肌のツヤと明るさを高める。新作Diorルミナイザーのピンクハイライト!

 

うっすら重ねるだけで、肌にツヤや明るさをプラスできるハイライトは、美肌、メリハリ顔に仕上げたい時の必須アイテムです。

 

さらっとハイライトをのせただけでも、その部分に光が集中しているような仕上がりになりますよね。ハイライトで単に明るさの強弱をつけるだけではもったいなく、その質感、色味、のせる場所、そういったことに少しこだわりを持ってメイクを仕上げるようにしています。

 

17日に発売されたばかりのDiorのハイライトは、繊細なパールピグメントで使うのを楽しみにしていたアイテムです。ハイライト使いはもちろんですし、色番によってはアイシャドウやチークとしても使うことができます。

大人ナチュラルなメイクに欠かせない、繊細ハイライトをご紹介します。

 

 

 

柔らかピンク、繊細パールでプラスするツヤと明るさ

 

Dior
ディオールスキン フォーエヴァー クチュール ルミナイザー
全6色、5,800円+税

 

 

 

全部で6色(内2色はオンラインブティック限定色)発売されました。

 

 

私は02 ピンクグロウというカラーを選びました。

03 パールグロウも迷いました。結構大粒ラメだったこともあり私の普段のメイクではフェイスにそこまで大粒ラメはのせないので、使うとしたらアイメイクの仕上げにさらっとのせたりかなと思ったのですが、今回はハイライト使いするものが欲しかったので見送りました。
また06はチークカラーとしても使うことができるカラーです。これも欲しいなと思ったのですが、チークとして使うアイテムはどちらかといえばパールはそこまで求めていないのでこちらも今回は購入していません。

 

 

 

その中で02は即決でした。

 

 

 

この柔らかさを感じるピンクカラー、肌にのせると色味はそこまで感じませんがピンクニュアンスによって優しい印象になります。
また、パールの繊細さもとても好きです。

 

 

 

腕にのせるとこんな感じですね。

元々、ピンクニュアンス系のハイライトだとSHISEIDOのインナーグロウチークパウダー 01を愛用しています。底見えするほど好きで使っているのですが、そのアイテムにパッとみた時は似ているなと感じました。なので、直感的に欲しいと思ったアイテムです。

写真で伝えるのが難しいのですがパールピグメントが高配合されていて、繊細なツヤっぽさがでる仕上がりになります。

配合されているパールによっては、単にギラギラしているだけのもの、肌にのせると浮きやすいものもあるのですが、こちらはそれを感じず繊細、上品なツヤといった感じです。ブラシにとってさらっとのせるだけで、明るさがワントーン上がった様な、そしてツヤがプラスされた仕上がりになります。

 

 

 

私は目の横Cゾーンや目の下に使います。

使う際は愛用している竹宝堂のブラシでさらっととり、1度軽くティッシュでおさえて余分な粉を落として、肌を軽く磨くような意識で、しかし優しいタッチでのせます。

 

 

そうすると、少量のハイライトをのせただけなのに、上質なツヤがプラスできますよ。

 

 

 

02ピンクグロウは今回発売されたカラーの中でも万能使いできる色番だと思います。

この白いパッケージも、使う度に気分が上がります。使わないでもポーチに入れておきたいほど可愛いですね。

 

 

 

色番によって色の出方やパール、ラメ感は少し異なるので、ぜひ好みのハイライトで今以上に肌のツヤと明るさを高めるメイクをしてみてください。