朝の洗顔料はどう選ぶべき?基準は2つアリ!

 

スキンケアは大きくわけると「落とす」と「補う」ケアがあります。
どちらも大事ですが、落とすケアは補うケアよりも選ぶポイントの見極めが難しいですよね。

 

例えば、朝の洗顔。

 

洗顔料を使った方がいいのか?使わないほうがいいのか?
使うとしたらどう選べばいいのか?
その見極め方が分かれば、朝洗顔も不安なく選べるようになり、日中の肌乾燥やメイク崩れなども防ぐことができます。

 

 

 

朝洗顔の選び方ポイント

朝に洗顔料を使うか使わないかは、またどんなアイテムを使うのかはその時の肌状態と、前日の夜のスキンケアで決めましょう。

 

 

朝の肌状態はどうか?

1つ目の見極めポイントは、朝の肌状態です。

 

 

寝ている間に汗をかいたり、分泌された皮脂や、ほこりなどの汚れ、そしてスキンケアを洗い流す為に、顔を洗います。

 

 

洗顔時間の目安は30秒程。これより長くお湯洗顔をしなければ肌表面のベタつきなどが落ちないのであれば、洗顔料を使った方がベストでしょう。

 

 

また、ニキビや小さなぷつぷつとした吹き出物ができている時。

この場合も、肌の汚れを落とし清潔にすることはまずは気をつけたいことの1つです。
肌がつっぱり乾燥している時以外は、洗顔料を使うのがいいでしょう。

 

 

 

では、洗顔料を使う場合はどう選べばいいのか?

夜と朝の洗顔料は同じものを使わなくてもOKです。

 

 

あっさりした洗浄力がいい場合はメインの界面活性剤がアミノ酸系のものを選ぶと、そこまで肌乾燥を感じないと思います。

 

皮脂によるべとつきを感じるのであれば石けんタイプのものであれば、さらっとすばやく洗い流すことができます。

 

 

質の高い、いい石けんを使いましょう。その見分け方とは

(石けん選び方法についてはこちら)

 

 

毛穴つまりや、黒ずみが気になる場合は酵素洗顔やクレイを取り入れるのもいいでしょう。
しかし、アイテムによってですがしっかり洗える反面、乾燥を感じやすくなってしまうこともあるのでそういった時は使う頻度を調整しましょう。

 

 

 

前日夜のスキンケアはどうか?

2つ目の見極めポイントは、前日夜のスキンケアです。

 

顔を洗うのは、寝ている間に汗をかいたり、分泌された皮脂や、ほこりなどの汚れ、そしてスキンケアを洗い流す為です。
そう、スキンケアを洗い流す為に洗顔をするのです。

 

 

季節によっては、保湿力が高めのものを使ってよりこってりとしたアイテムを使うことが増えるでしょう。

 

皮膜をつくったり、こってりするタイプはシリコーンがメインにしっかり配合されているものが多くあります。
また、オイルがメイン配合されているものもありますね。

 

 

このようなものは、ぬるま湯だけではすぐに落とすことが難しいでしょう。
前日のスキンケアをそのまま放置しておくことも、肌にとってはいいことではありません。

 

 

逆に、前日のスキンケアがとてもあっさりしたものや、ぬるま湯でさらっと落ちるのであれば、ぬるま湯洗顔でも十分です。

 

 

 

 

 

ちなみに。
ぬるま湯洗顔でも皮脂が酸化して変化する過酸化脂質はある程度は落ちるといわれています。(過酸化脂質はニキビの原因になったりと、肌に刺激をあたえるものです。)
ただし、皮脂のベトベトした感じをぬるま湯でとるには何度も何度もゴシゴシしなければなかな落ちないので、過剰にでていてスッキリ落とすのであれば洗顔料使用の方がいいでしょう。

 

 

朝の洗顔がしっかり自分の肌状態に合っていれば、日中の乾燥を感じなくなったり、メイク崩れ防止になったりします。

 

 

 

明日の朝から、肌状態、前日のスキンケアを考慮して洗顔を行いましょう!

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ