MENU
常岡珠希(Tsuneoka Tamaki)
TTMK.LLC代表
2016年にTTMK.LLCを設立、代表
TTMKのスキンケアブランドPARTIEは2018年より販売開始
コンセプト設計から成分処方、パッケージ選定と化粧品製造業務に携わる
【肌に負担の少ない、必要なもののみ与えるケア】ができると支持を得ている
肌悩み解決ができるよう、スキンケアアイテムの成分や選び方、使用法について講座やブログにて発信
企業セミナー講師もつとめる

アンプリチュードマスカラ!ボリュームorロング、どっちが綺麗?

  • URLをコピーしました!
Beauty Brush Lesson

12/3 美肌セルフケア確立レッスン+水分量アップケア

22年1月1日、アンプリチュードのロングカラーマスカラがリニューアルし、カラーも増えて発売されました。

いままで円柱型容器だったのですが、既存アイテムで大人気のボリュームタイプのものと似た容器になりました。クリアな容器か、磨りガラスのような見た目の容器かの違いですね。

容器が変わったことにより、ブラシへの液付き方なども変わりより綺麗に仕上げやすくなったそうです。

元々ボリュームタイプの方は過去に購入して愛用していて、仕上がり等綺麗だった記憶があるので、今回のロングタイプのリニューアル、これは期待大です。

そこで今回は、ボリュームタイプ、ロングタイプそれぞれのブラウンカラーを用いて仕上がりをご紹介したいと思います。
先に結論を少し書いてしまうと、仕上がりはどちらもかなり綺麗なのでマスカラ好きな方は必見アイテムだと思います。

contents

アンプリチュードマスカラ!ボリューム、ロング、それぞれの良さは?

Amplitude (アンプリチュード)
エクストラボリュームカラーマスカラ 07 ダークブラウン

全8色、4,400円+税

エクストラロングカラーマスカラ 02 ダークブラウン
全7色(内限定1色)、4,400円+税

どちらもカラーマスカラということで(ブラックもあります)、カラー展開が豊富ですよね。エクストラロングカラーマスカラは今年1月1日にリニューアルされたものです。いままでは円柱型の容器だったのですが、ボリュームマスカラ同様四角柱ボトルに、磨りガラスのような見た目の容器になり、色展開も増えました。

似ていると、どっちがボリュームかロングかわからなくなってしまいそうですね。
今回、どちらも「ダークブラウン」の色で比較してみようと思います。

同じ色名ですが、色には若干の違いがあります。

左がボリューム、右ガロングです。

比較をするとボリュームの方が若干明るさがありますね。あくまで比べるとなので、他ブランドのブラウンマスカラと比較をすれば明るいと感じるほどではありません。
また、ロングタイプは色名通りダークブラウンカラーという感じですよね。また、ロングタイプということで2種類のファイバー(繊維)入りなのですが、それも写真で分かるかと思います。

ブラシの違いはこのような感じです。

ボリュームタイプの方が液含みがよさそうなブラシです。1つ1つの突起部分もまとまってはいるものの分岐していたりして液をしっかりとれそうです。

ロングタイプは突起部分の先端は少し丸みを帯びていますよね。ボリュームタイプと比べると液含みは若干ですが控えめですがその分ファイバー(繊維)をしっかりキャッチできるように思います。ロングタイプのブラシを見ても、ファイバーが取れているのが写真でも分かります。

では、それぞれを塗ってみます。

エクストラボリュームカラーマスカラ 07 ダークブラウン

こちらのマスカラはダークブラウンではないのですが他カラーを使用していたことがあります。ベースに軽くブラックが仕込まれているそうで、まつ毛に塗った際に奥行きを感じるカラー発色だったように記憶しています。とにかく発色がよいというイメージです。また、仕上がりもダマになりにく綺麗に仕上げやすいです。

ボリュームタイプだと、根本から毛先まで塗った際にぼてっとしてしまうことも多いのですが、こちらはまつ毛1本1本の存在感はアップするものの太さがまばらになりにくいなと思いました。綺麗に仕上げたけどボリュームもアップしたい場合には、こういった太さがまばらになりにくいタイプはありがたいです。

また、ボリュームだけでなく長さもアップするので、目力をぐっと上げたい時にもいいですね。

エクストラロングカラーマスカラ 02 ダークブラウン

2種類のファイバー入りのロングマスカラです。長さ出しはもちろんのこと、ボリュームもそこそこ出るそうです。
実際に使用する際、確かにボリュームタイプよりは繊維が入っている感じをしっかりと受けました。繊維入りのものは飛び散ってしまい塗りにくいものもありますが、まつ毛に沿って綺麗に塗ることができるので塗りにくさは感じませんでした。

繊細な長さ出しができると思います。重ね塗りをしてもまつ毛がぼてっとしにくいので、伏し目がちになった時にも綺麗なまつ毛に見えます。また、ダークブラウンということで、ブラックの目力アップ力、ブラウンの柔らかさの両方を兼ね備えているように思いました。

ちなみに、今回ご紹介した2本はどちらもクレンジング剤でオフするタイプです。発色が綺麗なものはWPのものが多いですが、こちらもそうなのですね。ただ、クレンジング剤でも問題なく綺麗に落ちたので、落としにくいマスカラではないと思います。

こうやって並べてみると、どちらもとても綺麗な仕上がりですよね。価格は高いけれど仕上がりはプチプラマスカラと似たようなデパコスマスカラも多いですが、こちらはこの価格を出してリピートしてもいいかなと思えるほど綺麗な仕上がりだと思います。


また、ボリューム、長さともにボリュームタイプの方がよりしっかりでると思いました。なので、目力をぐっとアップさせたい場合にはボリュームタイプがおすすめです。逆に、まつ毛は印象的にしたいけれど盛りすぎは避けたい、繊細さを求めたい場合はロングタイプの方が好みの仕上がりに近いと思います。

1点、気になるのは塗っている最中に少し瞼に付着しやすいという点です。

普段と同じようにマスカラを塗っているのですが、塗っている最中に瞼に繊維や液がつくことが度々あります。どちらかといえばボリュームタイプよりもロングタイプの時にそれが多いです。ついたら綿棒で軽くおさえればとれますし、日中マスカラが落ちてきてパンダ目になったり繊維落ちしてきたりということはないので、塗る時にいつも以上に意識すればいいのですが、忙しい時などはちょっと面倒かもしれませんね。

ただ、気になるのはその点くらいで、仕上がりも綺麗ですし、ボリュームもでますし、長さも綺麗にアップしますし、とても素晴らしいマスカラだと思います。

ボリュームやロング、迷われている方はこのちょっとした違いで好みの方を選ばれるといいのではないでしょうか。ぜひ美まつ毛仕上げに役立ててみてください。

Tamaki Tsuneoka愛用品

12/3 美肌セルフケア確立レッスン+水分量アップケア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share if you like!!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
contents