MENU
常岡珠希(Tsuneoka Tamaki)
TTMK.LLC代表
2016年にTTMK.LLCを設立、代表
TTMKのスキンケアブランドPARTIEは2018年より販売開始
コンセプト設計から成分処方、パッケージ選定と化粧品製造業務に携わる
【肌に負担の少ない、必要なもののみ与えるケア】ができると支持を得ている
肌悩み解決ができるよう、スキンケアアイテムの成分や選び方、使用法について講座やブログにて発信
企業セミナー講師もつとめる

秋冬濃いカラーが苦手。透明感・シアー感をうまく使って季節感を!

  • URLをコピーしました!
Beauty Brush Lesson

12/3 美肌セルフケア確立レッスン+水分量アップケア

秋冬はこっくりとした濃いめカラーが使いたくなる季節ですね。

ちょっと重たさを感じるカラーは秋冬の服装ともよく合い、上品さが出る気がします。

ただ、秋冬に使いたいカラー、実は苦手で上手く使いこなせないという方も少なくなりです。

私自身もそのうちの1人で、濃いカラー、重たさのあるカラー、こっくりしたカラーを使うと、どうしても顔がくすんで見えてしまいます。

そんな私が秋冬っぽいメイクをする時には、透明感・シアー感をうまく活用するようにしています。

contents

rms beauty (アールエムエス ビューティー) ハイドラパウダーブラッシュ フレンチローズ

rms beauty (アールエムエス ビューティー)
ハイドラパウダーブラッシュ
フレンチローズ

顔の中で塗る範囲が広いチークは、全体の雰囲気の方向づけにぴったりです。

言い換えれば、チークで苦手色を使うと全体的にメイクもしっくりきません。

そこで、濃いカラー、重たいカラーはチークでは使わず、透明感がでるようなカラーをあえてチョイスします。

最近使ってはまっているのが、rms beautyのハイドラパウダーブラッシュです。

質感、色味

「ジェルパウダーチーク」ということで、パウダーだけど少しウェットで弾力のある質感です。

指でとってしっかりのせた場合、ふんわりのせた場合を比較すると、このような色の出方の違いがあります。

実際はブラシでのせるので、しっかりのせた場合まで色が濃くでることはありませんが、とても発色がいいチークだということは分かりますね。

ブラシで磨くようにのせるとこのような色の出方をしますよ。

塗り方

発色がいいので、ブラシでとったらティッシュの上で軽く落としてから頬に乗せます。

ブラシでささっと磨くようにのせると、立体感がとても綺麗にでますよ。

フレンチローズはピンク感がしっかりあるカラーですが、若干ローズ感も混ざっているので大人でも使いやすい透明感のあるピンクチークですね。

仕上がり

塗る前
塗った後

塗る前、塗った後を比較するとこのような違いがあります。

チークの偉大さが分かる、使用前後の写真だと思います。

ただ、このままだと季節感はどう取り入れたら?と思いますよね。

そこで、リップでシアー感のあるブラウンカラーを取り入れます。

CHANEL (シャネル) ルージュ ココ ボーム914

CHANEL (シャネル)
ルージュ ココ ボーム
914 ナチュラル チャーム(NATURAL CHARM)

ルージュココボームはリップバームなので、口紅ほどしっかり色がのりません。

また、リップバームだと色付きリップクリームのような薄づきなものが多く、それだとメイクアップ時には物足りないということもあるのですが、発色はいいのでその点も解決できるアイテムです。

あわせて読みたい
シャネルルージュココボームがバームの口紅のいいとこ取りで使いやすい!お気に入り3色! 塗りやすく、色持ちもよく、乾燥しにくく、綺麗な状態を保てる、発色が綺麗なリップが大好きです。 そんな良いとこ盛りだくさんリップだなと思うのが、シャネルルージュ...

914はブラウン味のあるリップカラーです。

こっくりしたカラーですが、リップバームということで若干透けたような印象にも見えるので、重たさがでません。

色は秋冬っぽくブラウンを、ただ、少しシアーさもあるので重たさは和らげているような仕上がりです。

頬はあえて苦手なカラーを使わず透明感重視、リップは色は秋冬っぽさを感じるブラウンを使って少し透けさせる、というメイクです。

これが、秋冬の濃いカラーが苦手な私がよくする今の時期のメイクです。

苦手カラーや質感も使い方次第ですね。秋冬メイクはこんな感じでいろいろ楽しもうと思います。

Tamaki Tsuneoka愛用品

12/3 美肌セルフケア確立レッスン+水分量アップケア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share if you like!!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
contents