MENU
常岡珠希(Tsuneoka Tamaki)
TTMK.LLC代表/美容家
2016年にTTMK合同会社設立 代表/美容家
TTMKのスキンケアブランドPARTIEは2018年より販売開始
コンセプト設計から成分処方、パッケージ選定と化粧品製造業務に携わっている
常岡プロデュースのスキンケアアイテムは【肌に負担の少ない、必要なもののみ与えるケア】ができると多くの支持を得ている
化粧品企画製造開発の知識と経験を活かし、肌悩み解決ができるよう、スキンケアアイテムの成分や選び方、使用法についてセミナー・パーソナルレッスンを行い多くの人の肌悩み解決に邁進している
メディアでの執筆、企業セミナー講師もつとめる

ふんわり香るくらい自然がいい。愛用ヘアミスト5アイテム。

INFO

<景品表示法に基づく表記>
当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています

 

私はしっかり香りすぎてしまうのが苦手です。なので、香水を使用する場合もほんの少しだけ足首に吹きかけて使ったり、自宅でリラックスタイムに軽く使用する程度です。もちろん、好きだなと思う香りはあるので香水はいくつか持っているのですが、使用頻度はそんなに高くないんです。

 

しかし、香りってやっぱり癒しですし、なんとなく香るかな程度に、ふんわりと香る程度で取り入れたいと思っています。
そこで私がよく使っているのがヘアミストです。髪に軽く吹きかけるだけで、ふわっと自然に香らせることができます。アイテムによってこの香りの強さは異なるので、吹きかける量もそれに合わせて使っています。

 

今回は、私がふんわり香らせる為に使用している愛用ヘアミストを5本、ご紹介いたします。

 

 

 

contents
この記事の著者

TTMK.LLC代表/美容家
常岡 珠希 (Tsuneoka Tamaki)
化粧品企画製造・セルフ美容スキンケア講師歴7年

詳しく見る

2016年にTTMK合同会社設立 代表/美容家
TTMKのスキンケアブランドPARTIEは2018年より販売開始。
コンセプト設計から成分処方、パッケージ選定と化粧品製造業務に携わっている。
常岡プロデュースのスキンケアアイテムは【肌に負担の少ない、必要なもののみ与えるケア】ができると多くの支持を得ている。
化粧品企画製造開発の知識と経験を活かし、肌悩み解決ができるよう、スキンケアアイテムの成分や選び方、使用法についてセミナー・パーソナルレッスンを行い多くの人の肌悩み解決に邁進している。メディアでの執筆、企業セミナー講師もつとめる。

インスタグラム(フォロワー6.2万人)ではメイク・ヘア・スキンケア投稿が人気。

ふんわり香る愛用ヘアミスト5本!

 

SHIRO
ホワイトリリー ヘアミスト
3,000円+税

PAUL & JOE
ボディ & ヘア ミスト
1,500円+税込

CHANEL
チャンス オー タンドゥル ヘア ミスト
4,800円+税

CHANEL
ココ マドモアゼル フレッシュ ヘア ミスト
5,300円+税込

Dior
ミス ディオール ヘア ミスト
4,500円+税

 

 

ここ最近、私がよく使っているヘアミストです。

 

 

実は、私が香水よりもヘアミストをよく使うのは最近はじまったことではなく、昔からです。

髪が長い時が多いのでふんわりいい香りでいるといいなと思い、香りものアイテムを買うようになった学生の頃からヘアミストアイテムをよく使っていました。また、髪につくにおい対策という意味もありました。

 

 

 

ヘアミストといっても、アイテムによって香りの付き具合や、香り持続時間はかなり異なります。
何プッシュも吹きかけても香りが強くなくふんわり香るものもあれば、1プッシュでも香水のようにしっかり香りが強いものもあります。

 

 

自分でなんとなくわかるかな程度の香りの強さで、出かける前につけて帰宅後にほんのり残っているかなくらいのものが私は好みです。
アイテムによりけりなので、吹きかける量でこれは調節しています。

 

では、それぞれ愛用品をご紹介します。

 

 

 

SHIRO ホワイトリリー ヘアミスト

SHIROの中で1番好きな香りがホワイトリリーです。

少しフローラル感のある、でも重たくなく爽やかでさっぱりした印象もあり、清潔感漂う、そんな香りです。SHIROの中でも人気の香りです。

 

 

大好きな香りなので、ホワイトリリーのアイテムは他にもよく使っています。

 

中でも使用頻度が1番多いのはヘアミストかもしれません。

 

髪の内側から外側に向かって、髪をさっと動かしながら左右1プッシュずつ吹きかけています。ヘアミストの中では、香りの強さは真ん中程度で、弱すぎず、強すぎずといった感じだと思います。

香りが弱すぎるものだと吹きかけてすぐに香りが分からなくなってしまうものもありますが、こちらは2プッシュしておけば結構長時間香りを楽しむことができます。

 

 

 

PAUL & JOE ボディ & ヘア ミスト

こちらは今年使い始めたアイテムです。季節的なこともあり、柑橘系の香りのものが欲しいなと思い探していた時に過去に使っていたポール&ジョーのアイテムを思い出しました。もう10年いかないほど前の記憶だったのですが、夜に使っていたフェイスアイテムでポール&ジョーのものがあり、それが柑橘系のいい香りだったな〜っと覚えています。

 

オレンジフラワーの香りで、さっぱりしつつ、ちょっと女性らしい感じもあるのが好きですね。

 

こちらは香りはSHIROよりは少し弱めです。またボディにも使えるということなので、ちょっとミストも粗めな気がします。
使用量を多くしてもあまり香りの強さは変わらないですが、こちらの2プッシュほどで使用することが多いです。

暑く不快感がある夏時期でも使いやすいようなさっぱりとしたヘアミストです。

 

 

 

CHANEL チャンス オー タンドゥル ヘア ミスト

CHANELのフレグランス系アイテムの中でも定番といっていい程人気なのが、チャンス オータンドゥルです。私もこの香り、好きです。

 

フルーティーな香りの中に、柔らかいジャスミンをフワッと感じます。
強さのある香りというよりは、柔らかい印象の香りです。ただ、こちらは1プッシュでも十分香りが髪に付きます。

 

 

1プッシュの時は頭の上にシュッと出して、そこをくぐるようにして付けたり、髪を片側に全て持ってきて内側から吹きかけています。
あまり強く香らせたくないけど、香りはある程度持続して欲しいので、内側から吹きかけることが多いような気がします。

 

 

 

ヘアオイルも持っているので、オイル1プッシュほどでヘアセットした後にヘアミストを吹きかけて完成させることもあります。ヘアオイル自体は香りはちょこっとついていますが、髪につけるとそこまで香らないので重ねて強くなりすぎてしまうこともありませんよ。

 

 

 

CHANEL ココ マドモアゼル フレッシュ ヘア ミスト

もう1つCHANELのヘアミストです。こちらも人気の香り、ココマドモアゼルです。
オレンジとローズ、パチュリという好きな香りの組み合わせで、甘すぎずフレッシュな印象もあるような仕上がりになります。

 

いままでご紹介したヘアミストの中では最も香りが強いです。そして、香り持続時間も断トツで長いです。比べなくても使用した感じでこの違いはすぐわかる程ですね。
香水とまではいかないですが、それに近いような感じで使用できるアイテムです。

 

 

なので、こちらも1プッシュ吹きかかける感じで十分です。むしろ、半プッシュでもいいかなと思う時もあるほどですが、なかなか上手く半プッシュで止めることができず1プッシュ使用していることが多いです。

 

香りがしっかりとあるので、なるべく一箇所に集中してかからないようにだけ注意しています。プッシュすると同時に髪をさらっと動かすようなイメージで吹きかけています。

 

 

 

Dior ミス ディオール ヘア ミスト

いままでは、フローラルや柑橘系の香りが多かったのですが、たまにローズ系の香りを使いたくなる時もあります。

 

ローズの香りは好きなのですが、強すぎると重たさをずっしり感じる気がしてしまうのが苦手です。なので、ローズ系を選ぶ際には、どのくらいの香りの重さなのかをチェックします。

 

ローズの香りは人気なので色々なものがありますが、やっぱりミスディオールは使いやすいですよね。

 

 

同じくミスディオールにローズ&ローズという香りもありますが、こちらだと私は結構ローズの重たさを感じてしまうので、昔からあるタイプを使用しています。

香りの強さはSHIROやPAUL & JOEよりはしっかりと感じます。CHANELココマドモアゼルのミストよりは若干控えめ、CHANEL チャンスのヘアミストと同じくらいの香りの強さ感覚で使用できると思います。ただ、香り持続はチャンスよりは少し長く感じる日が多い気がします。

 

 

 

以上が私のお気に入りヘアミストでした。

 

 

アイテムによって香りの強さや特徴は異なりますが、どれも大好きです。
ふんわり香るヘアミストをお探しの方はぜひチェックしてみてください。

 

 

旬のちょっとした美容Tipsを毎週月曜お届けする無料メールマガジン
美容の意識・気づきを手に入れて素敵な日常に

コスメやスキンケア、新しく試したもの、旅行、グルメ、勉強、運動、その他日常を共有し、彩り豊かな生活を楽しむオンラインサロン。

  • URLをコピーしました!
contents