同じクレンジングオイルでも、オイルでこんなに違う!【PARTIE特集1】

 

 

いよいよ今週に発売を控えたPARTIEのリッチモイストクレンジングオイル!

(PARTIEオンラインストアはこちら)

 

PARTIEのことをもっとしていただくために、また皆様の今後のスキンケアアイテムの選び方や使い方のご参考になるような特集記事を発売前にアップしていきたいと思います。

 

まず第1回目の今回は、「同じクレンジングオイルでも、オイルでもこんなに違う!」です。

 

 

 

 

そのアイテムに適したオイルを使用したアイテムを!

 

 

PARTIEのリッチモイストクレンジングオイルのメインオイルは「コメヌカ油(ライスブランオイル)」です。

以下が全成分になります。

 

コメヌカ油、ジ(カプリル酸/カプリン酸)プロパンジオール、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、カミツレ花エキス、コンフリー葉エキス、ローズマリー葉エキス、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、水、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、エトキシジグリコール、BG

 

 

なぜ、PARTIEのリッチモイストクレンジングオイルのメインオイルにコメヌカ油を選んだのか?

 

ここが、実はとっても重要です。

 

 

 

たくさんのクレンジングオイルがありますが、どんなオイルを使っているのかを着目して見てみると、様々なオイルが使用されていることがわかります。このオイルの種類によって、使用感なども大きく変わってきます。

よく、「クレンジングオイルはつっぱるからな」というお声もいただきますが、発売前モニターの方々のご感想をご覧いただいても分かるように、PARTIEのリッチモイストクレンジングオイルは使用後のツッパリ感を感じにくいものとなっております。

これも、コメヌカ油の特徴によるものが大きくあります。落とすことが役目のクレンジングだからこそ、ここは重要ポイントですよね。

 

 

しかし、つっぱらない(肌の油分を洗い流しすぎない)といっても、それだけの理由でコメヌカ油をメインオイルにした訳ではありません。つっぱりにくいオイルは他にもあります。
私がいままでこちらでオススメしてきたアイテムも、このようなオイルをメインに使っているアイテムでしたね。

 

 

 

 

 

コメヌカ油のような「植物油」と一言でいっても、原材料、また主成分である脂肪酸の組成にも色々な違った特徴があります。

 

 

“パルミチン酸”や、”オレイン酸”という言葉を聞いたことがあるかと思います。これらを脂肪酸といいます。

植物油の種類によって、この脂肪酸の構成比率は大きく変わってきます。

 

 

コメヌカ油は、オレイン酸を豊富に含み、なおかつ皮脂とも脂肪酸の構成が他の植物油と比べても似ています。脂肪酸の構成バランスが似ていることから、肌刺激を感じにくいとも言われています。

 

 

オレイン酸が多く配合されているオイルは肌馴染がいいのでクレンジングのメインオイルとしてもとても使いやすいのです。

ただ、オレイン酸は不飽和脂肪酸とも言われるのですが、この不飽和脂肪酸、“酸化”しやすいのです。
不飽和脂肪酸が酸化すると、過酸化脂質というものになります。これは、ニキビの原因となってしまいます。

 

 

いくらメイクと馴染ませやすいといっても、酸化しやすいオイルでは…。と思いますよね。

 

 

 

しかし、コメヌカ油にはビタミンE(トコトリエノール)が豊富に含まれています。ビタミンEといえば、抗酸化作用があるということで有名ですよね。

なので、コメヌカ油は、オレイン酸が豊富に含まれているが酸化がしにくいオイルなのです。しかも、皮脂とも構成が比較的近く、更にフェルラ酸(ポリフェノールの一種)なども含まれています。

 

 

例えば、オリーブ核油はオレイン酸比率が全体の80%ほどです。
肌にすっとなじみますが、その分酸化もしやすいのでスキンケアアイテムとして使用する際は酸化防止剤を配合してあったり、少ない容量で販売されているものが多いですよね。

 

 

 

 

ただ、メイクが落とせればいいと考えればどんなオイルでもいいかもしれません。植物油は原価も高くなりますし、ミネラルオイルなどがメインのオイルクレンジングは安価で販売もされています。

 

しかし、肌に負担がかかるクレンジング時こそ、こだわったアイテムを使っていただきたいです。
肌の油分をとりすぎてつっぱってしまってはいませんか?
使用しているアイテムは、品質は保てていますか?

 

 

また、PARTIEのリッチモイストクレンジングオイルはカミツレ花エキス、コンフリー葉エキス、ローズマリー葉エキス、グリチルリチン酸2Kなどの成分も配合し、肌が敏感になりやすいクレンジング時も安心して使えるアイテムにしました。
その他、香料などは配合せず、肌のことのみを考えたアイテムとなっています。

 

 

落とすという行為は肌には負担が少なからずかかります。毎日行うクレンジングでの肌負担を少しでも減らしていければ、その後に行うケアによる肌変化もより感じやすくなるでしょう。

 

 

コメヌカ油、素敵でしょう!
第2回目の特集では、クレンジング方法について取り上げたいと思います。お楽しみに!

 

 

クレンジング方法動画!使い方次第でメイク落ちが変わります!【PARTIE特集2】

 

(PARTIEオンラインストアはこちら)

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>美肌コース講座

2018/5/20・6/17

正しい肌知識を得て、肌に優しいスキンケア方法に変更し、美肌を手に入れましょう♡

 

>>ヘアアレンジセミナー

8/5

毎日のヘアアレンジをマスターしよう!アレンジ前の巻き髪・ピン留め・基本アレンジetc...♡

 

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいた基礎化粧品!愛用スキンケアアイテムです♡

 

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

 

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ