このパレットでメイクがほぼ完成!時短メイクにはどう?

 

KATEの2019春発売コスメはホワイト骨格メイクがテーマ。

 

 

少し前に、新発売のアイシャドウについてご紹介しました。

KATE春コスメ!ホワイトアイシャドウを使ってメリハリ透明感!

 

ホワイトアイシャドウで、メリハリ透明感を出すメイクができるアイテムでしたね。

 

 

その他にもまだホワイト骨格メイクをテーマにしたアイテムが発売されました。

今回は、1つでアイシャドウとチーク、またハイライト等が完成するパレットをご紹介したいと思います。

 

 

1つで顔にメリハリがでる万能パレット

今回ご紹介するのはこちらです。

 

KATE ホワイトシェイピングパレット WT-1 ホワイト
全2色 1,800円+税

 

 

2カラー発売され、私はWT-1のカラーを購入しました。

WT-2は、ピンク感のあるチークとハイライトがセットになっています。
ブラウンカラーも黄みよりではないタイプです。

 

 

それぞれのカラーを腕に出してみるとこのようになります。

ハイライトカラーはAとB。
Aは、ラメやパール感はなく、マットな質感です。
Bは、パール感があり肌にのせるとツヤ感がでます。

Cは、チークカラー。こちらもツヤ感がでるもので、アイシャドウとしても綺麗に取り入れることができます。

Dは、ノーズシャドウとして使います。色が薄くのるので、しっかり濃くなりすぎてしまわないかという心配もありません。

Eは、アイシャドウ。少しシマー感のあるツヤ感がでます。

 

 

そして、このパレットにはパフが付属でついています。

 

顔のパーツにフィットするようにと、こんな形になっています。

 

私の指がかかっている広い面でAとBのハイライトカラーを塗ります。
反対側の上部でチーク、下部の部分でアイシャドウを塗ります。

 

 

今回、このアイテムを購入したのも、このパフが気になったからというのが1つの理由にありました。
この形は塗りやすいのかな?色は綺麗にのるのか?など気になりますよね。

 

 

 

では、早速こちらを使ってメイクをしていこうと思います。

まずはハイライトから。

この白くなっている部分に、ハイライトをのせます。

 

最初に画像で白くなっている部分にAを、その後に鼻筋、目の下にBを重ねました。

Bはパールツヤがしっかりでるので、このように部分的使いでもOKだと思います。

 

パフで塗ったのですが、ハイライトはパフを使うと的確な場所に、そして適量をのせることができるなと感じました。
ブラシだと少し物足りない、指だと沢山つきすぎてしまう、その中間といった色乗りの印象です。

 

 

次に、ノーズシャドウをのせます。Dのカラーは指塗り推奨とのことで、指にとって眉頭下に薄くのせました。

 

 

そしてチーク。Cのカラーをパフにとり、頬骨の上にふわっとのせました。

 

 

 

このカラーは綺麗なツヤが出ます。パフでも塗りやすく、色も綺麗にのりました。

 

 

 

また、同じカラをアイシャドウとしても使います。

下瞼全体にものせておきます。

 

 

最後にアイシャドウ。Eのカラーをパフの突起部分にとってアイホールに重ねていきます。

私は、アイシャドウはパフを無理に使わなくてもいいのかもしれないなと思いました。

 

 

 

目のキワにそって入れるのであれば、パフの先端にアイシャドウをとって綺麗にのせることができます。

しかし、このカラー1色で上瞼を完成させたいとなると、何往復もしなくてはいけないのでちょっと塗りにくいなと感じました。

 

今回はパフで塗り、更に目のキワに重ね、その後に境界線を指でぼかしました。

 

 

これで、こちらをパレットのカラーは全て使いました。

 

では、塗る前、塗った後を比較してみましょう。

 

 

 

左が塗る前です。

真ん中が、パレットを全て使った後の状態です。

 

 

ハイライトとチークで出ているツヤがよくわかりますね。

その効果もあってか、おなじ表情でも頬が上がって見えます。

 

また、目元も今回は1カラーずつ上下にさらっと塗ったのみでしたが、少し奥行き感がでました。
これは、ノーズシャドウの効果もあると思います。

一見、比較してもノーズシャドウ部分ははっきりとした違いはありませんが、全体でみた時にはこのような違いがでます。

 

 

 

公式HPには、顔の中心を白くすることでフェイスラインが引き締まって見えるとありました。
確かに、光が中心に集まることで心なしか、私の丸い顔もきゅっと見えるような…。気がします。

 

右の写真は、アイラインを引いてマスカラをした状態です。
これで、リップを塗ればメイクは完成です。

 

ベースと眉毛を仕上げておけば、アイラインとマスカラ以外はパレット1つで済ますことができました。

 

 

 

色々な化粧品を出して、塗り。また出して、塗り。というのは時間がないと少し面倒な作業になってしまいますよね。

そんな時に、パレットを出してパフでぱぱっととり、のせていくだけというのは時短メイクにもぴったりだと思います。

 

 

私が使った印象としては、このパレットを使う時には以下のことに気をつけるとより綺麗に仕上がると思います。

・Bのハイライトカラーはパールツヤがでるので、部分的にのせるのがオススメ。また、毛穴の凸凹が目立つ部分にのせると悪目立ちするので自分の肌と相談して使うといいと思います。

・このチークカラーはとても綺麗なツヤを出すことができます。また、アイシャドウとしても使えるので、とても便利です。メイク直しにも1つあると全てに対応できるので良さそうです。

・パフは全体的には使いやすい印象でしたが、上瞼のアイシャドウは無理にパフ塗りしなくてもいいと思います。慣れもあると思いますが、パフ塗りするのであれば、指塗りでもアイシャドウはいいかなと思います。

 

 

 

顔にメリハリがでるのに、時短メイクにもぴったり、お直しアイテムとしても便利だと思います。

発売されたばかりのアイテムです。ぜひチェックしてみてください。

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

次回開催をお待ち下さい

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ