透明美肌のために行うべきことを細分化してみる

  • URLをコピーしました!
Beauty Brush Lesson

2022/7/23 or7/24 夏の美白美肌を極めよう!

ウェビナー、BeautyBox、美容フィードバック

自分史上最高の綺麗を実現する夏に

 

毎週水曜日に更新のBeautyコンテンツ

 

本格的に乾燥が厳しい季節になってきましたね。

肌トラブルも多い季節なので、できるだけ安定した健やかな肌状態を維持できるようなケアをしていきたいところです。

 

そしてもちろん、綺麗な肌を目指していきたいですよね。

綺麗な肌になりたいと思った時、漠然となにをすればいいかを考えると少し道を間違えてしまうことも多々あります。

行うべきことを細分化し、またそこから細分化して…と考えていくことで、自分の目指す肌に現在の自分のケアで足りないこと、見直すべきことがあるかどうかもはっきり明確化しやすくなります。

 

例えば、透明感のある綺麗な肌を目指すのでれば、まずは乾燥、くすみ、むくみ対策をするのがおすすめです。その上で、それぞれ何をすればいいのかを更に深く考えてみましょう。

 

 

 

 


肌のコンディションを整えるのが難しい、冬。

 

肌状態がよく、健やかなだけで大きな悩みが1つ減り、日々の生活もより充実します。

しかし、肌状態のどこかに不安があったり悩みがあると、ふとした瞬間に気になってしまったり、物事に対しての意欲が低下してしまうことも少なくありません。

 

 

できるだけ肌のコンディションを整えるようなケアを行いたいですよね。

 

 

では、理想な肌を思い浮かべ、「透明感のある綺麗な肌を目指したい…」となった時、どんなケアを行いますか?

どんなケアをしようか考えると、色々とすべきことが思い浮かぶでしょう。

 

 

 

透明感のある綺麗な肌には、「乾燥」、「くすみ」、「むくみ」を意識したケアを取り入れてみましょう。

それも、冬時期に合ったケアで取り入れるのもポイントです。

 

 

 

contents

乾燥対策

透明感がある肌は、肌表面のモイスチュアバランスが整い潤い感のある状態です。そのため光の反射量も増えるので、より透明感のある肌に見えます。

 

その逆で、肌が乾燥するとトラブルの原因になるだけでなく、どんよりくすんだように見えたり、肌のキメが粗く見えたり、シワなどがより目立ってしまうことにも繋がります。

 

 

よって、透明感のある綺麗な肌を目指す際には第一に乾燥対策が大切です。

 

 

 

乾燥対策というと”高保湿”アイテムを使ってケアをするというイメージがあるでしょう。
もちろん、OK。しかし、それ以外もしっかりと行うことでよりそのアイテムの保湿力に期待することができます。

 

外的要因(外側からのケア)

・普段生活している室内の湿度は60~70%を保つようにする
・クレンジングや洗顔で皮脂や保湿成分を過度に洗い流さないように注意する
・拭き取り系アイテムなどエタノールが高配合されているものを日々使用すると揮発の際に肌表面の水分も蒸発して乾燥を招く可能性があるので注意する
・保湿系アイテムは手のひらで軽く人肌程度に温めてから、顔を覆うようにしてやさしく塗布する
・アイテムは保湿成分配合のものや、肌表面のモイスチュアバランス(水分、NMF、脂質)を意識したものを活用する

 

 

内的要因(内側からのケア)

・代謝を上げることで、巡りのいい体つくりをし、肌の生まれ変わりに必要な栄養をしっかり運べるようにする
・水分不足になると肌の潤いをキープすることが難しくなるので、内側からも水の摂取を意識する

 

 

このように、単に高保湿アイテムを塗るだけでなく他にもできる乾燥対策は様々あります。

自分の生活スタイルに合わせて、乾燥しにくい肌作りを行なっていきましょう。

 

 

 

くすみ

透明感とは逆の意味のくすみ。冬は乾燥によって肌がどんよりくすんでみえます。

また、乾燥対策としてクレンジングや洗顔をあまり行わなかったり、肌代謝が悪く肌の生まれ変わりサイクルが乱れると古いい角質が溜まって肌表面がくすんで見えます。

 

 

肌がくすんで見えると、美白系アイテムを取り入れたくなりますよね。もちろん、上手に活用できるのであれば問題はないのですが、根本的な原因として乾燥が解決できなければいい変化は期待しにくいでしょう。先にあげた乾燥対策はくすみ払拭にはとても重要です。

くすみを払拭したいという時にはまず、乾燥対策から取り組んでみましょう。

 

 

そして、古い角質が溜まってしまった肌表面の汚れをきちんと落とすことも大切です。

 

過度な洗浄力があるものでなければ、クレンジングと洗顔で毎日その日の汚れを落とすことを意識しましょう。

 

PARTIE
「肌を綺麗にしたい」場合の、究極のクレンジングの条件とは | PARTIE 普段、どのような基準でクレンジングを選んでいますか? ・素早く落ちる ・洗い上がりがつっぱらない ・香りが好みのものを選ぶ ・ベトベトしない ・扱いが簡単 ・コストパ...

 

 

 

それでも肌表面のごわつき感が気になる時には、酵素やクレイ入り洗顔料でケアを週に1度取り入れるなどしてもよいでしょう。

肌の表面が乾燥しない程度に、自分の肌状態、メイクと合わせて洗浄アイテム選びを行いましょう。

 

 

 

むくみ

透明感のある綺麗な肌は、しっかり潤っていてハリもある肌状態をイメージされるでしょう。

 

冬は水分摂取量が減ることで少ない水分を蓄えようとなったり、塩分の多い食事や、運動不足、冷えなどによってむくみやすい状態になっています。

体だけでなく、顔がむくむと輪郭はぼやけてみえ、どことなくだらしがない、そしてハリをあまり感じない状態になってしまいます。

単に潤った肌状態を目指すだけでなく、むくみ対策も一緒に行うことでより透明感のある綺麗な肌へと近くことができます。

 

 

水分摂取や食事に気をつけることはもちろん、意識をして体を動かすようにしましょう。

駅では階段を使う、少し時間がある時には歩くようにしたり、湯船に浸かって汗を流すのもよいでしょう。

また、外出時は手足やお腹、腰など冷えないよう、衣類に気をつけたり、ホッカイロでお腹や腰を温めるようにしましょう。

 

 

 

 

 

乾燥、くすみ、むくみ対策は、綺麗な肌には大切なケアです。

 

また、肌状態が安定している肌は、肌悩みに対するアプローチもしやすくなります。

ポイントで気になる肌悩みがある時にも、肌全体の調子を整えることをまずはおすすめします。

 

 

 

寒い冬は、イベント毎が多かったり楽しい季節でもあります。

 

そんな冬を思う存分楽しめるよう肌の悩みはできるだけ無くしていけるよう、毎日のケアを考えてみましょう。

 

 

[btn class=”simple”]PARTIEオンラインストア[/btn]

 

Beauty Brush Lesson

2022/7/24 夏の美白美肌を極めよう!

ウェビナー、BeautyBox、美容フィードバック

自分史上最高の綺麗を実現する夏に

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share if you like!!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
contents
閉じる