3ポイントをおさえて、マットではないふわふわ肌

 

マットアイテムは、パサつき感やカサついた感じが苦手だという方も多いかもしれません。また、ここ数年のツヤ肌ブームもあり、ベースメイクはマットにしないという方も少なくないようです。

 

ただ、私自身はツヤ肌も好きですが、あのペタペタした感じのツヤ肌はどうも好きではなく(ほこりが付きそう、花粉症なので春、秋はほぼ無理、崩れると一気に清潔感が減少してしまう)、ということで、ふわっとした肌に全体を仕上げることが多いです。

 

 

マットというと、カサつきイメージがあるかもしれませんが、潤いがある肌をマット仕上げにすると、ふんわり肌に仕上がります。

赤ちゃんの肌は変にテカテカしていないのに、くすみのない透明感、そして潤い感もあり、ふんわり肌に仕上がっていますよね。まさり、理想はそんなふわふわ肌です。

 

 

 

ふわふわ肌作り

 

ただマット感のあるものを使うだけだと、ふわふわ肌にならないこともあります。私が気をつけているのは3ポイントあります。

・肌がきちんと潤いっているコト
・下地はツヤっぽいものを使うコト
・ルースパウダーにこだわるコト

この3ポイントをおさえないと、くすみのない透明感、そして潤い感もあり、ふんわり肌に仕上げるのが難しいので、どれかクリアするのが難しい時はツヤ仕上がりファンデーションに頼ってツヤ肌仕上げにすることもあります。

 

 

 

肌がきちんと潤いっているコト

これはふわふわ肌には絶対必須条件だと思っています。

 

あまり肌のコンディションが良くない時(なんだか表面がカサつく、潤い感があまりないような)だと、ふわふわ肌作り手順に沿って仕上げても、どんよりして見えたり、それこそカサつき感が目立ってしまいます。
なので、肌のモイスチュアバランスが整っていない時は、他アイテムに頼りツヤ肌仕上げにしたりなどしています。

 

私はふわふわ肌仕上げが好きで年間ほぼ9割はこの方法なので、肌のモイスチュアバランスを整えておくことは好きなベースメイクをする為にも大切なことです。疲れているとスキンケアが面倒に感じ、適当にクレンジングをしたり、化粧水を塗ったりなどしてしまいますが、翌日のふわふわ肌を思い浮かべるとモチベーションも上がります。

 

よって、ふわふわ肌仕上げには肌のモイスチュアバランスを整えておくのは必須だということですね。

 

 

 

下地はツヤっぽいものを使うコト

ふわふわ仕上げにするのだから、下地はどんなものでもいいのではないか?というと、そんなことはありません。

ふわふわだけれども、カサつき感がない仕上がりにするには、内側がしっかり潤っていること、そして潤いがつまったよいなツヤがあることが大切です。

肌のモイスチュアバランスが整っていること、そして下地でもその潤いサポートができるようなものを使います。

 

 

普段のふわふわ肌は、私はPARTIE グロウグロスCCベース+ルールパウダーで仕上げています。

 

グロウグロスCCベースは、美肌ケアができるベースメイクアイテムで下地として使ってもよし、1本仕上げでもよしのアイテムです。

美肌ケア部分は商品ページに詳しくのっているのでそちらをご覧いただければと思いますが、ホホバ種子油、シア脂やコメヌカ油など配合されていて潤い感もしっかり備わっているアイテムです。オイル配合でもべたつき感はないので安心です。

また、配合されているマンダリンオレンジ果皮エキスが角質細胞1つ1つにハリを与え、光反射量を増やし、透明感のある肌へと導くので、使い続けることで、透明感が増すベースメイクアイテムです。

 

このような感じで、潤い感のある肌、そしてそれをサポートできるような潤い+ツヤ下地を使ってふわふわ肌作りをしていきます。

 

 

 

ルースパウダーにこだわるコト

私の場合は、ファンデーションをあまり使用しないのでCCクリーム→ルースパウダーで仕上げています。

ファンデーションを使う方は、ツヤ仕上りだと潤いの詰まったふわふわ感、マットより仕上りだと柔らかい印象のふわふわ感になるので、そのあたりは好みで使い分けるといいと思います。

 

 

そしてなにより、ふわふわ質感を出すのにはルースパウダーにこだわりましょう。

ルースパウダーにも色々と種類があり、ツヤっぽくなるもの、マットっぽくなるものとあります。

ただ、ツヤっぽくなるものもやはりパウダーではあるので、リキッドなどで出すツヤとは異なります。私もツヤっぽくなるもの、マットっぽくなるもの、どちらも愛用していますが、ふわふわ加減は変わるのでその日の好み、気分で選んでいます。

 

コスメデコルテ フェイスパウダー 00
ジバンシイ プリズムリーブル No.1

 

コスメデコルテのフェイスパウダーは愛用している00以前から考えると、この2アイテムどちらもとっても長く使っているアイテムです。何度リピートしたかわからないほど、もう何年も使っています。

 

そして、ルースパウダーは仕上りに大きく関わるのでベースメイクアイテムの中でも好きなアイテムです。なので、その間にもいくつも他のルースパウダーを試してきましたが、結局はこの2つに落ち着きます。

 

 

使い分けをするならば、コスメデコルテ フェイスパウダー 00はふわふわながらも艶やかな印象にしたい時、ジバンシイ プリズムリーブル No.1は透明感重視、ふんわりとしたふわふわ肌にしたい時に使っています。

 

どちらも、パウダーだけれどもカサつき感がでにくく、ベースをいい感じに整えて肌を綺麗にメイクアップできるルースパウダーです。ルースパウダーで迷われている方には、とてもおすすめのアイテムです。

 

 

 

ブームはあれど、やはり自分の好きな雰囲気のメイクに仕上げるのが満足度が高く、気分もあがりますよね。

 

マットではないふわふわ肌仕上げしたい、そんな方は3ポイントをおさえてメイクをしてみてはいかがでしょう。

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ