使い方で変わる。今以上に負担を少なく素早く落とす!

 

 

毎週水曜日、PARTIEのBeautyコンテンツがUPされています。

 

 

今回はクレンジングの乳化について。
 
 
 
 
クレンジングに限りませんが、どんなアイテムであってもその良さを引き出すには使い方も選び方同様に重要です。
 
 
 
 
クレンジングは、大きく分けると2種類に分けることができるのですが、油分で浮かし落とすタイプの溶剤型だと乳化することでより素早く、そしてメイク残りが少なくオフできるのです。
 
 
 
いま使っているクレンジングの良さをより引き出し、肌にできるだけ負担をかけずにメイクオフするために、乳化について確認してみましょう。

 

 


スキンケアアイテムは、アイテムの選び方、使い方共に大切です。

どんなに素敵なアイテムを選べたとしても、その使い方を間違っていると良さを発揮できません。

 

 

そしてスキンケアで最初に重要になるのが、クレンジングと洗顔です。

ここでつまづいてしまうと、この後に使う化粧水、乳液、クリーム、美容液を最大限に活用することができないのです。

それは、クレンジングと洗顔が”洗浄”を目的としたスキンケアアイテムだからです。

 

 

 

洗浄、つまり落とすとうことです。

汚れだけを落とすことができればいいのですが、肌には汚れ以外にも肌の潤いを保つ元々肌に存在する成分や、肌のバランスを正常化している常在菌などがあります。

クレンジングや洗顔によって、これらのバランスを崩してしまうとその後の塗り置きアイテムでカバーするのが大変難しくなります。

 

 

クレンジングと洗顔では、素早く汚れを落とす、本来落としたいもの以外はなるべく落とさない、摩擦をかけない、刺激を加えない、これを徹底したアイテム選び、使い方を意識しましょう。

 

 

 

中でもクレンジングの種類によっては、”乳化”を意識するだけでいままで以上に汚れを残さず素早く落とすことができます。

 

 

 

クレンジングの種類

 

クレンジングの種類と聞くと、「オイルクレンジング」「ミルククレンジング」「ウォータークレンジング」など頭にぱっと思い浮かぶかもしれません。

 

 

 

 

しかし、実際はクレンジングは大きく分けると2つの種類に分けることができます。

 

それが「溶剤型」と「界面活性剤型」です。

 

「肌を綺麗にしたい」場合の、究極のクレンジングの条件とは」でも触れられています。

 

 

 

溶剤型は、油は油と馴染みやすいという性質を利用した洗浄方法です。

 

 

 

油を馴染ませることで、メイク汚れ(=油汚れ)を浮かし、洗い流します。

油のみだと洗い流す時に水をはじいてしまい落としにくいので、界面活性剤を配合して乳化をさせて素早く流せるような設計になっています。

 

 

よって、洗浄の主体は「オイル(油)」です。

溶剤型の場合は、どんなオイルが配合されているのかということが大切なチェックポイントとなります。
溶剤型のクレンジングは、オイルクレンジングやバームクレンジングだけではなく、ミルクやクリームなども含まれる場合が多いです。

 

 

 

 

 

界面活性剤型は、界面活性剤の性質を利用してメイクを落とします。

界面活性剤がメイクとくっつくことで、メイク汚れを洗い流すことができます。

 

 

リキッドタイプやウォータータイプ、拭き取り系は界面活性剤型に分類されるものがほとんどです。

界面活性剤型の場合は、どのような界面活性剤が使用されているのかを確認することで洗浄力などをある程度チェックすることができます。

 

 

 

乳化を意識する

溶剤型のクレンジングは、油を馴染ませることで、メイク汚れ(=油汚れ)を浮かし、洗い流します。

しかし、油をメイク汚れに馴染ませても、それを水洗い流すの弾いてしまい難しいですよね。

 

 

 

そこで溶剤型のクレンジング剤には、乳化して洗い流しやすく界面活性剤が配合されています。

界面活性剤にも大きく4つの種類に分けられますが、その中でも非イオン界面活性剤という種類のものがよく配合されています。

 

 

こうすることで、メイク汚れ(=油汚れ)を浮かした油に水を少量馴染ませることで、さっと全体を流しやすくすることができるのです。

 

 

しかし、実際にはクレンジング剤をメイク汚れに馴染ませたら素早く洗い流してしまっているケースが多いようです。

乳化が不十分なまま洗い流してしまうと、メイク汚れが馴染んだクレンジング剤が顔に残ってしまったり、全体をしっかり落とすのに時間がかかってしまうのです。

 

 

 

クレンジング剤をしっかりメイク汚れをなじませたら、”乳化”を意識して行いましょう。

 

 

 

手のひらが濡れている程度でOK。その水分をクレンジング剤に馴染ませて乳化をします。

乳化をしっかり行なったところで、たっぷりの水で全体を洗い流しましょう。

 

 

 

 

たったこれだけのことで、いつもよりも素早くクレンジング残りを少なくオフすることができるのです。

このように日々行うクレンジングで、肌に汚れを溜めず、しかし負担を少なくしたオフが理想です。

 

 

 

乳化速度

 

PARTIEのリッチモイストクレンジングオイルは、乳化の素早さが大きな特徴の1つです。

 

 

 

クレンジング剤に少量の水を馴染ませるだけで、すばやくさらっとした液状に変化します。

 

 

メイク汚れはきちんと落ちる上、乳化も早いのでクレンジング時間が短くて済むのです。

 

 

 

ライフブランオイルをメインオイルとして使用していることもあり、毛穴や角栓悩みにも嬉しいお声をいただいているアイテムです。

→お客様からのアンケートでいただいたお声「PARTIE アンケート結果

 

 

 

 

今日から、クレンジング時は乳化を意識して行ってみてください。

たったこれだけで、肌は変わってくるのです。

 

 

リッチモイストクレンジングオイル グロウグロスCCベース

 

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

美肌コース講座 3/3・4/7<満席>

ヘアアレンジ講座 4/13募集開始

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ