スキンケアで肌は変わるのか?まずは使い方から変えてみよう!

 

スキンケアイプシーに陥ってはいませんか?

 

評判がいいものや、複数の雑誌に重複載っているアイテム、少しお高めのアイテム。

きっといいだろうという要因がどこかしらにあるアイテムを使ってみては「う〜ん、いいけど他にもいいものがあるかも」「いまいちかもなぁ、こっちの方がいいかもしれない」となってはいませんか?

 

 

もちろん、今使っているものよりも自分に合ったものを探す行為は悪いことではありません。
しかし、度がすぎてしまうとスキンケアジプシーに陥り、何がいいのか悪いのかの区別もつかなくなってきます。

 

そんな時はまずはアイテムを変える前にできることをしてみましょう。

スキンケアは、アイテム選びが重要。しかし、使い方によってもアイテムを活かせているかが大きく変わるのです。
そして、スキンケアジプシーは意識次第で抜け出すことができるんです。

 

 

基礎化粧品の使い方

基礎化粧品は、肌を健やかに綺麗に保つ為に使うアイテムです。

メイク落とし(クレンジング)
洗顔料
化粧水
美容液
乳液、クリーム

これらのアイテムを日々ケアをしているかと思います。

 

 

スキンケアジプシーに陥ってしまっている時は、本来の自分の肌状態の見極めができていない上、商品特徴もわからず色々と使い迷ってしまっている状態です。

そこで、このスキンケアジプシーから抜け出す為にもまずは正しいスキンケア方法を実践しましょう。
そうすることで、現在の自分の肌状態を理解するきっかけにもなりますし、アイテム選びもそこから自ずとわかるようになってきます。

 

 

 

今回は、化粧水や、乳液、クリームの塗り方について、もっと今以上に製品を活かせる方法を知りましょう。

 

化粧水や乳液、クリームをなんとなくぱぱっと塗ってはいませんか?
塗り方は、使用方法の中でもとても重要なポイントとなる箇所です。

 

スキンケアでは、何か肌にいいものを与えるというイメージが大きいですが同時にダメージも与えている可能性があります。

ダメージを与えれば、それだけその修復に時間がかかります。また、同じ箇所にダメージが加わることで蓄積して肌悩みとしてあらわれることもあります。

そのダメージ、スキンケアの方法でかけてしまう原因となっているのは摩擦やさわりすぎといったことです。

 

 

摩擦は、いうまでもなく肌を必要以上にこすることです。
肌表面の細胞が傷付くことで、ターンオーバーが早まり未熟な細胞が表面に存在することになると、ちょっとしたことでも刺激となって肌トラブルを引き起こす敏感な状態になってしまいます。
また、同じ箇所に摩擦を与えることで色素沈着を引き起こすこともありますね。

 

 

 

化粧水を塗る時は、まず手のひらに適量をとります。

 

そして、手のひらにひろげます。この手のひらで顔をふわっと覆うようにして化粧水をつけていきましょう。
この時決して、擦らないように注意します。

何度か顔から手のひらをはなして、ハンドプレスで化粧水を押し込むように優しくつけていきます。

キワの部分には、手のひらのサイドの部分や指の腹を使い丁寧におしこみます。

 

 

 

乳液の場合も同じです。適量を手に取った後に手のひらにのばし、その手で顔を覆うようにして軽く押し込み馴染ませます。

 

 

 

ただし、テクスチャーによってはこれば難しい場合もあります。

 

硬めのクリームや、どろっとしたものは、適量を顔に5点に分けておいてやさしく伸ばし広げるようにして塗ります。
この時も、指の腹を意識して使うようにしましょう。

 

そして、塗る回数。
何度も肌をペタペタ触るのは、それもダメージになります。

化粧水の場合は、顔全体にしっかり塗る為にムラにならないよう2、3回は重ね付けした方がいいと思いますがこれ以上は多すぎです。

これ以上つけなければ保湿感が得られないようであれば、もっと保湿力の高い化粧水を使うようにしましょう。

 

 

 

 

難しいテクニックはありません。
手のひらや指の腹を使って丁寧に押し込み馴染ませるということだけです。
心の中で、「ゆっくり、丁寧に」と意識すれば自然とできるようになります。

 

 

私自身、肌荒れやなんだかいまいち透明感のない肌で悩んでいる時は、とにかくいいと言われているものを塗ればいいんだという考えでした。
しかし、塗り方や製品の選び方を変えるだけで、肌がいい状態へと変わることを実感しました。

 

 

今回の塗り方も当時意識して変えました。
最初は忘れるので、スキンケアBOXにメモを貼り付けていたりも。
また、顔をふく時はティッシュで水分を吸収させるだけにしたり。
枕カバーは頻繁に洗う、特に肌荒れ時には枕カバーの上にタオルケットを更にかぶせたり。
朝の洗顔料は意識してアイテム選びはしていませんでしたが、夜に使うスキンケアアイテムによって変えたり。

 

 

もともと、何事も楽しく感じるタイプではあるのですがそれでも、肌悩みがどんどん減り肌に自信が持てると、勉強も仕事もより意欲が湧いてきてより充実した時間を過ごせるようにもなりました。
悩み要素が減ると、その分今にも集中できるからかな。
何かに悩んでいると、もやもやっとして今に集中できずに楽しめませんよね。

 

 

それが原点にあり、製品作りもしています。
なんとなく良さそうだとか、キャッチコピー重視で製品作りはしていません。

 

 

PARTIEの新スキンケアアイテムの処方も決まり、あとは製造をするのみ。
TOKUN同様、健康的で綺麗な肌を目指したい方に最適な製品になったなと思います。

 

ちょこっとご紹介すると、化粧水はとにかく保湿をメインに。といっても保湿へのアプローチ方法は実はいくつかあるのでそれを組み入れたものです。
エッセンスは、乳液、クリーム代わりにもOKなくらいの保湿力があり、その上肌の生まれ変わりサイクルを整えるようなアイテム。

保湿、肌の生まれ変わりに着目しているので、この点に肌悩みなどがある方にオススメできるアイテムです。

 

 

 

今日の夜から、スキンケア時は“意識をして”行ってみてください。

そして、自分の肌状態や悩み、どうなりたいのかを明確にしましょう。
そこから、製品選びにもつなげていきましょうね。

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ