秋はお疲れ肌に優しく!9月に気をつけたいスキンケアとは

9月に入り、肌悩みを感じる瞬間がでてくることがあるかもしれません。

この季節は夏に受けたダメージが肌表面にでてくる時期です。

ちょっとした不調だからと放置してしまうと、それが大きな肌トラブルに繋がったり冬にかけて敏感な肌になってしまうことも。

 

今回は、秋に入るこの時期のお疲れ肌の原因と、気をつけたいスキンケアを確認しましょう。

 

 

9月のお疲れ肌の原因と気をつけたいスキンケア

 

夏は汗や皮脂がでやすい季節。

肌の乾燥に気がつきにくい季節でしたが、実は紫外線の影響や過度な洗顔などで肌表面は乾燥してしまっていることもあります。

また、それらの刺激で肌表面の角質細胞も並びが不規則になっていたりキメが乱れていることもあります。

 

そのような肌状態だと
・肌感触が悪くごわついている
・健康的な肌ツヤが失われている
・くすんで顔色が悪く見えり
・何を塗っても肌が敏感に反応する
・乾燥がひどくかゆみがでる
・皮脂が過剰にでていつでもべたついている
などのお疲れ肌を実感するでしょう。

 

お疲れ肌状態は、最初はちょっとした不調なのですがそのまま放置してしまうと、ニキビやシミ、シワ、たるみなどの肌トラブルを引き起こすことになります。

 

そこで、この時期の肌状態に合わせたケアをチェックしてみましょう。

 

・ごわついている、毛穴詰まりが気になる

古い角質が溜まっているようなごわごわした状態や、毛穴の中に目で見てもわかるような汚れ詰まりが気になる時は、クレンジングと洗顔に着目しましょう。
ただし、夏のお疲れ肌は敏感な状態なのでしっかり落としたり、こすったりするものは適していません。

 

クレイパックやはちみつ洗顔などで、しっとりした洗い上がりで汚れをスッキリできるようなアイテムを使うのもケアとして取り入れたいですね。

メイク汚れなどをためてしまわないよう、クレンジングではメイクにしっかり馴染むようなアイテムを使いましょう。

 

 

・乾燥がひどい、皮脂がひどい

乾燥や皮脂悩みがある場合は、基本的なモイスチュアバランスを整えるようなスキンケアに切り替えましょう。

肌悩みへのアプローチケアは、乾燥や皮脂悩みが落ち着いた後に行いましょう。

また、外側からのアプローチだけでなく内側からも対策をするのがこの時期はとくにオススメです。

 

 

朝起きた時に1杯の白湯を飲むだけでも、体内の老廃物排出が促されます。

 

栄養をしっかり肌まで送り、ターンオーバーサイクルでしっかり機能する細胞を作るためにもなりますよ。
そして、1日を通して水分を適宜摂取するようにしましょう。

 

 

・何を塗っても肌が敏感に反応する

お疲れ肌が進んでしまうと、ちょっと何か塗っただけでもかゆくなったり、ヒリヒリしたりと感じてしまいます。

このような時には、いくつも塗ってスキンケアをするのではなく、水分、油分、保湿成分が配合されているようなオールインワンや乳

液、ジェルなどを塗ってシンプルケアに徹しましょう。
それでも敏感に反応してしまう時は、ワセリンやオイルをさらっと塗って表面を保護をして安静にしましょう。

 

9月は、夏時期の刺激が肌に現れてくる季節です。

肌悩みになる前のお疲れ肌でケアをして、ゆらぎの少ない美肌をキープしましょう。

 

Beautyコンテンツはこちらから

 

【SELF BEAUTY RECOMMEND】

>>セルフビューティー講座

セルフヘアアレンジ講座 2/2<残2席>

美肌コース講座 3/3・4/7<残4席>

魅力度300%UP講座 2/16<残9席>

>>PARTIE

常岡珠希がブランドディレクターとして監修しているスキンケアメイクブランドです!

肌に負担を与えずにケア、メイク!

>>Beautybrush cosme

常岡珠希がプロデュースに関わらせていただいたコメ発酵エキス配合の基礎化粧品!

>>たまきのセルフ美容通信

セルフ美容情報の他、最近の仕事についてや趣味など、ブログやSNSではお伝えできないアレコレを毎週月曜日19時に配信致!

>>My favorite items

愛用コスメ、スキンケアまとめ