MENU
常岡珠希(Tsuneoka Tamaki)
TTMK.LLC代表/美容家
2016年にTTMK合同会社設立 代表/美容家
TTMKのスキンケアブランドPARTIEは2018年より販売開始
コンセプト設計から成分処方、パッケージ選定と化粧品製造業務に携わっている
常岡プロデュースのスキンケアアイテムは【肌に負担の少ない、必要なもののみ与えるケア】ができると多くの支持を得ている
化粧品企画製造開発の知識と経験を活かし、肌悩み解決ができるよう、スキンケアアイテムの成分や選び方、使用法についてセミナー・パーソナルレッスンを行い多くの人の肌悩み解決に邁進している
メディアでの執筆、企業セミナー講師もつとめる

睡眠は肌に大切な要素 夜中に何度も起きてしまう??

INFO

<景品表示法に基づく表記>
当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています

肌をキレイにしたい、美肌になりたいと思ったとき、

睡眠はとても大切な要素ですよね。

よく、お肌のゴールデンタイムなどと言われ、

PM10時〜AM2時までは寝ましょう!と言われていますよね。

 

しかし、忙しい現代女性は、

仕事が終わって、食事や入浴、片付けなどしていると

気がつくともう日付をまわってしまう!なんてことは

よくあることだと思います。

 

睡眠は、最低でも○時間はとったほうがいいと

色々な方が色々な意見を言っています。

 

どれも聞くと、そうだよな〜と思うのですが、

わたしは、結局は自分にあっているかどうかだと思います。

 

6時間睡眠が丁度いい人もいれば、

8時間寝ないと頭が回らないという方もいます。

 

 

なので、なるべく質のいい睡眠を心がけ、

自分に合った睡眠時間を確保できればいいですよね。

 

 

さて、ところで

その睡眠の最中、夜に何度も起きてしまうなんてことないですか?

そうすると、質のいい睡眠どころか、

次の日まで疲れがたまり、美肌どころか体調不良を引き起こしてしまうかも。

 

あなたは大丈夫でしょうか?

 

contents
この記事の著者

TTMK.LLC代表/美容家
常岡 珠希 (Tsuneoka Tamaki)
化粧品企画製造・セルフ美容スキンケア講師歴7年

詳しく見る

2016年にTTMK合同会社設立 代表/美容家
TTMKのスキンケアブランドPARTIEは2018年より販売開始。
コンセプト設計から成分処方、パッケージ選定と化粧品製造業務に携わっている。
常岡プロデュースのスキンケアアイテムは【肌に負担の少ない、必要なもののみ与えるケア】ができると多くの支持を得ている。
化粧品企画製造開発の知識と経験を活かし、肌悩み解決ができるよう、スキンケアアイテムの成分や選び方、使用法についてセミナー・パーソナルレッスンを行い多くの人の肌悩み解決に邁進している。メディアでの執筆、企業セミナー講師もつとめる。

インスタグラム(フォロワー6.2万人)ではメイク・ヘア・スキンケア投稿が人気。

何度も起きてしまうのは中途覚醒かもしれません

 

実は、わたしは夜の睡眠時に何度も起きてしまいます。

これは本当に改善したいことの1つなのですが、

眠りについても、2、3時間後に1度おきてしまい、

その後も1時間ごとに起きてしまいます。

 

そして、夢を見ない日はないというくらい、

短い時間の睡眠でも夢を見ます。

その内容もはっきり覚えているほど。

 

それも毎日なので、

わたしの睡眠はきっと浅いのだな〜と

あまり深くは考えていませんでした。

 

しかし、調べてみるとこれは中途覚醒というものかもしれないということがわかりました。

 

 

中途覚醒とは

わたしの様に夜中に何度か起きてしまうことを、

「中途覚醒」または

「睡眠維持困難」

というそうです。

これは、かくれ不眠や、不眠症にみられる症状の1つとのこと。

 

自分がかくれ不眠だなんて思ってもみませんでした・・・。

 

そして、これがどうして起こるのかというと、

眠りというのは

ノンレム睡眠と、レム睡眠を一定の周期で繰り返しているというのは

ご存知かと思います。

レム睡眠は、一般的に眠りが浅い状態のことを指します。

なので、このレム睡眠が終わる頃は目が覚めやすい状態にあります。

そんな時に、

ストレス

心身の緊張

トイレが近い

光などの刺激

他にも人によって様々な原因

といったことで、深い眠りが少なくなってしまうと、

このレム睡眠(眠りが浅い状態)の回数が多くなってしまうそうなんです。

そして、すこしの刺激で起きてしまう・・・。

 

これが、中途覚醒といわれています。

 

長く続くようなら

たまに、そういった症状がでるのではなく、

週に3日ほど繰り返される場合は、不眠症が考えられるそうです。

なので、一度お医者さんに相談をした方がいいようです!!

 

この、「起きてしまう時間がある」

ということは、それだけ「睡眠時間を削られている」

ということにもなります。

 

朝起きた時に、十分な睡眠をとったと感じられないのは

とてもつらいですよね。

1日を快適に過ごしたいのに、それどころではありません。

 

 

どうにか改善したいですよね。

日本人の2割はなにかしらの不眠症だと言われています。

中途覚醒だけでなく、寝つきが悪いのも不眠症の1つだそうです。

なので、自分だけ・・・?と悩むことは

余計悪化させてしまうので、やめましょう!

 

まずは、睡眠に関して少しでも気になることがあれば

調べてみることです。

あとは、寝るときはなるべくリラックスした気持ちで眠ることも大切。

 

 

もしかしたら、スキンケアも頑張って、

栄養にも気をつけて食事をして運動をしても

なんだか肌がいまいち・・・という方は

睡眠が影響しているかもれませんもんね。

 

少しでも、質のいい睡眠を取れるよう、

心がけましょう☆

旬のちょっとした美容Tipsを毎週月曜お届けする無料メールマガジン
美容の意識・気づきを手に入れて素敵な日常に

コスメやスキンケア、新しく試したもの、旅行、グルメ、勉強、運動、その他日常を共有し、彩り豊かな生活を楽しむオンラインサロン。

  • URLをコピーしました!
contents