たまきのセルフ美容通信 #75

 

 

■■■たまきのセルフ美容通信 2019/2/11配信■■■

 

_____________________
<目次>
1.今週のmain topic<VINTORTE新作コスメ>
2.プチ美肌コース講座<唇のシミ対策>
3.今週のナチュラルmake up<眉を綺麗につくるスクリューブラシ>
4.セルフ美容情報<お芋の効果>
5.Beautybrush通信<イベント盛りだくさん…!日々の健康管理>
6.近況報告<ネイルポリッシュ、どこで買っているの?>
7.Q&Aコーナー<コスメは何が必要?>
_____________________

 

 

_____________________

■■1.今週のmain topic■■
■■VINTORTE新作コスメ■■

 

 

こんにちは!
週末の東京は、気温が0度にもなりものすごく寒かったです。

 

 

2月も半ばにさしかかろうとしていますが、風邪も流行しているようなので皆さんお体ご自愛くださいね。

 

 

 

 

さて、今週のmain topicはVINTORTEの新作コスメについて。

 

 

ミネラルコスメで人気のVINTORTE。

 

 

最近、アイライナーやマスカラ、アイブロウが発売されました。
私はその中で、リキッドアイライナーとマスカラをいただいたので、試させていただきました。

 

 

 

ミネラルシルクリキッドアイライナー ブラウン
2色 2,600円+税

 

 

ミネラルシルクロングマスカラ ブラック
2,500円+税

 

 

 

リキッドアイライナー、このタイプなんだか懐かしい。

私が中学生くらいの頃、友人と化粧品を買いに行ったりした時はこのタイプのものが多かったなぁ。
その頃は、上と下のラインをがっつりつなげてタレ目っぽく見せるのが流行っていました。

 

 

 

では、1つずつ詳しくご紹介いたします。

ミネラルシルクリキッドアイライナーは2カラーあり、私はブラウンをご紹介します。

 

ブラシは細く、毛羽立ちも少ないので使いやすそうです。

 

 

ボトルのフチはこんな感じ。

ここで、ブラシについた液を調節してラインをかきます。

 

 

このアイライナー、発色がとてもいいですね。ミネラルコスメとは思えない、しっかりとした色がのります。
乾く前に触ってしまうとよれてしまうので、ラインをかいたら数十秒そのまま放置しておきましょう。

 

 

 

 

次にミネラルシルクロングマスカラ。

マスカラはブラックのみです。

 

 

 

液はサラサラタイプではありません。どちらかといえばですが、少し重たさあり。
ブラシは少し太め、若干アーチがかっているのでひと塗りですっとまつ毛全体を塗ることができます。

 

 

よく見ると、繊維入りなのがわかりますね。

 

 

 

 

アイライナー、マスカラ共にお湯落ちタイプです。

 

 

では、こちらを使って実際にメイクをしていこうと思います。

今回、アイシャドウはVINTORTEのミネラルシルクアイズパレット サクラブラウンを使用します。

 

 

 

右上の締め色以外をグラデーションになるようにのせました。

 

 

 

下瞼は左上のカラーを全体に、左下のブラウンを軽く目尻にのせました。

 

 

 

 

次に使うのがミネラルシルクリキッドアイライナー。

 

 

目の上にすっとラインを引いていきます。

細いラインもかきやすいです。ブラウンの色味も綺麗にでます。

 

 

少し気になるのは、まつ毛に液がついてしまったことです。

ブラシ部分の上の柄にも、少し液がついているのですが、目尻のラインをかくときにその部分がまつ毛に触れてしまうことがあります。
まつ毛がつかないように角度を調整すれば、柄部分の液がつくことはないのですが、そうすると少しラインがかきにくい角度になってしまったりも。

 

 

最近は、ペンタイプのものを使うことが多かったので慣れていないというのもありますが、その部分が少し使いにくいと感じました。

 

 

 

 

ラインを引いたら、次にマスカラです。
まずは下地を塗ってホットビューラーであげます。

使った下地はヒロインメイク カールキープ マスカラベースです。

 

こちらでご紹介しているアイテムです。

プチプラマスカラ下地!これは大ヒット!

 

 

 

次に、ミネラルシルクロングマスカラを使います。

1度塗り状態がこちら。

長さ、ボリュームともにUPしましたね。

 

 

 

もう1度重ねます。

このように、まつ毛同士がくっついたり、繊維が別方向にぴょこっとでてしまったりします。
繊維入りマスカラだと、このようになってしまうものもあります。

 

 

コームでしっかり梳かして整えます。

先ほどよりは、くっついている部分など解消されましたね。

(愛用コームはMy Favorite itemsにのせています。)

 

 

 

下まつげにも塗って完成です。

 

ロングマスカラというよりは、少しボリューム、その上ロング効果のあるマスカラといった印象です。
重ねて塗るとまつ毛同士がくっつく場合もあるのでコームで丁寧に梳かす必要がありますね。

 

仕上がりは凄く繊細という訳ではないかな。さらっと1度塗りくらいが綺麗でいいかもしれません。

 

 

新しい2アイテム使ってみて、私はアイライナーが気に入りました。

まつ毛に柄がつかないようにすれば、ブラウン色のラインが綺麗にかけます。
このブラウンの色がなかなか他にはありません。

 

 

ブラウンライナーって、色が薄くなっているものが多いので、
ここまでしっかり色がのってブラウンカラーがでるリキッドは、珍しいですね。

 

 

VINTOREの新作コスメ、気になった方はチェックしてみてください。

 

 

_____________________

■■2.プチ美肌コース講座■■
■■唇のシミ対策■■

 

 

シミが気になる部分は、肌だけではありません。
唇のシミに悩まれている方も多いのです。

 

リップを何度か塗る部分。
擦ってしまうこともある部分。
そして、紫外線の影響も受ける部分。

シミができる要因が唇にはいくつもあるのです。

 

 

口紅を塗れば気にならなくなる場合もありますが、シアーなリップだと少し気になることもありますよね。

 

 

 

私自身、普段は気にしていなかったのですが写真に撮るようになってから気になるように。

 

 

 

普段、BeautybrushやSNSにあげる画像はほぼ一眼レフカメラで撮影しています。

素の状態の唇を撮った時があり、米粒くらいの大きさで少し他部分よりも暗くなっている箇所を発見。

鏡で見ると、確かに暗くなっている。

 

 

まだ小さく、少しだけ暗い?程度ですが、これ以上ひどくならないよう、目立たなくなるようなケアをしていこうと思いました。

 

 

特に、私素の唇の色が薄いので、色がきちんとのるリップは手放せません。ティント系にも頼りがち。

今は唇ケアで自分に合うものを見つけたので、乾燥を感じることも特別ないですが、数年前までは唇乾燥にもかなり悩んでいました。

 

そういったことからも、唇へ負担を与えていたのだろうなと思います。

 

 

 

さて、ではどのようにケアをしていくのか?
まずは、手軽に取り入られらるリップクリームを活用してみようと思いました。

 

 

そこで今回は、ビタミンC誘導体入りのリップクリームと、それと共にうまく使う方法などもご紹介したいと思います。

 

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ