クリーム×パウダーでつくるツヤアイメイクにはまる最近

 

しっかりマットよりも、ツヤを取り入れて仕上げる目元のメイクが好きなのですが、最近はまっているのは、クリーム×パウダーで仕上げるツヤアイメイクです。

 

クリームアイシャドウのみでも、パウダーアイシャドウのみでもツヤ仕上がりのものはありますが、2つを重薄く重ねて仕上げるツヤ感が、上質な仕上がりになるので気に入っています。

 

テカテカとは違う、2つの良さをいいとこ取りしたようなツヤ感なのです。色々と組み合わせを試している最中なのですが、ぴったり良いと思う時もあれば、もっとこうすれば良かったなという時もあります。

今回は、最近気に入っているクリーム×パウダーでつくるツヤアイメイクをご紹介いたします。

 

 

クリーム×パウダーでつくるツヤ感を楽しむ

 

今回メイン使いするアイテムはこちらです。

 

コスメデコルテ アイグロウジェム BE385
オンリーミネラル ミネラルピグメント アイシングベージュ

 

この2つ、どちらも単品使いでも使うことに多く、他カラーも持っているお気に入りのアイシャドウです。

 

 

クリームアイシャドウといえば、アイグロウジェムという方も少なくないのではないでしょうか。

 

クリームだとよれやすい物も多い中、アイグロウジェムは瞼への密着感も高く、1つでグラデーションも作れる、素早くアイシャドウを済ますことができると優秀なアイテムです。

 

 

 

ミネラルピグメントは、とっても繊細なパウダーです。容器を開けると1回分でてきます。もちろん色番にもよるのですが、こんなに繊細なのに少量でも比較的しっかり発色します。

 

ラメパール感もとっても綺麗なので、繊細なパウダー好きな方だととてもはまるアイテムだと思います。

 

 

 

単品使いでも大好きなアイテムですが、この2つを薄く重ねて仕上げるメイクに最近はまっています。

ブラウンで統一しているシンプルなメイクなのですが、仕上がりのツヤが派手すぎない上品さがある点が特に好きです。

 

 

メイクプロセスは簡単なのですが、動画にまとめてみました。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TAMAKI TSUNEOKA/常岡珠希(@tamaki.tsuneoka)がシェアした投稿

 

 

最初にコスメデコルテ アイグロウジェム BE385を薄く重ねます。後からミネラルピグメントを重ねるので、アイグロウジェムで濃くならないように気をつけます。

 

アイグロウジェムは少量を目のキワから二重幅あたりにのせ、その後再び少量を目のキワからアイホール全体にのせて少し目のキワ部分が濃くなるようにします。

 

 

 

次に、オンリーミネラル ミネラルピグメント アイシングベージュを重ねます。

 

ミネラルピグメントは蓋をあけると1回分がでてきます。この1回分を片目にのせるとしっかり濃くなるので1/3程度を片目にのせています。ブラシにミネラルピグメントをとったら、軽くティッシュでおさえて調整してからの方がより均一にナチュラル感のある仕上がりになります。

 

アイグロウジェムのみ、ミネラルピグメントのみ、アイグロウジェム+ミネラルピグメントの3つを比べてみると、重ねて仕上げた方がもちろん濃くなるのは当たり前ですが、ツヤの出方も変わりますよね。

 

 

 

今回はアイグロウジェムとミネラルピグメントの組み合わせでした。

もちろん、他アイテムでクリーム+パウダー仕上げでもツヤが綺麗にでたりもするので、色々と試してツヤの出方を楽しむのもいいですね。

 

また、ツヤ出しという点でなくとも、少しよれやすいクリームアイシャドウであれば上からパウダーを重ねることでよれ防止になることもあるので、お気に入りだけどよれやすいクリームシャドウを使うときにもこの組み合わせはおすすめですよ。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ