秋のカシスブラウンメイクをプチプラで!

 

普段メイクはブラウンをメインに使っているけれど、休みの日は季節感を取り入れたメイクをしたなというとき。
そんな時はプチプラ価格で使うことができるアイシャドウを使って季節感を取り入れるのもいいですね。

 

秋というと、深みのあるカラーを使いたくなりますが、そんなときにぴったりなアイシャドウを使ったメイクをご紹介します。

 

ぼかしができれば綺麗に仕上がる!

 

今回使うアイシャドウはこちらです。

 

セザンヌ エアリータッチシャドウ 04

 

ドラッグストアでもよく置いてあるセザンヌのアイシャドウ。
エアリータッチシャドウの04のカラーが自然にカラーを取り入れたい時にオススメのカラーです。

 

 

カシスブラウンという名前の通り、左下のカラーは深みのあるカシスカラー。
しかし、その他のカラーは普段使いしやすい肌馴染みがいいカラーです。また、少しパールが入っているのでかさついた印象にも仕上がりにくいので使いやすいパレットです。

 

 

では、こちらを使ったメイクを早速ご紹介したいと思います。

まずは、動画をご覧ください。

 

 

 

 

これからの時期にぴったりなカラーメイクです。

 

 

では、キャプチャーを用いて解説します。

 

 

 

右上のニュアンスピンクカラーを瞼全体にのせます。
発色はいい方ですが、薄付きなのでアイホール全体にのせても腫れぼったくなるような心配がありません。

 

 

 

 

次に、左下のカラーをまずは目尻にのせます。
このカラーは、動画で見てわかるとおりとても発色がいいので少しずつのせていくのがいいですね。
そして、黒目上から目尻あたりにのせたら、ブラシをくるっと回転させます。

 

 

ブラシの何もついていない部分を使って、境界線をぼかしていきます。
このぼかしが上手くできると、とてもナチュラルに仕上がります。
なので、最初から全体にのせるのではなく、狭い範囲にのせて広くぼかしていくようにするのがオススメです。

 

 

 

締め色は、目尻のみにちょこっとのせました。
全体にのせていもいいのですが、今回はカラーをメインに使いたいので締め色は控えめに。
しかし、目幅は広くみせたいので締め色は使います。

 

 

 

左上のカラーを、眉下あたりにのせ、いままでのアイシャドウと馴染ませるようにします。
これで、上瞼は完成です。

 

 

次は下瞼です。

 

 

 

左上のカラーを目頭と、目頭から黒目下あたりまでのせます。
上品なキラキラ加減なので、目立たず馴染みます。

 

 

 

 

左下のカラーをほんとうに少しだけとります。
ブラシをぽんっと1回おいてブラシにつく程度でOK。
そして、目の中央から目尻にふわっとのせます。

これでアイシャドウは完成です。

 

 

 

アイライナーとマスカラもプチプラアイテムです。

アイライナーは、こちらを使いました。

 

LB ジェルアイライナー ロイヤルブラウン

 

 

 

ラインをかきます。

 

 

マスカラはこちら。

 

アヴァンセ ハリウッドマスカラ ロングカール

 

動画では省略しましたが、リサージのマスカラ下地を塗ってホットビューラーで上げてあります。

 

 

ご質問で、「まつ毛を上げてからマスカラ下地を塗ると下がってしまう」と最近いただきました。
私も、あげてから下地を塗ると自分の理想の上がり具合はキープできないことが多いです。
なので、下地→ホットビューラーの順番で使っています。

 

 

 

マスカラを上下にさらっと塗って完成です。

 

 

 

今回は、アイシャドウのぼかしの部分が1番のポイントです。
「狭い範囲にのせる→ブラシの何もついていない部分でぼかし広げる」と、発色のいいカラーでも取り入れやすいのでぜひ試して見てくださいね。

 

 

ぐっと気温も下がり季節の変わり目。
体調には気をつけて、秋を楽しみましょう!

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ