たまきのセルフ美容通信 #51

 

 

■■■たまきのセルフ美容通信 2018/8/27配信■■■

_____________________
<目次>
1.今週のmain topic<VINTORTE新作アイシャドウ>
2.プチ美肌コース講座<界面活性剤>
3.今週のナチュラルmake up<チーク、ハイライト、シェーディング、パウダーはどの程度おとす?>
4.セルフ美容情報<話題の美顔器、小顔になる?>
5.Beautybrush通信<8月29日から使用できるクーポン!>
6.時事ネタぼやぼや<ネットショップで購入した服>
7.近況報告<パーティーヘア>
8.Q&Aコーナー<お風呂後に乾燥する>
_____________________

 

 

_____________________

■■1.今週のmain topic■■
■■VINTORTE新作アイシャドウ■■

 

 

こんにちは!今週で8月も終わりですね。

9月もまだ暑いですが、やっぱり秋のはじまりを感じる季節だと思います。

 

ということで、今回は最近新作発売されたアイシャドウをレビューしたいと思います。

 

 

 

今回ご紹介するのはこちら。

VINTORTE MSアイズパレット アンディークドプラム

 

 

VINTORTEのアイシャドウの新色です。

 

VINTORTEのアイシャドウは過去にもレビューしているのですが
→「意外と難しいブラウンアイシャドウ!オススメアイテム

私はこのブラウンシャドウがとても好きです。

 

陰影が簡単にだせるのに、ブラウンシャドウにありがちな濃くなってしまって困るということもありません。

 

 

 

いままで2カラーあり、どちらもミネラルコスメっぽく王道のカラーだったのですが、今回の新作はこれからの時期にぴったりなパープルカラーですね。

 

 

ベースカラー(A)はホワイト。
ミディアムカラー(B)は、ピンク感のあるカラー。
ニュアンスカラー(C)はパープル。これで一気に秋冬感がでますね。
シェードカラー(D)は、ブラウンに紫を混ぜたようなカラーです。

 

 

 

 

では、早速こちらを使ってメイクをしてみました。

Aをアイホールに、Bを二重幅より少し広く、Cを目尻に、Dを目尻のキワに。

 

 

下瞼は、Aを目頭に、Cを下瞼全体に、Cを黒目下から目尻にかけてキワに。

 

このアイシャドウパレットの良さでもある、濃くなりすぎずちょうどいい具合に色がのる感じ、やっぱりいいですね!
私は普段、このようなカラーは使わないのですが、一気にシックに、秋っぽくなりました。

 

 

ミディアムカラーは肌馴染みがよく使いやすいピンクカラー。
このカラーをメインに使い、パープルはポイント使いというメイクだと、普段もしやすいのではないかなと思います。

 

 

 

今週は、PARTIEのグロウグロスCCベースの事前予約も始まります!
配信の「Beautybrush通信」では、今回予約時に使えるクーポンをプレゼントしているのでチェックしてくださいね!

 

では、今週も充実した1週間を過ごしましょう!

 

 

_____________________

■■2.プチ美肌コース講座■■
■■界面活性剤■■

 

 

今回で最後になる界面活性剤特集。

 

 

界面活性剤には大きく分けると4種類あり、それぞれについて特徴などをご紹介してきました。

 

 

その中で、種類によって使われている製品が異なることや、同じ界面活性剤の種類であっても刺激なども異なるということがわかりましたね。

 

今回は、両性界面活性剤について。

両性界面活性剤の多くな特徴は、他の界面活性剤と組み合わせて泡立ちをUPさせたり、洗浄力を調節するというものがあります。
なので、洗顔料や、シャンプーなどの洗浄アイテムの中に配合されていることも多いです。