短めちょい跳ね上げラインに最近はまっています

 

ここ最近、アイラインは目尻よりぐぐっと長くは引かずほんのすこし伸ばす程度、そしてちょこっとだけ跳ね上げて仕上げるのにハマっています。

 

短めちょっと跳ね上げで仕上げると、目元が少しキリッとなります。それに合わせてまつ毛もしっかり上げると、ラインとの相乗効果で目の上側がきちんと盛れる気がするのです。

 

春メイクということで、甘めの色味を使うことも多く、全体的に見た時に少しガーリーすぎる、甘すぎる、可愛すぎてパンツスタイルに合わないなどあったので、目尻ラインを短めちょっと跳ね上げにしたところ、甘辛バランスがいい具合に取れてしっくりきたので、そこから最近よくしているという訳です。

 

 

短め跳ね上げでつくるアイメイク

普段、目尻ラインはリキッドライナーで引いています。ただ、目の上やまつ毛の間はジェルライナーを使っています。

 

 

これは、ジェルライナーで目尻までラインを引いた目元です。

 

その日のメイクによって目頭から目尻ギリギリまで引くこともあれば、黒目上から目尻までなどは変わります。

 

横から見ても、目尻部分までしか引いていないのがわかりますね。

まずこのようにした後に、リキッドライナーを使い目尻ラインを引いていきます。

 

 

ジェルライナーで引いたラインの終点から少し角度をつけて跳ね上げラインを書きます。

あまりにも角度をつけすぎたり、伸ばしすぎると目尻ラインが目立ってしまうので、角度もほどほど、長さは短めを意識します。

 

 

目を開けるとこのようにみえます。

きつすぎない跳ね上げなので、目尻のまつ毛がしっかりあがっているようにも見えます。これは、マスカラを塗るとより一体化してそのように見えます。

 

 

マスカラをするとこのようになります。

目尻ラインだけ際立って目立つ感じもありませんよね。

 

 

 

引きでみるとこんな感じです。

引きで見た方が、目尻ラインがまつ毛と一体化して目力強めなのが分かりやすいですね。

 

 

 

目尻のラインを変えるだけでも、目元の印象、そして顔全体の印象を変えることができます。

明日のメイクは目尻ラインを変えて見て、新しい挑戦をしてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ