たまきのセルフ美容通信 #56

 

 

■■■たまきのセルフ美容通信 2018/10/1配信■■■

 

 

_____________________
<目次>
1.今週のmain topic<愛用リップブラシ>
2.プチ美肌コース講座<年齢がでる目元、口元のケアはどうすればいい?>
3.今週のナチュラルmake up<メイク直しでナチュラルさを取り戻す!>
4.セルフ美容情報<前回の続き!乾燥対策にこれもいい!>
5.Beautybrush通信<ゆらぎ肌対策!シェア!>
6.時事ネタぼやぼや<価格以上のイタリアン!>
7.近況報告<怒涛の9月が終了…!最近の仕事事情>
8.Q&Aコーナー<口臭がきになる>
_____________________

 

 

_____________________

■■1.今週のmain topic■■
■■ 愛用リップブラシ■■

 

 

こんにちは!今日から10月ですね。
今年も残すところあと3ヶ月。今年は私にとっても区切りの年にしようと思って過ごしてきたので、残り3ヶ月間、ラストスパートということで頑張ります!

 

 

頑張ろうという時や、気合いを入れる時は、自分の気分が上がるようなことを積極的に入れるようにしています。
やっぱり、気分が上がっていないとやる気もでませんからね。

 

 

 

日常のちょっとしたことでできることだと、やっぱりメイク。
綺麗に仕上がるだけで気分が上がります。

 

 

 

しかしこれも、毎日しっかり100%やろうと思うと疲れてしまいますね。

 

 

なので、簡単にちょこっとできる格上げ方法を取り入れることをオススメします。
例えば、口紅の塗り方。

 

 

ぱぱっと塗るのではなく、丁寧に塗ってみましょう。
リップブラシはそのお供です。

 

 

 

私は、リップブラシを使うのは比較的濃い目のカラーの時や、マットな質感のものを使う時です。

 

シアーなものは直塗りした時の仕上がりが好きと感じることが多いので、こちらではあまり使わないかな。

 

 

リップブラシで塗ると、発色や仕上がりだけでなく、色持ちも心なしか変わる気がします。
また、丁寧に塗っている分、なんだか気分も上がるんですよね。単純ですが、こういったちょっとした気分上げポイントは自分の中で作っておくのはオススメですよ。

 

 

 

リップブラシだと私が日々使っているのは

B.Aカラーズのものです。

 

 

 

B.A カラーズ 熊野化粧筆というものもあるのですが、写真はB.A カラーズ リップライナー ペンシルの逆側です。反対側にはリップライナーが付いています。

 

 

リップライナーが付いているので、しっかりリップラインをとってから口紅を塗ることができるというのもオススメなのですが、何よりこのブラシが塗りやすいのが一押しポイント。

 

私の顔は、パーツ自体が目立つものではないので、色を全面に出してメイクをすると若干浮きます。
写真だとその方が映えるのかもしれませんが、実際は唇おばけのようになってしまいます。

 

 

なので、濃いカラーやマットリップでしっかりとした仕上がりのものは苦手なんです。

 

そんなリップでも、リップブラシを使うと色の調節も簡単。
リップラインも軽くぼかしたりでき、自然に仕上がります。

 

 

もちろん、マットリップや濃い目カラー以外のリップにも使う時はありますよ!
なのでこのリップブラシは鞄によくINして持ち歩いています。

 

 

リップブラシをお探しの方はぜひチェックしてみてください。

 

 

今週末はスーパーC CHANNELのイベントもあるので、みなさんとお会いできると思うとワクワクです!

充実した1週間を過ごしましょう!

 

 

_____________________

■■2.プチ美肌コース講座■■
■■年齢がでる目元、口元のケアはどうすればいい?■■

 

 

スキンケア悩みは何もニキビやシミやシワといったものだけではありません。

 

 

なんとなく、「あれ?少し疲れて見える?」という瞬間があったり。
過去の写真をみて、「え?なんだか年とったなぁ…」と感じたり。

 

そういったことも肌が関係しているのかな?と思い色々と悩むこともあります。

 

 

 

顔の中で年齢がでやすい部分は、目元や口元。
この部分の小じわや乾燥、たるみは年齢を感じさせます。

 

 

できれば、ハリのある元気な目元、口元でいたいですよね。

ここのケア、なにができるのでしょう?