MENU
常岡珠希(Tsuneoka Tamaki)
TTMK.LLC代表
2016年にTTMK.LLCを設立、代表
TTMKのスキンケアブランドPARTIEは2018年より販売開始
コンセプト設計から成分処方、パッケージ選定と化粧品製造業務に携わる
【肌に負担の少ない、必要なもののみ与えるケア】ができると支持を得ている
肌悩み解決ができるよう、スキンケアアイテムの成分や選び方、使用法について講座やブログにて発信
企業セミナー講師もつとめる

マキアージュ新作リップティント!マスクにつかない?塗り心地や仕上がりは?

  • URLをコピーしました!

 

発売前から話題だったマキアージュのリップティント。

 

 

世界初のハイブリッド処方でマスクにつきにくく、みずみずしい発色がつづき、保湿効果もあるとのこと。

 

私もマキアージュのアイテムは好みのものが多いので発売をとても楽しみにしていました。

また、マキアージュのリップで私がいままで1番好きだなと思うのが「ウオータリールージュ」というティントタイプのものだったこともあり、同じくティントタイプなので新作に対しても期待大でした。
今回は、私の好きな2色を用いて、塗り心地や発色、使用感等についてレビューします。

 

 

 

contents

やや塗り方にコツがいる、うまく活用できればベスト!

 

マキアージュ
ドラマティックリップティント
全5色, 2,300円+税

 

 

今回発売されたのは全部で5色です。その中ではBE203、PK301という2つのカラーを選びました。新しいアイテムや、気になっているものだと、まずは好みのものを選ぶようにしています。

 

 

ドラマティックリップティントはチューブタイプのアイテムです。

蓋を開けるとこのようになっています。

水分量が多いリキッド系のアイテムだと、アプリケータータイプよりチューブタイプの方が衛生面的に嬉しいという方は多いのではないでしょうか。また、これは人によって少し異なりますが、チューブの方がパパッと塗れて便利なので好きだということも多いですね。

 

 

 

チューブを軽く押すと、この様に中のリキッドがでてきます。

このまま直塗りできるタイプです。

 

 

 

 

このリップの大きな特徴は、「マスクにつきにくい」が1番大きいのではないでしょうか。商品ページに記載してあるほどなので、かなりこの特徴は期待大でした。

塗って5分ほど待つと、表面に透明なつや膜ができ、またしっかり色は唇に密着しつつティント効果もあるので色持ち長持ち、ということです。

 

 

実際に使ってみて、確かに色持ちはいい方、マスクにもつきにくい方だと思いました。ただ、色持ちに関しても、マスクにつきにくいに関しても、他にもこのくらいの感じのアイテムはあるなというイメージです。
なので、こちらの使用感が好みであれば、飲食しても色はほどほど落ちにくく、マスクをしてもべっとりつかないので使いやすいと思います。

 

 

 

しかし、1番気になったのは塗り心地と仕上がりのみずみずしさに関してです。

 

まず、若干塗りにくいです。慣れもあると思いますが、チューブからリキッドを出して塗っていると、ムラになりやすいです。なので、足りない部分に塗り足ししようとすると少しもたつく感じがします。なので、塗る際はパパッと塗る、乾くまでは唇の上下合わせて馴染ませたりしない方が綺麗に仕上がります。

私が購入したカラーだとBE203は比較的ナチュラルは発色です。これくらい薄い発色のものだと、色むらは感じにくかったので、色が濃くなる色番ほど色むらは感じやすいと思います。
また、唇のある部分は濃く色がのったり、薄くしかのらなかったりもするので、自分の唇特徴をおさえつつ、塗ることができる様になると結構綺麗に仕上がります。

 

 

そして、みずみずしい発色が続くと商品パッケージにも記載があったのですが、私のイメージしていたみずみずしさとは少し異なりました。

 

みずみずしい、要は潤い感があったり、ほどよくツヤがあったり、そういったものをイメージしていました。確かに発色自体はあまり色味が変わらず(少し赤みが出る気もしますが)持続するのですが。表面の質感は少しふわっとしたものになります。マットとまではいきませんが、ツヤっぽさがあるかと言われれば違う気がします。
なので、これがみずみずしいなのか?という印象はあります。仕上がり質感は自然な感じなので私はむしろ好きなのですが、ツヤをイメージしていると異なると思います。

 

 

 

若干、購入前と商品に対してのイメージが異なっていたのですが、素早く塗る、乾くまでは唇は合わせないなどして綺麗に塗ることができれば、色持ちもよく、自然な質感の仕上がり、マスクにもつきにくいということでかなり活用できると思います。

 

 

 

では、2色の色味をご紹介します。

 

 

 

BE203 ミルクティージャム
PK301 ピーチネクタージャム

 

腕に出すとこのような色味です。

 

 

 

 

BE203 ミルクティージャム

ヌーディーなベージュカラーなので、そこまで色味を求めず、ナチュラル重視の方におすすめです。

 

 

 

PK301 ピーチネクタージャム

赤みピーチ系カラーです。オレンジ味はそこまで強くでず、どちらかといえば黄みよりナチュラル赤みリップという仕上がりです。

 

塗った直後はこんな感じでツヤがありますが、時間が経過するとこのようなツヤはなくなります。あまり艶々しすぎず、ふわっと自然な唇質感が好きな方にはぴったりだと思います。

 

 

期待しすぎてしまっていたのですが、うまく塗れるようになればもっとベストに活用できるのではないかなと思っています。

機能面的には使いやすい程度の色持ち、マスクへの色移りのなさななので、そういったもの重視で選ばれるならよいのではないかなと思います。

 

 

Tamaki Tsuneoka愛用品

Beauty Brush Lesson

10/23 美白成分マスターLesson

(満席のため申込受付終了しました)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share if you like!!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
contents