MENU
常岡珠希(Tsuneoka Tamaki)
TTMK.LLC代表
2016年にTTMK.LLCを設立、代表
TTMKのスキンケアブランドPARTIEは2018年より販売開始
コンセプト設計から成分処方、パッケージ選定と化粧品製造業務に携わる
【肌に負担の少ない、必要なもののみ与えるケア】ができると支持を得ている
肌悩み解決ができるよう、スキンケアアイテムの成分や選び方、使用法について講座やブログにて発信
企業セミナー講師もつとめる

愛用品こそ、最後までしっかり使う!

  • URLをコピーしました!

今週はグロウグロスCCベースを最後まで使い切る方法、そして様々な活用方法についてです。

商品を作る時には、中身はもちろん、容器をどんなものにするのかもかなりこだわっています。です。

実は、製品開発の際にグロウグロスCCベースはポンプ式の容器にしようかと検討したこともありました。しかし、毎日使うベースメイクアイテム、ぱぱっと適量出したい、よく使うものなのでしっかり最後まで使いたい、そうなるとチューブタイプの方が勝手が良いと思い、現在のパッケージになっています。

私も毎日使っていますが、使い切りの際には今回ご紹介する方法をとっています。

また、1アイテムでも色々な使い方ができるので、1つあるととても便利なアイテムなのです。

愛用アイテムこそ、賢く長く使いたいですよね。特に毎日使うアイテムだとそれなりに消費するのも早いので、コスト面も気になるところです。

PARTIEのアイテムは毎日使うことを考えて作られています。例えば、グロウグロスCCベース

ベースメイクアイテムとして毎日使いやすいよう、ぱぱっと適量を出すことができるようなチューブタイプにしています。チューブだと、直接中身に触れることがないので日々使うアイテムとしても安心感がありますね。

このチューブ、最後までしっかり使えるようにもなっています。

そして、使い道は1つだけでなく、色々と活用できるアイテムなのです。

contents

最後までしっかり使えるチューブ

朝メイクをする時、ゆっくり時間をかけることができる日は少ないですよね。

次の予定まであとどのくらいあるからと、逆算をしてメイクを済ませていると思います。よって、アイテムの使いやすさも毎日愛用アイテムには重要な要素です。

グロウグロスCCベースはチューブタイプなので、軽く押すだけで適量がでます。もし、少し足りないなと思ってもすぐに足すことも可能ですね。

そしてこのチューブ、柔らかく折り曲げやすいものを採用しています。

使っていくうちに内容量が減って少し出が悪くなることもありますよね。くるくるっと丸めて、先のほうにあるクリームまでしっかり出すことが可能です。

また、愛用アイテムこそ、最後の最後まで使いたいですよね。

実は、このチューブの先端が取れるようになっています。

先端が取れると、綿棒が1本入る程度の余裕があるので、最後の最後までしっかり中身を取り出すことが可能です。

もうこれで最後かな?と思った時は、チューブの先端を外してしっかり使い切って下さい。

活用方法は様々

グロウグロスCCベースは、紫外線カット、ブルーライト防止効果も備わっているアイテムです。

太陽から降り注ぐ紫外線や、スマートフォンやパソコンから出ているブルーライトから肌を守る役割もはたします。

美肌ケアもできる成分設計なので、スキンケア後にまずはこれを塗るという習慣つけるのがおすすめです。

そして、それ以降は活用方法は様々あります。

グロウグロスCCベースは使いやすいヌーディーカラーで、肌にのせると自分の肌をワントーン明るく見せることができるような仕上がりです。

ほどよいカバー力もあるので、顔の色むらや毛穴目立ちを自然に隠す程度の仕上がりになります。よって、これ1本でベースメイクを完了させることもできます。

目元や口元などよく動かして崩れやすい箇所には軽くパウダーをのせることで、メイク崩れ防止になりますよ。

そして、メイク下地として使うこともできます。

下地として色むらや毛穴を軽くカバーし、紫外線、ブルーライト対策ができ、更にファンデーションののりを良くします。リキッド、パウダーともに相性がよいので、どちらのファンデーションにも合わせることができます。

仕事の日は下地として、休みの日は1本仕上げアイテムとして活用することができるベースメイクアイテムです。

さらに、お直しアイテムとしても活用することが可能です。

表面の皮脂を軽くティッシュでおさえた後に、グロウグロスCCベース少量を直したい箇所にのせ広げ、パフで軽くおさえます。

そうすると、朝にグロウグロスCCベースを塗った時と同じような状態になります。軽く上からパウダーでおさえれば、朝のメイクしたばかりのような綺麗な肌仕上がりになります。大きく崩れてしまっているところ、毛穴落ちしてしまっているところなどは上からしっかりファンデーションを重ねるよりも1度落とし整える方が綺麗に直すことができますよ。

ポーチにINしやすいサイズなのも、お直し持ち歩きアイテムとしてぴったりです。
(1番長い所で12.8cm!)

愛用アイテムこそ、しっかり最後まで、そして色々活用して賢く使いましょう。

Tamaki Tsuneoka愛用品

Beauty Brush Lesson

10/23 美白成分マスターLesson

(満席のため申込受付終了しました)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share if you like!!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
contents