しっかり色残りはどっち!?人気口紅比較!(ランコム・Dior)

 

最近、色がしっかり残る系の口紅が流行していますよね。

 

私も、唇の色は全くないと言っていいほどなので、口紅は必須!しかも落ちやすいので色持ちがいいものはやっぱり助かります。

 

 

ティント系は色残りがしっかりある反面、唇が荒れてしまったり長く使っていての色素沈着のような事は怖いですが、やはり便利は便利です。
コスメだと、そういったマイナス面も考慮しつつアイテムを選ばないとですね。

 

 

さて、その最近人気の色がしっかり残るリップ、私もGetしております。

 

 

今日は、2大人気のランコムのマットシェイカーと、Diorのリップティントを比較してみようと思います。

 

 

 

つけ心地、色残り、乾燥具合は?

 

 

今回私が使うのは、こちらの2本!

 

ランコム マットシェイカー 374

Dior ディオールアディクトリップティント 351

 

 

最初にランコムの口紅を購入したのですが、違う色味の物が欲しいなと思い、Diorのものは、どちらかというとベージュよりのものを購入しました。

 

 

では、特徴などをまずは少し一覧にしてまとめてみました!

 

 

 

ランコム 

マットシェイカー   

Dior

ディオールアディクトリップティント

価格 3000円(税抜き) 3600円(税抜き)
色展開 7種類 6種類
形状  

 

 

 

価格はランコムの方が少しお安いですね。色展開はランコムの方が1種類多いですが、色味展開は少し似ています。マットシェイカーの方が、レッド系の色味が多いかなと思います。

 

では、実際塗った感じを個別で見ていきましょ。

 

 

 

ランコム マットシェイカー

 

 

まずはランコムから。

4月に「朝塗って、夜まで色キープリップ!」という記事でこちらの商品の詳細をアップしております。(塗っている動画ものせています!)

 

 

塗った感じ、こちらはオイルっぽさがあります。

塗った瞬間はツヤっぽさがありますが、すぐに乾いてマットな感じになります。

 

こちらは本当に色残りがしっかりあります。
ちょっとオーバー気味に塗ってしまうと、唇からはみ出た部分の肌もピンクっぽく染まってしまいます。なんだか、唇が腫れているようなイメージです。笑

 

なので、外側はこのスポンジの外側や指でぽんぽんぼかすようにして塗ってあげると綺麗がキープできるかと思います。

発色はとても綺麗にでてくるので、マット系リップをよく使う方は好きなタイプだと思います。

 

 

乾燥は、全く感じないことはありません。
塗って乾いた後にそのまま放置していると唇自体は乾燥まではいかなくとも乾いています。
なので、気になる方は、上にグロスを塗ってあげるといいですね。

 

 

色残りは、ご飯を食べても若干色の変化はありますが、しっかり色が残っています。
どんな口紅を使っても色が落ちてしまうという方は、こちらの口紅なら色落ちは防げると思います。

また4月の記事にも書いてありますが、少し色がつきすぎるという方は先にリップクリームを塗ってからこちらを塗った方がいいですね。

 

 

 

Dior ディオールアディクトリップティント

 

お次はDiorのリップティント。

ランコムとは色味が違うので完璧な比較にはなりませんが、こちらの方が色残りは少ないです。
同じレッド系のものならばもう少し色残りするのかなと思いますが、今回私が使っている351のベージュ系の色味のものだと、通常の口紅よりはかなり色持ちがいいですが、食べたり飲んだり過ごしていれば少しずつ落ちていきます。

なので、塗って10時間続くということはないですね。

 

 

まず、塗った瞬間は水っぽい感じです。数分待つとランコムのものと同じように乾きます。
乾くと、手でさわっても色が移ることはありません。

 

色持ちをよくしたい方は、塗って数分はグロスなども塗らずに放置した方がいいですね。

 

 

ランコムはオイルっぽい感じなつけごちなのに対して(なんだかオイルのさらっとした感じ)、Diorは水っぽいテクスチャーでどんどん乾いていく感じです。

 

発色は、こちらもとてもいい!
乾くとマットな感じになります。

 

 

 

乾燥は、ランコムのもの同様、ひどく感じることはありませんがやはり放置し続けると少しかさつく感じはしますね。

 

 

最初に色持ちについて書きましたが、ランコムのものよりは色残りが少ないというだけで、他のマット系の口紅よりもしっかり色残りがします。

 

 

口紅は、塗って少したってもティッシュをかぶせれば色が付くかと思いますが、こちらの2点は塗って乾いてしまえば、上からティッシュを重ねても色が付きません。

 

 

 

 

よって、色残りはどちらもしっかりあるが、どちらかというとランコムの物の方がある!という感じですね。

また、似ている2本ですが、つけた時の質感など全く異なります。

 

 

 

ちなみに、私はこの2本を1本のみで使うことは少なく、こちらを薄く塗って、上からグロスやツヤ系リップを重ねることが多いです。

本当に唇の色がないので・・・・
そしてマット系のいかにも口紅塗ってます!というより、どんな色でも自然に発色している感じが好きなんです。

 

 

また、講座など行うと2時間くらいず〜っと喋りっぱなしということも多くあるので、唇のお直しをする暇もない、ツヤ系のみのリップだと話していてよれる、落ちてしまうんですよね。

よって、こちらを下に仕込んでいます。そうすると、幾分色持ちはよくなります。

 

 

 

以上が最近人気の色がしっかり残るリップ比較でした。

コスメの特徴をいかして自分に合った使い方をしてあげましょうね!

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ