から重ねて隠そうとしないでくださいね。
少し時間が経つとよりひどくなってしまうことが多いです。

ある程度崩れをオフし、全体を軽くフェイスパウダーで整えたらツヤ足しをしましょう。

 

RMK グロースティック

持ち運びには、RMKのグロースティックが使いやすいのでオススメです。

リップのような形状で持ち運びも楽々。お直し時も、いちいち大きなコンパクトを開いたりせずに、リップを塗り直す感覚でパパッと使うことができます。

 

直塗りよりも、指にとってツヤを足したい部分にのせるとメイク直し時にもちょうどいい具合のツヤ加減になりますよ。

 

 

 

ポイントメイクだと、眉にこだわって素敵顔に仕上げるのもオススメ。

 

ここ最近の流行りは、できるだけ自然な眉。
”自然な”というと難しいですが、いかにも描いた眉にならないように気をつけてみましょう。

 

 

中でも、眉の毛の存在感をしっかり出す方法は簡単なのに自然に見える今すぐ取り入れたいメイクテク。

 

KATE ジェルアイブロウコート

 

色はほぼ付かないタイプのアイブロウマスカラです。

毛を立ち上げるようにして流れとは逆からマスカラをつけてみてください。
その後、軽く流れにそって整えたり、少し立ち上げるようにすると眉の毛の存在感がしっかりでます。

 

また、そのままの形で1日キープできるのもこのアイテムの素敵ポイントです。

 

 

 

いままでは、何かコスメを追加して行うメイクでしたら、ツールを追加するのもとてもオススメ。

アイメイクだと、アイホールで綺麗にアイシャドウが重なり、色の境界線が自然にぼかされているのが理想です。

同じアイシャドウを使い、仕上がりを変えるにはブラシを1つ追加で使ってみてください。

 

NARS ブレンディングアイシャドーブラシ #42

 

まず1本ブラシを購入するなら、ブレンディングブラシがオススメです。
過去にも何度もメイク記事に登場しているのがNARSのブレンディングブラシです。

 

全て色をのせ終わった後に、ブレンディングで優しく肌表面をなでるようにして馴染ませます。

色が綺麗に重なり、はっきりしていた境界線をぼかすこともできます。
また、余計にのっていたアイシャドウをこの時に除くことができ、目の下に粉飛びなどしにくくなる為メイク崩れ防止にもなります。

 

 

そして口元は絶対に綺麗に仕上げましょう。

髪、眉、口。ここで印象が決まります。

ぱぱっと塗って綺麗に仕上がるアイテムはやっぱり使いやすいですが、そんな時でもリップラインを綺麗にとることで清潔感のある整った唇に仕上げることができます。
リップブラシを1本携帯していると、同じリップでもより整ったように見える口元に仕上げることができます。

 

B.A カラーズ リップライナー ペンシル

 

 

B.Aカラーズのリップライナーペンシルは、片側にブラシ、片側にリップライナーがついています。

 

リップライナーでリップラインをとると、口紅持ちがよくなったり輪郭がはっきりしてぼやけた印象が払拭できます。
リップライナーももちろん使いやすいのですが、反対側のブラシがとても使いやすいのでオススメです。

 

発色のいいリップも悪目立ちせずに塗ることができたり、唇全体に均等な濃さで塗ることができます。
使いやすすぎて、私はバッグに1本INしていることが多いです。

 

 

 

 

もう1アイテム追加するだけで、メイクの仕上がりクオリティはぐっと上がります。

2019年、素敵顔で毎日充実して過ごしましょう。

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

美肌コース講座 3/3・4/7<満席>

ヘアアレンジ講座 4/13募集開始

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ