ネイルカラー選びに迷ったら。色味統一、異なる3質感で組み合わせる!

 

ネイルカラーを決める時、パッと決まらない時は例えば5色違うカラーを塗ったりします。

迷ったら5本違うカラーをのせてみる。CHANELで揃えたピンク系ネイル!

 

 

 

あとよくするのは、異なる質感だけど色味は似たようなものを揃える方法です。

この選び方だと、色味はだいたい揃っているので統一感はでるのですが、5本全て同じカラーで仕上げるよりちょこっと遊び心がでます。私はこの選び方でカラーを決めル事が多いので、過去ネイルを見るとそのようなネイルが多いように思います。

 

とても簡単、だけど全部同じカラーよりもちょっと印象的、そんなネイルです。

 

 

 

 

ラメの有無、大きさを変えて選んでみる

 

私の今日のネイルはこちらです。

 

 

使ったアイテムはこちら。

 

CHANEL
ヴェルニロングトゥニュ
491 ROSE CONFIDENTIEL

DAZZSHOP
エモーテォブネイルパフォーマー
07 LITTLE DANCER

ADDICTION
ザネイルポリッシュ
048P CryBaby

 

ピンク系カラーで統一しています。あと、できるだけ色味も似たようなものを揃えています。例えば、パープルっぽいピンクとオレンジっぽいピンクを合わせるのではなく、ベージュピンクならそれで、コーラルピンクならその色味で、といった感じです。明るさはそこまで揃えるのに気にしてはいません。

 

 

 

そして、このネイルそれぞれラメ感が異なります。

 

CHANEL ヴェルニロングトゥニュ 491はラメは入っていないタイプのカラーです。シンプルですが、ローズピンクが秋冬ネイルにはぴったりでこの時期にはかなり活用しているアイテムです。

DAZZSHOP エモーテォブネイルパフォーマー 07はぎっしりラメが入ったカラーです。比較的大きめ(といってもグリッターのような大きさはありません)のラメ入りで、色もきちんとのりますがラメの輝きの主張がしっかりあるタイプのネイルカラーです。

ADDICTION ザネイルポリッシュ 048Pは細かいチラチララメ入りのネイルです。パールほど細かさはなく、ラメだと認識できる大きさですがとても細かく繊細さがあります。先ほどのDAZZSHOP 07よりもラメの輝きは少ないですが、上品さはこちらの方がでます。

 

 

このように、3カラー、ピンク系で揃えてはいますが、ラメ感がそれぞれ異なります。この違う感じの組み合わせ、塗るとしっくりくるんですよね。

 

組み合わせが思い浮かばないなという時はこんな基準でまずは色をいくつかピックアップしています。並べてみて、いい感じに見えたものでネイルしていることが多いですね。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TAMAKI TSUNEOKA/常岡珠希(@tamaki.tsuneoka)がシェアした投稿

 

また、ここから1本だけ色を変えたりすることもよくあります。そうすると、そのカラーが主張できて可愛いんですよね。例えば、ぎっしりラメのネイルをゴールド系のものにしてみみたりするというのはよくします。

 

 

手持ちネイルで組み合わせ選びに困った時は、色味は似たもので異なる質感のものを組み合わせてみる、ぜひお試しください。