オイルの特徴を最大限に活かしたアイテム!

 

毎週水曜日、PARTIEのBeautyコンテンツがUPされています。

 

PARTIE リッチモイストクレンジングをご愛用いただいているお客様からいただくお声で多いのが、「乾燥を感じない」「洗い上がりがもっちり」「毛穴の角栓、黒ずみが目立たなくなった」というものです。

 

リッチモイストクレンジングオイルは、ライスブランオイルをメイン配合しています。

オイルは他にも沢山ありますが、なぜライスブランオイルを選んだのか。

それは、ライスブランオイルにある特徴がクレンジングにぴったりだと思ったためです。

 

ライスブランオイルをメイン配合したクレンジングはまだそう多くありません。また、リッチモイストクレンジングオイルは独自処方によってクレンジングに求められることも備わったようなアイテムとなっております。

 

 


メイク落としに使用するクレンジング、ただ単にメイクが落ちれば特に問題ないでしょうか?
そんなことはありません。

 

 

過度な洗浄力があるアイテムで日々メイク落としをし続けると、気が付いた頃には、肌乾燥を感じやすくなってしまっているかもしれません。

かといって、穏やかすぎる洗浄力のアイテムでは汚れが落としきれずに、肌上で酸化したり、刺激になり肌トラブルを引き起こしてしまうことも。

こするように馴染ませるものや、時間がかかるものも、肌からすると大きな負担となります。

 

 

 

そこで、クレンジングには汚れはきちんと落ちるが乾燥しにくい、そしてメイクに素早く馴染みオフができるものが求められています。

また、メイク落としという性質上、肌のくすみや毛穴に対してもケアができるのです。

 

 

そのような究極のクレンジングは、一体どのようなものであればよいのでしょう?

 

 

 

 

PARTIEのライスブランオイルをメインオイルとしてたっぷり配合したクレンジング、「リッチモイストクレンジングオイル」はまさに上記の究極にクレンジングの条件に合うよう作られました。

他オイルにはない、ライスブランオイルならではの特性によって、きちんと落ちる、乾燥しにくい、くすみや毛穴対策にもぴったりなアイテムとなっています。

 

またリッチモイストクレンジングオイルならではの成分構成によって馴染みの良さ、乳化の速さ、刺激をかけにくという特徴も兼ね備えています。

 

 

 

ライスブランオイルをメインに配合したクレンジングはまだそう多くはありません。

そこで今回は、ライスブランオイルがなぜクレンジングにぴったりな成分なのか、そしてリッチモイストクレンジングがなぜ究極の美肌クレンジングであるのかを詳しくご紹介いたします。

 

 

 

 

クレンジングに最適なライスブランオイル

 

ライスブランオイルがメイン配合されているクレンジングはまだ多くありません。

しかし、ライスブランオイルはクレンジングに最適なオイルなのです。

 

 

 

オイルと言っても様々なものがございます。
ミネラルオイルなどの鉱物オイルや、エステルオイル、ライスブランオイルような油脂など、様々です。

 

 

オイルをメインに配合しているクレンジングは、メイク汚れ(油汚れ)は、油と馴染みやすいという性質を利用してメイクを落とすことができます。

よって、どんなオイルがメインに配合されているのかで、その脱脂力や馴染みの良さなどが変わってくるのです。

 

 

では、どんなオイルが最適なのでしょう?

まず第一に、酸化しにくく、馴染みがよいオイルを選ぶということが重要です。
酸化してしまったものを肌にのせると、刺激となります。
また、馴染みが悪いものはメイクを素早くオフしにくく肌へ負担がかかってしまいます。

 

 

特に、油脂をメイン使用している場合、そのオイルが酸化しやすいのかどうかを確認する必要があります。

ライスブランオイルは、不飽和脂肪酸の割合も他油脂よりも比較的低く、それ自体にビタミンEを含むので酸化しにくいオイルです。

 

 

またライスブランオイルは、皮脂と脂肪酸組成が似ているべとつきも少ないオイルで、メイクへの馴染みもいいので素早くクレンジングをすることが可能です。

 

これに加え、リッチモイストクレンジングオイルは独自処方によって乳化の速度がとても素早いアイテムとなっています。

メイクと馴染ませたクレンジングオイルに少量の水を馴染ませると、水とも素早く馴染むので素早く洗い流すことができるのです。

この乳化速度の速さは、ご愛用者様からも嬉しいお声を多くいただいているポイントです。

 

 

 

 

 

また、クレンジングにはただ素早くメイクオフができるだけが求められている訳ではありません。

洗い上がりの乾燥しにくさ、また、メイク汚れが残ってしまうことによるくすみ、毛穴悩み対策もできるようなアイテムが望まれる傾向にあります。

 

 

まさに、これにライスブランオイルはぴったりなのです。

 

 

ライスブランオイルには、ポリフェノールの一種であるγ-オリザノールとコメヌカスフィンゴ糖脂質が含まれています。

γ-オリザノールは肌の乾燥や荒れを防ぐような作用や皮脂膜の形成を促し乾燥や肌荒れを防ぐような働きがあり、コメヌカスフィンゴ糖脂質は水分保持やバリア機能向上の働きが期待できます。

 

 

クレンジング後にもっちりした肌なのは、素早くオフができるので肌上の潤い成分を落としすぎないということと、このようなライスブランオイルの特徴があってのものです。

 

 

それに加え、ライスブランオイルには”若返りのビタミン”とも言われているトコトリエノールが含まれています。

トコトリエノールには老化の原因となる活性酸素を除去するだけでなく、肌表面の角栓や黒ずみなどを抑えてくれる働きがあります。

 

皮脂と似た組成で角栓などにも馴染みがいいのに加え、トコトリエノールの作用もあり、日々のクレンジングで毛穴の詰まりや黒ずみが目立たないような対策をすることが可能なのです。

 

 

 

また、クレンジング時はどうしても肌が敏感になりやすくなってしまいます。

そこで、リッチモイストクレンジングオイルには4種類の抗炎症成分作用成分であるカミツレ花エキス、コンフリー葉エキス、ローズマリー葉エキス、グリチルリチン酸2Kを配合しています。

肌が健やかな時も、少し荒れが気になる時にも安心してご使用いただけます。

 

 

 

そして、全成分をご覧いただけるとお分りいただけるよう、クレンジングに不要なものは配合しておりません。

必要なものだけを、独自処方で配合しつくられています。

 

 

 

最後まで使い切れる容器、邪魔にならないデザインであるのも、ご愛用者様から日々使うアイテムとして嬉しいとのお声をいただいております。

 

 

PARTIE ブランドディレクターの常岡も、日々PARTIE リッチモイストクレンジングオイルでメイクオフをしております。

 

 

 

クレンジングで美肌に、とはどういうことなのか?

その答えは、リッチモイストクレンジングオイルに全て含まれています。

 

 

日々のスキンケアの始まりでもあるクレンジング、ここが美肌の分かれ道です。

究極のクレンジングオイルで美肌を手に入れ、維持してください。

 

 

 

 

リッチモイストクレンジングオイル グロウグロスCCベース

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

美肌コース講座 次回開催をお待ち下さい

ヘアアレンジ講座 5/25募集開始

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ